タグ:XF16mmF1.4RWR ( 56 ) タグの人気記事

cluster belladonna
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




琵琶湖撮影ガイドツアー1が無事終了。

彼岸花の季節でもあり、広角から望遠までのメニューを楽しんで頂けたと思う。

参加した方々も満足いただけたようだ。

参加メンバーは3名でしたが、

それくらいのほうが密度濃く助言できてやりやすい。


次回、琵琶湖撮影ガイドツアー2は10月22日を予定しております。


琵琶湖での長時間露光ワークショップは10月29日または11月に予定しています。

こちらは日中長時間露光撮影における構図の考え方、

風景の抽象化について現場での説明も含みます。


  


人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-24 23:14 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Artifacts and nature ( AIRA )

model : AIRA

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




作品的写真を撮ろうとする時は、明確に広角レンズを使っている。

しかし、

いい結果が出ているかどうかは、

その時のモチベーションが最も重要である(笑)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-26 23:15 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




いつものように、アップしてる写真とは関係のないお話し(笑)


■X-T2 と X-T20 のどっちを買うべきか?
 
1)大きさが気になる方
 ミラーレス構造のカメラというだけで、私などはT2でもかなり小さいと思ってしまっていますが、T20はさらに小さくなります。普通のバッグにも入れたいとか、小さいカメラが良いと思うのであれば、T20を優先すべきでしょう。T20でもでかいよと思われるのであれば、X100FやX70というカメラもございますのでご検討を。
 
2)画質が気になる方
 T20はT2と同じ画質です。同じセンサーと同じエンジンですから(笑)
 
3)防塵防滴じゃないと?
 T2は防塵防滴(極低温対応)です。これは悪天候の中撮影したり、極地での撮影に対応しているという事ですが、現実的に私の場合を考えると、防塵防滴構造でも雨や雪であれば直接カメラやレンズに雨の当たらないように対応していますし、昔から防塵防滴構造でなくても対処して使ってきています。完全防水ではないので水没させれば意味のない防塵防滴構造なので(笑)事故対応ではないのです。自分がどんな撮影を行うかを考えて必要かどうかを判断しましょう。
 
4)AFスティックとタッチパネルが気になる方
 ファインダー命だ!という人はT2のファインダーとAFスティックの組み合わせが良いでしょう。私もファインダー命ですが、実際の撮影ではローアングルの場合、LCDを見て撮影している作品が多いです。特に超広角を使う場合にそれが多いので、タッチパネルが使えると便利だな~と思う事多し(笑)ファインダーにこだわるのは半分くらいは昔からの撮り方の遺産でしょう。
 特に女性の場合、付けまつげやメイクをされる事も多くなろうと思いますが、様子を見てるとファインダーに接眼していない方が非常に多いです。そういう方は、LCD&タッチパネルの方がずっと撮りやすいと思います。もちろん、逆光時はファインダーを使えますのでT20をお勧めします。
 
5)フラッグシップじゃないと嫌だと言う方
 T2かPro2を買ってください(笑)
 
6)最近のF2レンズと合わせたい方
 確かにレンズは防塵防滴でその面だけ考えればT2なんでしょうが、デザイン的にバランスがいいのはどう見てもT20の方です(笑)どっちも防塵防滴でそろえないとって言う人は、彼女の下着が上下で揃っていないと嫌だと言う人なのかもしれません。セットアップを許さないんだ!と言う人は、T2をお求めください。
 
7)俺は手がでかいしなぁ・・・という方
 そもそも、ミラーレスは小さいです。ご自分の手のサイズに合わせたでかいカメラをご購入ください。
 
8)カメラはやっぱりNIKONかCANONでしょうという方
 なんでこれ読んでるんですかね(笑)
 
9)フルサイズの画質が一番だしっていう方
 どうぞ古サイズの写真で悦に入ってください♪ 何も申しません(^^♪
 
10)俺はプロだ。テザー撮影するんだヨ!って方
 ケチらないでT2買う(笑)悩むところではないだろ?(笑)
  でも、サブ機としてならアリ。


 最後に
 ご自身の撮りたい写真、作品、撮影環境をよく考えた上でご選択くださいませ。
 ちなみに、私は防塵防滴でないX-Pro1で雨の日も風の日も雪の日も撮影していました(笑)
 壊れたことはないです♪



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-30 12:06 | Portrait | Trackback | Comments(1)

宝泉院 ( Housenn-in , Kyoto )

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




京都・大原に向かう。

先週の大雪がまだ残っている。。。というか、時々降ってるのだろう。

日曜日とは言え、雨の予報と寒さで客足もまばらで、ゆったりと撮影することができた。

宝泉院も意外なほど空いていて、好きに撮ることができたのだが、

勝手なことを言うと、もう少し庭の木の枝に積雪が欲しかった(笑)



明るくて、寄れる広角レンズ FUJINON XF 16mm F1.4 R WR

京都や奈良の寺院などの屋内撮影では、FUJINON XF 14mm F2.8 R とともに最も使うレンズの一つ。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-23 11:01 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

One Day Story (AIRA)

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)

model : AIRA




古い街並みにあるカフェ

黒のシックなワンピースを着た女

通りすがりだろうか

それとも

誰かと待ち合わせだろうか

珈琲が冷めない程度に

さっと席を立ち 風を揺らせるように

石畳に少し柔らかいヒールの音をさせながら

カフェから消えていった


---

FUJINON XF 16mm F1.4 R WR は、

ポートレイトを撮影する時に独特の距離感を持つことのできるレンズ。

広角がゆえに、縦に使うと構図に気を付ける必要があるけど、

広角=風景・スナップと決めつけずにポートレイトでも活用すると広がりのある撮影が可能です。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-25 02:59 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Monochrome / FUJIFILM X-T2

Fall & Winter

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




自分の好みで撮影すると、

ポートレイト系はほとんどがモノクロになってしまう(笑)

でも、コンセプト作品はカラーが多い。

どこが違うのか? 

・・・というと、コンセプト作品はポートレイトとは思ってない事があるかもしれない。

きっと、自分の中では意図的に人をいれた景色なんだろう。

同じように見えても、まったく異なる写真である。

人を写せばポートレイト。なんていう安直な分類はしないし、されたくもないのだ。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-26 01:32 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

In the sea breeze (KT)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)
FUJIFILM EF-X500  (製品サイト)




FUJIFILM から借りている EF-X500(試作機)をようやく使う機会があったので、

FP発光での日中シンクロを試してみた。

真昼間の晴天の海岸沿いでの、FP発光が欲しいしシチュエーション。

データは、
シャッタースピード : 1/4000秒
レンズ絞り値 : F4.0
露光補正量 : EV0.3

NIKONでは普通にやっていた事がやっとこさ出来るようになる。

もう、NDフィルタをつけなくてもいいんだ♪ という喜び(笑)

モデルは、現在フォトグラファーとして活動している元モデルのKTさん。

テストにご協力いただきました。

T2とX500の組み合わせは、

以前のようなフルチャージしないとシャッターが下りないという仕様は改善され

チャージの状態にかかわらずシャッターを切れるようになった。

しかし、チャージスピードは早いとは言えず(汗)

日中シンクロを使いまくるような場面では、外部電源が必須かもしれない。

内蔵できるニッケル水素4本では、オーバーヒートするほどのリズムでは撮れず、

クリップオンストロボのユーザなら、そこからもチャージ速度が想像できるだろう。

しかし、あくまで試作機で製品版では異なる可能性があるので、現時点では何とも言えない。

正直、作品撮影としてTTLを使うことはないので、

作品的にはマニュアル発光でハイスピードシンクロができればそれでいいのだが、

イベントなどで使う場合には、TTLは使える方がいいし、外部電源必須と考えた方がいい。

TTLの調光は優秀です。

このEF-X500を使った作品は、また後日に。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-11-18 00:42 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Portrait / FUJIFILM X-T2

Yumiko Matsuzaka

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)
model : Yumiko Matsuzaka




ポートレイトがコンセプトワークと異なるのは、

蓋を開けてみないとわからない。

という点にある。

作り上げる作品というより、セッションと考えればいい。

ある程度のイメージを持ってかかっても、

ことごとくダメなこともある(笑)

アドリブ能力が問われる。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-10-30 23:06 | Portrait | Trackback | Comments(2)

c0198227_23471289.jpg

c0198227_23470904.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




久々のとんこつラーメンだ。

チャーシューは大盛りだし、

麺は1.5倍盛りである。

実に美味かった。

ずっと、禁ラーメンを自分に強いてきたので、

今日のとんこつラーメンは、

”はらわた”に染み入る感に包まれたのだ。

まさに、

No 麺 No ライフ と言えよう。

ラーメンを最初に作ったのは誰だ!

紫綬褒章を授与すべきだ。

とんこつラーメンを最初に作ったのは誰だ!

ノーベル料理賞を授与すべきだ。

そんな賞が無いなら、即刻作るべきだ。

意味もない平和賞など取りやめにして。







 
[PR]
by HarQ | 2016-10-22 23:52 | Diary | Trackback | Comments(0)

In the old streets (AIRA)
model : AIRA

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




白壁のある古い町並みに、シックなポートレイトを。。。

と、Classic Chrome をセレクトした。

広角単焦点の XF 16mm F1.4 R WR も上手くハマる。

古い町並みの路地は狭い。

標準画角のレンズでは壁を背にすると、上半身しか撮れない。

16mmでもギリギリだ。

でも、妙なパースを付けたくないから、もっと広角を使うわけにはいかない。

あくまでシックなポートレイトなのだ(笑)







 
[PR]
by HarQ | 2016-10-15 01:45 | Portrait | Trackback | Comments(3)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。