タグ:XF60mmF2.4R Macro ( 8 ) タグの人気記事

朧葉

c0198227_18431540.jpg

FUJIFILM X-E1  -> FUJIFILM
FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



気分的に、広角な日ではなかったと言える。

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2014-03-15 18:45 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

気がついたら・・・

c0198227_14572666.jpg

FUJIFILM X-T1  -> FUJIFILM
FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



なんと!寒い日が続いてたのでぼんやりしてた。

気がついたら樹によっては梅が終わりかけ(笑)

久しぶりに XF 60mm を使う。

このマクロは実に美しくボケていくのだ。

そう!レンズ頼りな梅撮影です。

フィルムシミュレーションを ASTIA にセット。

なーーーーんも考えずに、開放撮影(笑)

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2014-03-09 15:00 | Japan | Trackback | Comments(2)

Monochromeは楽しい。

c0198227_16555153.jpg

FUJIFILM X-E1  -> FUJIFILM
FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM

model / HARUKA



色の良い FUJIFILM Xシリーズを使っていて、こんな事を言うのもなんだが、

写真の極みはやっぱりモノクロだと思う。

そういう視点で FUJIFILM Xシリーズを見ると、その階調の良さが生きてくる。

さすがにモノクロとなると撮って出しJPEGで満足する結果を得ることは難しいが、

R,Ye、Gのカラーフィルタを使えることはモノクロを重要視していると思っている。

フィルムに比べると軟調な結果の多い撮って出しのJPEGではあるけど、

中間のコントラストの調整が可能になれば、

レタッチの必要性がなくなっていきそうな勢いではある。

ちなみに、自分はストロボもレフも使わない撮影がほとんどで自然光を使うが、

現像で持ちあげるからストロボもレフも使わないのとは意味が違う。

写真は、「光ありき」である。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2014-03-03 17:07 | Monochrome | Trackback | Comments(4)

常用感度 ISO 3200

c0198227_222426100.jpg

FUJIFILM X-M1  -> FUJIFILM
FUJINON XF60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM
Adobe Lightroom 5.3により現像



FUJIFILM X シリーズの買いなところは、高感度での画質の良さって事も上げることが出来る。

ある意味で言えば、発色の良さよりも重要かもしれないポイントです。

高感度画質=フルサイズ という定説とも言える風評(あえて風評と言う)を覆してます。

これは、画像エンジン出力のJPEGだけの話ではなく、RAWデータにおいても言える事です。

素子そのもののから出力されるノイズが少なく、ディテールが保持されているという点がいい。

この写真では、ISO3200で撮影、RAWデータを現像していますが、

あえて特別なノイズリダクションをかけず、LRのデフォルト値での出力です。

もちろん、ノイズが無いわけではないですが、まったく気にならないレベルです。

Xシリーズを使うまで、どんなカメラでもISOオートという機能を使いませんでしたが、

Xシリーズでは積極的に設定して使っています。

もちろん、三脚使用時はISO200を固定で使うことがほとんどですが(笑)

しかし、単焦点を使うことが多いXシリーズが故に、

ボディ内手ぶれ補正が入れば完璧なんですが、過度な期待でしょうか(笑)

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2014-02-06 22:32 | Camera & Lens | Trackback | Comments(2)

2014.1.3 ポピーさん

c0198227_17212379.jpg

FUJIFILM X-E2  -> FUJIFILM
FUJINON XF60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



もう13歳となり、老齢ですけれども、ポピーは元気です(笑)

散歩の時にリードを引きまくるパワーも際限なく食べられる食欲も無くなりましたけど、

相変わらず遊び好きです。

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2014-01-03 17:25 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_22424546.jpg

FUJIFILM X-E1  -> FUJIFILM
FUJINON XF60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



樹というのは、人よりも大地のことを知ってる。

人は知っているつもりなだけである。

そのことに気づいていないのが人というものである。

樹が知らないと思い込んでいる人ほど愚かな存在はない。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2013-11-18 22:47 | Photograph | Trackback | Comments(2)

c0198227_04036100.jpg

FUJIFILM X-E1
FUJINON XF60mm F2.4 R Macro



写真は人間が表現しようとしたもの以上のものは表現できない。

そして、

この媒体がもつ可能性を最大限に生かしきれた人間はいまだかつていない。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2013-11-08 00:48 | Nature | Trackback | Comments(2)

Monochrome

c0198227_22294459.jpg
c0198227_22595235.jpg

FUJIFILM X-E1
FUJINON XF60mm F2.4 R Macro



色がないだけで現実感がなくなる。

だから、勘違いしそうになる。

どうしようもない写真もモノクロームだとなんとなくそれっぽく見える。

そういう写真が氾濫してるような気がする。

カラーとモノクロームでは根本的に撮影時点で露出が異なる。

覆い焼き、焼き込み、そういった処理も普通に行われるものでもある。

おかしなことにデジタルになって、そういったレタッチを否定する方々もおられる。

摩訶不思議である。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2013-11-04 23:59 | Photograph | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。