タグ:X-Pro1 ( 119 ) タグの人気記事

At the coast
FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




9月でも、日の暮れかけた知多半島。

湿り気のある潮風がまとわりつく季節。

きれいな夕焼けと裏腹に色の記憶が不鮮明だ。

人の写真を撮るたびに思うこと、

「遠いな...」

サラッと撮れば距離感など気にしなくても良いものだが。

いい写真てなんだろうな? いつも自問自答しているけど、

撮ってるときはそんな事考えもしないものだ。

小さなクリップオンストロボの遅いチャージのリズムに少しイライラしながら

シャッターを切っていた。

X-Pro1を手にして半年くらいたった頃の写真。

それまで使っていた一眼レフよりも

「少し近づいたのかも?」・・・と思える写真を撮っていた。

たぶんだけど、写真が少しわかった気がしていた。



  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-30 18:28 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Parent and child

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




撮影で訪れる旅先でネコに出会うと嬉しい。

もちろん、家にもネコが居るわけだけど、見かけた子を呼んでしまう(笑)

人懐っこい子も、警戒する子も。

昔住んでた京都の住居の近所は飼われているネコも地域猫も入り乱れて

どれがどうなのか判別もできなかったが、生まれつき警戒心の強い子も愛想のいい子もいる。

環境が性格を形成するっていう人もいるけど、そうだろうか?

環境も性格に影響をあたえるだろうが、性格は遺伝だと思える。

2012年、福岡/志賀島にて。

このネコたちはどうしているんだろうね。




ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-20 09:09 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

A Woman

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)
model : KT




昨日ちょっとしたきっかけで、

FUIJIFILM X-Pro1 で撮影した自分の撮った写真を見返していた。

今でももちろん持ってる X-Pro1 ですが、

手にした当時のAFの遅さはあまり気にならず、

そこから出てくる"写真"の質に驚愕した記憶がある。

スタジオでのストロボ撮影にも素晴らしい画質で応えてくれたし、

度重なるファームアップによって、AFもそこそこ速度が上がりましたし、

AFの速いレンズも登場して、より使いやすくなった。

FUJIFILM X シリーズの中で、レンズ交換式の初代機である。

昨年、Pro2、T2と最新のX機が登場した今でも、X-Pro1というカメラは、

私の中ではもっともエポックメイキングなカメラであることに変わりはない。

たまに防湿庫(自作w)から取り出して、XF 35mm F1.4R を装着して、

電源を入れた時の音は、頼りないのは変わらないけど、

「これでいい。」

・・・と思わせてくれる結果を出してきたのだ。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-16 11:42 | Portrait | Trackback | Comments(2)

Geometric pattern of Kyoto

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)





京都/【雅び】ものの趣を解し、けだかく、動作なども優美なこと。風雅。

奈良/【里び】田舎びていること。田舎じみていること。

---

奈良に住み、長く京都で仕事をしていた私の印象。

どちらが良いとか悪いとかではなく、

ほんの100年ほど前まで都であり、未だに街のど真ん中に御所を抱えている街と

1000年以上前に都ではなくなった街との対比を興味深いと感じている。

無くなりつつ在るとは言え、京都の街なかの様式美はそこかしこに見つけられる。

既に天皇の統治する時代ではなく、貴族文化も存在しない現代は庶民文化隆盛であり、

京都が里びに変化していく事はなく、雅びも形骸化していくだろうし、

奈良の里びさも感じなくなっていくだろう。

そのうち、どの街へ行っても同じような景色になっていくのだろうか。。。







 
[PR]
by HarQ | 2016-10-06 00:39 | Japan | Trackback | Comments(2)

c0198227_17080586.jpg

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
中一光学 ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




マニュアルフォーカスのレンズを使うと気付かされることがある。

普段AFに慣れているという事が如何にフォーカスポイントの制限を受けているかということだ。

フォーカスポイントの制限は、一見、構図に影響がないように思える。

フォーカスを合わせてからずらせばいいと考えるし、実際そうしてる人が多いと思う。

実はこのやり方だと、マニュアルフォーカスに比べて手順が一つ多い。

この手順は普段気にしないけど、マニュアルフォーカスで撮影するとその手順が無駄なことに思える。

それと、気になるのは、ファインダー上のフォーカスポイント自体である。

AFを使うなら必須なのは自明のことですが、構図して撮影する上で実は邪魔なものである。

なかなかに興味深い。

撮影のために存在する機能が、実は撮影を邪魔する存在になる。

人は常に矛盾と付き合いながら生きてゆくのである(笑)








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-08-21 17:25 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

c0198227_20561957.jpg
c0198227_20562144.jpg
c0198227_20562273.jpg
c0198227_20562627.jpg
c0198227_20562974.jpg
c0198227_20563024.jpg
c0198227_20563257.jpg
c0198227_20563548.jpg

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)










Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-08-12 20:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_21212013.jpg
c0198227_2121186.jpg

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




今日は、FUJIFILM X-T2 体験会 in OSAKA に行って来ました。

Blog時代(笑)からの友人の写真家の小川俊哉氏にも会えたし、なかなか有意義な日でした。

明日もやってますので、お時間のある方は是非に♪

ちなみに、残念ながら私の写真の展示はありません(笑)







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-08-06 21:33 | Camera & Lens | Trackback | Comments(2)

c0198227_0381334.jpg

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




・・・・・近所のワンコである。

ポピーさんの気分次第でロングルート散歩になると、ポピーさんのご友人のお宅訪問になるのだ。

遊んで欲しいらしい。

しかし、ポピーさんは散歩中であるという自慢をして、あっさりとココを離れるのだ。

ただでさえ友人の少ないポピーさんなのに、こまったものである。


X-Pro1 と XF 18mm F2R の組み合わせは、私のスナップスタイルだ。

OVF使っても、だいたいピント位置は合ってるし、そこそこAFも速いし、結構寄れる。

初期発売の組み合わせだけど、私にとっては XF35mm F1.4Rよりも、

こっちが X-Pro1 にフィットしている。

もし、中古で X-Pro1を格安にゲット出来たなら、XF18mm を検討して欲しい。

決して高速ではないけど、スナップ写真を撮るのが楽しくなるはずで、

この組み合わせを持ち出すために、近所を放浪するのもアリだろう。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-22 00:46 | Diary | Trackback | Comments(0)

Sunset daily scenery
FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/12  (製品サイト)





奈良は田舎だが、平地を流れる川は綺麗じゃないが、

それでも、夕陽に景色を構図すると綺麗に見えるから不思議だ。



Carl Zeiss Touit 2.8/12 というレンズは、本当に良いレンズだ。

超広角として文句のつけようのない描写をする。

これに文句あるんなら、もう自分で作れって言うしかないけど、やめたほうが良い。

単焦点の開放値 F2.8 は暗いという人もいるだろうけど、

レンズをF値だけで語るのは馬鹿馬鹿しいことだ。

開放からどシャープな描写をする。

自然風景も、都会のビル街も、上手く使えばポートレイトも、

すべて高い作品性を持つ写真に出来る。

そんな魔法を使えるレンズかもしれない。

発売して久しくなってきてるので地味な存在ですが、

初めての超広角としておすすめです。

手に入れたら、近所の少し空の広い場所を探して夕景を撮ってみましょう。

有名な場所じゃなくても特別な自分だけの一枚が撮れるでしょう。


ちなみに、XF 16mm F1.4R とは性格上バッティングしません(笑)
 






Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-21 16:05 | Landscape | Trackback | Comments(0)

言いたくはないが...

Relaxed Hana 3.5.2016

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




暑い。。。

口に出すともっと暑くなりそうだが、

今朝は夜が明ける前に目覚めたけど、

その時から暑かったぞ。

我が家のアニマル軍団は朝っぱらから、グダグダしている。

私もこうありたいものだ。。。

ちなみに、X-Pro1 には、XF18mm が絶対に合う!!!

と信じている。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-02 14:17 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。