タグ:XF90mmF2RLMWR ( 64 ) タグの人気記事

Flavor of Japanese umbrella ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




春らしく、

晴れやかに。

美しく、

華やかに。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-07 17:47 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Under the wisteria trellis ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




ポートレイトレンズとして、

FUJINON XF 56mm F1.2 R と FUJINON XF 90mm F2 R WR

のどっちが良いか?

という話は実は結構困る(笑)

撮影距離を考えれば、56mm の方が使いやすいが、

ちょっと離れて、浮き上がるような描写をさせるなら 90mm は特別だし、

俗に言う味を魅せてくるのは56mm で、90mmは素直な描写をする扱いやすさを持つ。

どこかのCMではないけど、「どっちも!」って言うのが最も簡単だ(笑)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-29 17:20 | Portrait | Trackback | Comments(0)

c0198227_21383890.jpg


c0198227_21383523.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




過日にもアップした唐古遺跡の桜景。

毎年撮る桜に向かう途中に立ち寄ったのもあり、

車から持ち出してるレンズは FUJINON XF 90mm F2 R WR のみ(笑)

レンズ交換するのが面倒なので付けてたレンズのそのままだ。

このレンズ、

描写キャラが結構 FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR と被る(笑)

もちろん、ボケは違うし、ズームもしないけど、被る(笑)

なので、両方を持って出る事は割と少ないかもしれない。

しかし、使い分けで悩むと言うこともないのだ。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-19 21:45 | Japan | Trackback | Comments(2)

Cherryblossom

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




奈良の唐古遺跡のある溜池の堰堤には桜が植えてある。

家から又兵衛桜や桜井にある桜を撮りに行くときにはかならずその横を走るのだ。

遺跡の出土品に描かれた建築物の絵そのままを再現した特徴的な建物がその目印。

ここは近所の方々が桜を愛でる為に集まる場所。

撮影するカメラマンで混みあう事も無いし、のんびりと桜を観る事ができる。

カメラを反転させて、池への映り込みだけをそのまま描写してみる。

もちろん普通に撮って反転させてもいいけど、あえてカメラを反転させる。

撮る時に観えてくるものが違う様な気がするのだ。

桜パステルの春。

今年は遅くやってきて、あわただしく去っていく様です。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-12 21:35 | Japan | Trackback | Comments(0)

In winter bamboo grove ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




ポートレイト撮影で XF 56mm F1.2R の有用性は誰もが知るところ。

そして、FUJINON XF 90mm F2 R WR を手にすると、

その FUJINON XF 56mm F1.2 R がより生きてくるのだ。

90mmで、より客観的な視点で撮影することになるので、

56mmの活かしどころも明確になる。

  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-31 22:09 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Bamboo forest ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)





モデル任せにただ綺麗に撮るだけじゃダメ。

自分の世界観に強引に押し込めてもダメ。

ましてや画像処理のエフェクトに頼ったらもっとダメ。

モデルが活きてこそのポートレイトであり、

「写真家」の撮る写真だと常に考えている。

 

   



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-16 14:11 | Portrait | Trackback | Comments(0)

粋 / FUJINON XF 90mm F2 R WR

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




ポートレイトを撮るんだけど、

別に仕事で撮ってるわけじゃないし、

デカくて重いレンズは嫌だ。

・・・って方に最高の描写を提供してくれるのが、

FUJINON XF 90mm F2 R WR

手振れ補正は付いていないが、Xなら遠慮なく感度を上げてしまうのが得策。

ISO:1600 でも余裕で作品レベルの大伸ばしにも対応できる。

AFも高速で正確にテンポよく撮影できるし、

ボケ味も解像力もXFレンズの中でも際立つ。

もちろん自然系の撮影にも向いていて、意外なほど寄れる。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-11 01:28 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




写真には、

その撮影者の美意識が出る。

もちろん、

画質云々だとか、色が綺麗だとか、

そんな単純で浅い世界の話ではない。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-21 16:43 | Portrait | Trackback | Comments(2)

Autumn Colors
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




気が付けば、もうすぐ今年も終わる勢い。

12月に入れば、年末のバタバタが始まる。

いつも秋の色は気が付けばやってきていて、

結構長い期間色づいてるのに、

枯れになったころに撮りに出かけることが増えた(笑)

風邪の後の咳が続いて、さながらEMSで腹筋を鍛えているかのようである。

運動しなくても鍛えられます!! 

・・・なんて、ある意味どMな装置で、低周波治療器となにが違うのか(笑)

3年ぶりに逢った人に、痩せましたね!なんて言われたけど、

そういえば、ジーンズがずり落ちることが増えてたから、ベルト切ったな。

---

自然を撮るというのは、綺麗なところを狙って撮るというのもあるんだろうけど、

色づく紅葉のそばには、かならず既に枯れていく葉がある。

それを切り捨てるのはわかりやすい旧態然とした写真の考え方の様な気がする。

時の移り変わりも含めて撮った方が写真が写真であると私は考えるので、

私の撮るような写真は間違いなく"コンテスト"では外される(笑)

フォトコンで入賞したければ、私のような写真を撮らないことだと断言できる。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-17 12:56 | Japan | Trackback | Comments(0)

近所の紅葉 / FUJIFILM X-T2

Autumn leaves in the neighborhood

Autumn leaves in the neighborhood

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




アウトバックの点検の帰り、

近所の公園で楓が紅葉していたので撮ってみる。

XF 90mm F2R で開放だ。

こういう環境では望遠系の撮影が楽だが、

50-140mm F2.8 とかの方が向いていると思う。

単焦点はちょうどいい距離に被写体があればいいけど、

いつもそういうわけにもいかないのだ。

被写体がモデルとかだと、こちらの立ち位置をコントロール可能なことも多いけど、

紅葉した葉っぱに対する自分の位置のコントロールは地上での位置に限られるし(笑)

近づいたら背景と光の位置も変わる。

自然や風景撮影において、ズームレンズが主流となったのは、

その機材運用効率の高さから当然と言える。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-16 00:38 | Nature | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。