不満 / FUJINON XF 23mm F2 R WR

HANA 20170425
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




外に冒険に出る機会を常に狙っているハナなので、

ポピーさんの世話をする時についでに外に出してるんですが、

あまりにも自由にウロウロしてしまうので(呼んだら帰ってきますけど)、

リードを付けて椅子に座らせてみたところ、実に不満そうな表情を(笑)

ホント面白いわ~、うちの連中(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-26 09:37 | Diary | Trackback | Comments(0)

HANA & KINA 20170425

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




朝早く表に出てポピーの世話をしていると、

玄関のところにキナとハナが来る。

こつらは何かとイベントが好きなようである。

「何してんの?」ってなもんだろう。

最近は、油断してると外に出て庭を探検し始める。

というのも、

ポピーさんの具合が悪い為、玄関を開けっぱなしで世話をすることが多い為だ。

外の危険性とかまったく知らない奴らなので、カラスに襲われたらひとたまりもないだろう。

今のポピーさんは、カラスからニャンズを守る事はできない。

なので、庭の探検は誰かが一緒にいるときだけにさせるのだが、

好奇心はすべてに勝るのだろう。。。

目を離したときにコソッと脱出するのだ(汗)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-25 11:51 | Diary | Trackback | Comments(0)

Remember those who passed away

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




今は亡き君に

如何に伝えようか

如何に語ろうか

伴に喜びを分かち合うべき時に

その姿は既に無く

交わした言葉の記憶が我に残る

写した姿は我に残る

我生きる限り

君は在る


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-22 00:22 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

c0198227_00283775.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




"つくばい"の水面に映るは、

空か、

水面か、

話より、自分の目で観よ。

百聞は一見に如かず。

とはいえ、

見て観ないは世に多き事なりて、

大勢は義とは限らぬものなり。


   


ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-01-20 00:36 | Diary | Trackback | Comments(0)

Toushoudaiji-temple (Nara,Japan / 2017.1.1)

Toushoudaiji-temple (Nara,Japan / 2017.1.1)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)





唐招提寺で、お正月に無料で1000枚配られる小さなお札。

お賽銭を入れて、今年の無病息災をお願いして、これを戴く。

凄く得したような気分で境内を散策する。

写真も数枚撮る。

唐招提寺の講堂は、平城京に在った建物を移築したそうな。

屋根瓦の葺き替えも古いものも使えるものはそのまま使う。

だから、

色はまだらになる。

それがまたいい味を出してくる。

1300年前の頃に想いを馳せる。

もちろん、当時を知る由もなし(笑)

境内の砂利の音が、一歩一歩を確かなモノにしてくれる。



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-03 00:12 | Japan | Trackback | Comments(0)

Yakushiji-temple / Nara, Japan (2017.1.1)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




珍しく元旦に初詣に行った。

近くの薬師寺と唐招提寺だ。

人が多いのかなぁ~と思って出たが、

確かにいつもよりは人が多いのだが、それほどでもない印象。

それにしても、薬師寺の拝観料 ¥1,100 は高い。

普段からそうなら初めから入らないけど、普段は ¥600だから。

オンシーズンの旅行料金? 正月のカフェ?

銭勘定にすぎるんじゃないの? 薬師寺さん。

ありがたい講話も商売の匂いしかしないし(笑)

薬師寺のビジネス戦略は大したもんだと思ってたけど、

それは付加価値のあることをやってきたから。

単なる拝観料の正月値上げに付加価値はなく、セコイ印象しかない。

私が見ただけでも、入り口で踵を返した家族が数組。

門戸を狭めた仏門なんてありがたくもなんともない。

もちろん、お賽銭は出しません。拝観料払ってますから。

如何なる屁理屈な仏法を持ってきても論破できますヨ(笑)

もう、薬師寺には行きません。

単なる金集めに協力する気は一切ございません。

薬師寺みたいな商売のやり方を「足元を見て商いをする」といいます。

・遠いところから来たから仕方ない。

・お正月だから仕方ない。

わざわざ来てくれた方の"気持ち"を人質にする、下品な商売のやり方の一つです。







ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-02 00:30 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

c0198227_12310954.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)





彼らにとって違うところと言えば、

いつもより、ちょっと高い猫缶がもらえる。

なぜだから理由はわからないだろうが、

ちょっと高級な猫缶がもらえる。

明日以降、「あの美味い猫缶あるんとちゃうんか?」

・・・という期待を持たせてしまう両刃の剣でもある。

とにかく、おめでとうございます。なのだ。


ちなみに、もしあなたが X-E2のユーザなら、FUJINON XF 23mm F2 R WR はすごくいい選択肢だと思う。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-01 12:37 | Diary | Trackback | Comments(4)

長谷寺 / FUJIFILM X-T2

Hase-dera Temple (Nara, JAPAN)
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




平日

まだ紅葉まで間がある長谷寺

静かに時を刻む

喧噪もなく

X-T2のシャッター音さえ響きそうだ

前に来たときは階段を上がるのに結構疲れた気がするが

桜の季節の人の多さがそうさせたのだろうか



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-09 00:10 | Japan | Trackback | Comments(0)

at the Hase-dera Temple
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




友人の持つ X-Pro2 を見て思うことがある。

この仕上げをX-T2でもやってくれないかな・・・と。

T1の時は、Graphite Silver があったじゃないか? とおっしゃる方も居るだろう。

しかし、

個人的にブラックであの仕上げにしてほしいのである(笑)

このT系のデザインはブラックがいい。

なので、

仮にT2の Graphite Silver が出るとしてもそれほど欲しいとは思わないだろう。

単に好みの問題ですけれども(笑)



寺社に赴くと、かならず手水舎を撮るようにしている。

水の波紋がモノクロに合うからだと勝手に思っている。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-04 00:01 | Japan | Trackback | Comments(0)

Break time

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




朝起きて、顔を洗って、最初に行うのはコーヒーを淹れることだ。

髪の毛があさって向いて跳ね上がってても、それは後回しだ。

まずはコーヒー。

そこから一日が始まる。

朝早くでなければならないときは、コンビニで。。。となりそうなもんだが、

そうは問屋が卸さない。

どうしても、コンビニカフェのコーヒーが美味しく感じられない。

なので、少し早めに起きる。

でも、家じゃないときは困る。

そんときは仕方ないとあきらめる(笑)

ちなみに、

スタバのコーヒーを頂きますが、おいしいと思ったことはありません。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-03 10:55 | Diary | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。