Scenery of Lake Biwa

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




随分と前、琵琶湖を釣り場として見ていた。

ただ、根掛かりした結果や食べるために釣ってるわけでもない等、

「釣り場を荒らしているのが釣り人自身ではないのか?」

「自然保護なんて言うけど、自分たちの遊び場として見ているだけやろ?」

という矛盾に対して、結局言い訳じみた事しか考える事ができず、

自分が納得する回答ができなかった。

そして、釣りを辞めた。

今は撮るだけだ。それで十分である。



  


人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-08 10:52 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Hasedera, NARA
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社





赤いCandy Red Lens を持って、遠き地より来た友人と共に長谷寺に向かう。

何度も通って撮影している長谷寺だ。

毎回同じような写真を撮っているようで意外に違う写真になるものだ。

「一度撮った場所をもう撮らない。」

こんなことを言うフォトグラファーもいるらしいが、それで何が撮れるのか不思議でならない。

何度も通って、観るものが撮る写真が変化していくものだし、撮る側の心持ちも異なり、季節も変わる。

この日は本堂の弘法大師像が気になって仕方なく、気がつけば何枚も撮影していた。

でも、出すのはこの一枚だけだ。

極度に明るいレンズの開放時のゴーストが光輪となり、独特の構図となった。

奈良の長谷寺は花の寺として名を馳せるが、本来は修行の寺である。

若い僧が境内を足早に行き交う景色は他の寺院にはない活気を感じる。

サラッと撮るのではなく、

そこに在る歴史や精神的な何かも写すことができれば、

写真の向こう側にあるモノを垣間見ることも出来るかもしれない。

おそらく。





人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-06 17:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

c0198227_10371968.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社




小さい頃は自宅の周りは田んぼばかりで、小学校までの通学路はほぼ田園風景だった。

畦道や農家造りの家々には柿の木が植わっていて、それは全部が渋柿で、

冬には干し柿が家々の軒先に吊るされていたものだ。

時代とともに田んぼは宅地になり、古い農家も新しく建て変わり、干し柿を作るおばあさんもいなくなり、

そして、柿の木は減っていった。

干し柿は作ったり貰ったりするものではなくなり、口にすることも滅多になくなった。

子供の頃は嫌というほど干し柿は家にあり、あまり好きではなかったけど、今は懐かしい味。

作るのには細心の注意をはらい、干してる状態でカビてしまえば間引いていく。

美味しい干し柿は手が掛かるのだということを祖母に教えてもらった記憶が蘇る。






人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-05 10:47 | Diary | Trackback | Comments(0)

Hopeful heart
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社




以前、

願掛けされた絵馬は書いた内容が見えるようにかけられていた。

今は、裏返してかけてある。

個人情報保護の観点からこうしてるんだろうけど、

絵馬に住所氏名を書いてるのを子供の頃から不思議に思っていた。

「意味があるんだろうか?」

神は住所知らなくても良いんではないだろうか?

神は名前知らなくても良いんではないだろうか?

神やんね?(汗)

と子供心に思っていた。

しかし、ふと思い立った。

サンタクロースシステムを採用しているのかもしれない。

神業務代行業者に発注されている可能性だ。

でも、ここまで考えて止めた。

この時点で"ありがたみ"もなにも無くなってしまったからだ。

私が代行業者であった場合、

「合格祈願」なんて依頼をされても「頑張れよ」と心の中で思うだけだし、

「不老長寿」なんて依頼をされても「妖怪違うしね人間だしね」と呟いて終わるし、

「世界征服」なんて依頼をされても「わぉ!」って言うだけ。


「願」というのは、自分への意思表示である。

・・・・という事ですわな?(笑)




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-03 11:38 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

Landscape from "FUJIFILM Service Center Osaka"

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




富士フイルムサービスセンター大阪の窓から待ち時間に撮影。

あえての開放F値。

ホントにこのレンズはよく写る。

歪まないし、確実に良い描写で応えてくれるレンズですね。

ちょっと大きいけど(笑)

撮影時の天候条件が厳しい事の多いコンセプチュアルな作品撮影や風景撮影では一番の稼働率を誇ります。

今回のドック入りは初で、絞り環の接触不良。

来週には戻ってくるでしょう。

ところで、FPS(FUJIFILM Professional Service)の会員証を初めて提示しました🎵



  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-02 11:19 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Crescent moon and a photographer

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




夕陽を見ると哀愁に包まれるものだ。

陽が落ちてから、

空と湖の明るさの反転する頃。

夕陽のオレンジ色が空の青さと混ざる頃。

ほんの短い時間を一番気に入っている。

太陽の熱を失ってしまい、風に刺すような冷たさを感じて秋を知る。


  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-01 00:02 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Bohemian

model : AIRA

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社




機材からインスパイアすることは中々無いんですが、

この KIPON IBELUX 0.85/40mm MK2 というレンズの特徴を利用して、

自分としては新しいラインの作品を作っていけそうな気がしてます。



人気ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-09-29 10:25 | Portrait | Trackback | Comments(0)

KIPON IBELUX 0.85/40mm MK2 実写


新しいレンズ KIPON IBELUX 0.85/40mm MK2 が最も得意とするジャンルのポートレイト撮影を行ってみました。

・気になるF0.85のピント合わせ
 
 被写体までの距離がだいたい5m未満ならEVF拡大で丁寧にピントを合わせれば大丈夫でした。しかし被写体への距離が5mを越えてしまうあたりからEVFで拡大してもなんとなくピントはわかる程度で、ジャストに合わせるのは少々慣れが必要となりそうです(笑)

・ポートレイトレンズとしての描写

 中央付近はF0.85とは思えない解像をしてきますが、さすがに周辺にいくに従って解像力は落ちていきます。F2.8以下で撮影する場合、周辺での合焦を行っても収差により解像感はそれほど高くありません。F5.6で周辺まで、F8で全域解像となりますが、今どきのレンズの様にカリカリに描写はしません。ボケ味は柔らかく、うるさくなりそうな背景でも滑らかにボケてくれますので被写体を浮き上がらせるような撮影には向いているのと、高輝度部分にはハレーションによる光滲みが出たり収差を残した味のある描写はこのレンズでしか得られないモノとなります。周辺減光はかなり強めに出てきますのでそれを利用するのが吉ですが、不要なら現像で補正する必要があります。
 特筆すべきは階調表現に優れている点。美しいモノクロポートレイトを撮るならかなりの強力なアイテムとなります。


Bohemian

Bohemian

Bohemian

Bohemian


Bohemian
モデル: AIRA


・結論

 独特な描写をするためポートレイト撮影でとても有効なレンズです。開放付近ではマニュアルフォーカスを合わせるのに慣れが必要ですが、撮っているうちにわかってくるので大した問題ではないと考えます。得られる結果が魅力的であるため、ポートレイト撮影には今後も持っていくと思います。ちなみに解像しすぎない性格であるため肌レタッチが少なくなるか、しなくても良くなるメリットも(笑)丁寧に撮れば確実に応えてくれるレンズ。そんな印象を持ちました。
 

Guardian of the bathroom


使用機材:
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)

KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2

新東京物産株式会社




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-28 12:29 | Portrait | Trackback | Comments(0)

cluster amaryllis
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm




奈良で彼岸花と言えば畦道の光景である。

それはセットで風景を魅せる。

カメラマン誌での連載で掲載した明日香の棚田の風景もそうだ。

稲を収穫する前に彼岸花が咲く。

黄金色の差し色に彼岸花の紅が映えるのだ。

子供の頃から、田んぼに彼岸花は付いてるものだったし、どこでも一緒だと思っていたが、

どうもそうではないらしい。。。




新東京物産株式会社



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-27 22:38 | Japan | Trackback | Comments(0)

Dusk of the Lake Biwa in the north
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




朝から始まった琵琶湖撮影ツアー、最後は美しいダイナミックな夕景が待っていました。

ガイド役の私はガッツリ撮ることはしませんでしたが、

後ろから参加メンバーのシルエットを撮りながら、「良い日で良かった。」と思っておりました。

一日で案内できるのは、琵琶湖のほんの一部だけではありましたが、

その被写体としての一端を感じて頂けたと考えております。(自画自賛w)


  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-26 15:21 | Landscape | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。