タグ:XF1024mmF4ROIS ( 26 ) タグの人気記事

Dusk of the Lake Biwa in the north
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




朝から始まった琵琶湖撮影ツアー、最後は美しいダイナミックな夕景が待っていました。

ガイド役の私はガッツリ撮ることはしませんでしたが、

後ろから参加メンバーのシルエットを撮りながら、「良い日で良かった。」と思っておりました。

一日で案内できるのは、琵琶湖のほんの一部だけではありましたが、

その被写体としての一端を感じて頂けたと考えております。(自画自賛w)


  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-26 15:21 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Twilight 'Shirahige Shrine'
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




1年以上琵琶湖で純粋に風景を撮影していなかった。

ここ数年、コンセプチュアルな作品を中心に撮影してきたのも大きな理由ですが、

久しく間を開けた結果、以前とは異なる風景写真を撮れるようになったと思う。

進化なのか退化なのかはわからないけど、以前よりも自然の姿を受け入れる事ができるようになった。

現像やレタッチで演出して見せるのではなく、その時、そのままの風景を魅せる。

良い悪いの話ではなく、フォトグラファーの有り様を示すものだと考えている。



  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-08 21:45 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

c0198227_23423204.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




久々に夜撮影してました。場所はこんなところです。

久々すぎて細かいこと忘れてましたが(笑)

当たり前ですけど、デジタルはモニターで確認できるので便利。

修正しながら次のカットへ進むのです(笑)

作品はまた後日ということで。

空にマゼンダは乗せないし、水平もきっちり取りますよ(笑)

予想では荒れる予定だったんですが、天気の良いこと良いこと(汗)


  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-05 23:50 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

At the museum ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




和装だから和の景色。という固定観念はつまらない。

フォーマルな装いは近代建築にマッチしていい風を呼ぶ。

そもそも、

和とか洋に分けることが無意味なような気もする。

品格ある場所に品格ある装いかどうか。

文化文明の違いなどがそこに大きな壁を作ることはない。



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-08-16 12:37 | Architecture | Trackback | Comments(0)

Neo Japanesque ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




何のために写真を撮っているのかという事を

時々思い出さないとズレてしまう事がある。

写真を撮る、作品を撮る。

ソレ以外の事に費やすエネルギーなど持ち合わせていない。



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-10 23:20 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

subtraction ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)





XF 10-24mm F4 R OISで撮影すると楽をしてしまう。

広角~超広角域のレンズなのに手ぶれ補正が付いてて、

描写もとんでもなく良いし、

この画角で他のズームレンズなんか使いたくもなくなってしまうし、

ズームなのにコンパクトだし、

唯一の弱点?は開放F値がF4.0くらいなもんだけど、

広角でボカシたければ、

XF 16mm F1.4 R WR があるし、

補正なしで歪んでいないRAWデータがほしければ、

XF 14mm F2.8 R を使えばいいし。

そんなこんなで、超広角域のポートレイトです。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-07 23:19 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

One day the sky of Lake Biwa
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




モデルさんを撮影した後、

少し距離があるのだが(自分は近いと思ってるw)月刊カメラマン誌の2月号に掲載した景色の場所へ来た。

季節も違えば、天候も違うので同じような写真は当然撮れないわけで、

それでも、そこから別の方角を見れば面白い景色が広がる。

雲の様子は刻々と変化し、天からの光芒も変化し続ける。

風景写真とはそういうもので、生きている地球を撮ることなのだ。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-02 23:46 | Landscape | Trackback | Comments(0)

In an old city street ( Cocoro )

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)

model : 草野こころ




ポートレイトを撮りながら、

自分の中で新しい写真を模索しています。

モデルを使うという事はインスピレーションを戴くという事も含んでいます。

いろんな距離感で対峙しつつ、

初見でこの写真が撮れるというのは、

彼女が稀有なモデルであることを示しています。

最初から考えていた写真ではないのですが、

ポートレイトを撮っている中で

化学反応したようにインスピレーションを得て撮った写真です。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-07 23:00 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Those living in sand dunes ( Erika Hori / Neo Alfa Line )
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)
FUJIFILM EF-X500  (製品サイト)

model : Erika Hori (Neo Alfa Line)




マッドマックスのヒロインに出てきそうな空気を放つ彼女は、

なかなか居ないワイルドな雰囲気を出せるモデルだ。

砂丘を使った撮影でも、今までのコンセプトというよりも、明らかにポートレート。

新型クリップオンのテスト的な撮影だったけど、次はコンセプトを練った撮影で挑みたい。

自分の考える世界観とは異なる世界を撮れるかもしれない。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-26 13:54 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Those living in sand dunes ( Erika Hori / Neo Alfa Line )

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)
FUJIFILM EF-X500  (製品サイト)

model : Erika Hori ( Neo Alfa Line )




作品性が欲しくなると、どんどん広角側にレンズが変化していく(笑)

ポートレイトから作品への遷移である(勝手に言ってるだけです)


広角になるにしたがって、自分の動く量が増えていき、

砂丘なんかでそれをやると、

大して移動もしてないのに、翌日筋肉痛になっていたりする。



砂丘で撮影する時の注意事項としては、

・波打ち際ではないので砂が乾燥していて風に飛びます

・レンズ交換はできるだけ少なく(できればやらない)

・風の有無にかかわらず砂がかぶる前提とする

・防塵防滴を過信しない(特にズーム)

・使用後はまずはブロワーで細かいところに入ってる砂を飛ばしてから

・固く絞ったガーゼなどで柔らかく拭き上げる

・カメラバッグは必ずふたを閉め、風上に開け口を向けない

・ピクニックシートでいいから持って行く(物を置く場所)

・風があるときは、アンブレラやソフトボックスを使わない(まぁ、倒れますw)





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-13 01:47 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。