晩秋の西大寺(奈良)/ 中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II

Late autumn indication of Saidaiji-temple (Nara, Japan)

Late autumn indication of Saidaiji-temple (Nara, Japan)

Late autumn indication of Saidaiji-temple (Nara, Japan)


FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II というレンズを使う時、

実はこれしか持って行かない。

レンズの描写を楽しむレンズだと思っていて、

今どきのレンズにはない楽しみ方ができると思っている。

MFだし、実用性という面で見れば「F0.95という凄い明るさ」だけだが、

身近なシーンでも作品的に描写できる性格を持っている。

F0.95などという明るさは、

従来なら非常に高額なレンズでしか得られなかった性能。

なんとなく、昔のライカレンズを思わせる描写をするところも楽しい。

開放時のピントの薄さは、EVFですら"あれ?"と思う時があるほど(笑)

でも、光学一眼レフでは困難なピント精度もミラーレスなら無問題。

確かに、開放から隅々までシャープな描写とはいかないけど、

写真って楽しいよね!と初心に帰らせてくれるレンズの一つだ。

 





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-09 13:29 | Japan

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。