Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




「力強く、優雅に生きる」

それが表現できていれば、作品として成功。

  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-26 18:32 | Photograph | Trackback | Comments(0)

In the old town


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




この Handevision IBERIT というレンズの特徴を上げると、

・ピントが合わせやすい(山が明確)
・コンパクト
・格好いい
・金属製でがっしりしている
・解像力はそこそこ
・逆光に弱い
・トーンは綺麗に出る
・フィルムで撮ったような描写
・開放では柔らかくF5.6で最も解像する

といった感じか。

マウントは、Mマウント、Eマウント、Xマウントが出ていて、ミラーレス(Mマウントもミラーレスだなww)対応。

コンパクトさは素晴らしくて、小さなレンズポーチに入れて、メッセンジャーバッグなどに数本放り込んでも大してかさばらない。

マニュアルフォーカスのレンズを使うと、必然的に丁寧に撮ることになるので結構お勧めだったりします。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-25 01:18 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




滋賀県近江八幡にある八幡堀は、

時代劇のロケでも使われる昔ながらの景色を残した地域だ。

和装のポートレイトを撮るならまず外せないロケ場所でもある。

休日でも堀に降りる人はそれほど多くはなく、

人がいても少し待てば撮影に支障はない。

ポートレイトに限らず、石垣や古い作りの家屋を撮るだけでも面白い。

モデルのこころさんは、この場所のロケ撮という事で、

「細雪」のこいさんのイメージの和装コーデで登場です。

大人の日本女性の可愛さをサラッと表現して魅せてくれました。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-23 23:02 | Portrait | Trackback | Comments(0)

古寺巡恋 ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




Xシリーズで最初に発売されたこのレンズは、

今でも当然の様に単焦点の定番。

ボケを多用するのももちろん良いんですが、

少し絞った描写が非常に良い。

見事に解像しつつ、むやみにエッジが立たない。

これ重要。

良いレンズかどうかは、トーンの出方もありますけど、

エッジの表現で判ります。

現像時に調整するスライダーを右端に寄せてる人には

わかんない話ですけどね(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-20 21:29 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




何もない景色がどうしても好きで、

そこに優雅なモデルさん達を連れて行く。

これだけを言うとなんか悪い奴みたいになってしまうが(汗)


撮りたい世界観があって、それに合うモデルを使う。

コンセプトはその景色とモデルの組み合わせでしか成り立たない世界観。

結果、作品となる。



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-18 23:30 | Photograph | Trackback | Comments(2)

Plum blossom

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBELUX 40mm f/0.85




梅花のイメージは、瓦のある景色が似合うと思っている。

桜以外の木花をほとんど撮らないんですが、

梅は身近に多く、特に人の家に庭に多いのだ(笑)

なので、撮らせてもらうことが多くなる。

端っこに咲いている塀の瓦屋根のそこにある景色。

思いっきり明るいレンズなのに寄れないレンズで最短距離でフォーカスする。

なんで開放で撮ったんだろう?(笑)

F2くらいでいいはずなのに、F0.85という特徴を意識しすぎだ。

極薄になるピントはEVF拡大でも難しいし、

フォーカスピーキングなんて雑な表示を使ったらそれこそピントがわからない(笑)

お勧めは拡大&スタンダード表示。繊細なピント面を確認する唯一の方法です。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-17 18:24 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Bamboo forest ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)





モデル任せにただ綺麗に撮るだけじゃダメ。

自分の世界観に強引に押し込めてもダメ。

ましてや画像処理のエフェクトに頼ったらもっとダメ。

モデルが活きてこそのポートレイトであり、

「写真家」の撮る写真だと常に考えている。

 

   



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-16 14:11 | Portrait | Trackback | Comments(0)

monochrome

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 75mm f/2.4




ドイツで設計し、上海で製造される Handevision IBERITシリーズの75mm F2.4レンズ。

名前からして summarit を意識してるのがわかるし、ラインナップもそう。

135サイズのイメージサークルをサポートしているが、私はFUJIFILM Xを使うので、

APS-Cでの使用となる。

広角系は不足することになるけど、気にしない性格なのでこういうものだと思って使う。

焦点距離は、24mm 35mm 50mm 75mm 90mm の5本が発売されてるけど、

50mm 75mm 以外は Xマウントは国内に入ってきていない?かもしれない。

ピントはマニュアルですが、山は掴みやすい。

ピントのヘリコイドはそこそこの重さで回転角は少ない方なので素早く作業できる。

開放値がF2.4という事もあり、薄い被写界深度を微妙に合わせるという事はなく、

ボケ味は自然で、使いやすいレンズ。

ポートレイトをリズムよく撮影するとき以外はマニュアルフォーカスは苦にならないので、

コンパクトでフルマニュアルなレンズはミラーレスで使いやすい。

(光学ファインダーのデジタル一眼で確実に合わせる自信はない(笑))

マニュアルレンズはだいたい全群繰り出しなので、最近接も無限遠も画質の変化が少ないのが良い。

APS-Cで使用すると画角の関係上最短撮影距離が相対的に短くなるのも好みです。

レンズの外観は、ライカレンズ風(笑)格好いいです。

色は、グロスシルバー、グロスブラック、フロストブラックがあるようですが、

好みで言えば、艶消しのフロストブラック>艶ありグロスブラック>艶ありグロスシルバーの順です。

正直、シルバーはちょいと派手にギラギラしてます(笑)

作りはシッカリしてて、絞り環のヘリコイドの操作はしやすく、

レンズ先頭にあってクリック感があり、動画向きのレンズではない。

描写は、開放でも極度に甘くなるという事も無く、絞りは被写界深度に集中できます。

F5.6でかなりシャープに描写します。

しかし、逆光状態でのフレアはそれなりに入りますので、撮影時のコントロールは必要。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-12 00:45 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

粋 / FUJINON XF 90mm F2 R WR

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




ポートレイトを撮るんだけど、

別に仕事で撮ってるわけじゃないし、

デカくて重いレンズは嫌だ。

・・・って方に最高の描写を提供してくれるのが、

FUJINON XF 90mm F2 R WR

手振れ補正は付いていないが、Xなら遠慮なく感度を上げてしまうのが得策。

ISO:1600 でも余裕で作品レベルの大伸ばしにも対応できる。

AFも高速で正確にテンポよく撮影できるし、

ボケ味も解像力もXFレンズの中でも際立つ。

もちろん自然系の撮影にも向いていて、意外なほど寄れる。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-11 01:28 | Portrait | Trackback | Comments(0)

c0198227_23341868.jpg

c0198227_23135306.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 75mm f/2.4




3月2日~8日の写真展「introduction」は無事クローズとなりました。

ご来場いただいた皆様、

応援してくださった皆様、

ありがとうございました。


---

それにしても、

住宅地の中に在る公園というのはなぜかシュールな場所だ。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-09 23:19 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer