Japanese maple leaves of autumn
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2(リンク先はMK1) 新東京物産株式会社





どんなレンズも長所もあれば短所もある。

もちろん、価格もそこに含まれるが(笑)

レンズを使いこなすというのはそのレンズの長所を活かすことにある。

一般的に短所と言われることも時代により変化する。

人によっては短所も長所に変わり得る。

画質がいいってなんだろう?

メーカーブランドで決まるものだろうか?

確かにレンズ製造のノウハウはあるだろう。高いレンズには高いレンズなりの理由があるだろう。

でも、それがすべて画質に向いたコストかどうかは別の話だ。


昔、殆どの写真を廉価な高倍率ズームで撮影していた時期がある。

実に効率的だったし、レンズ交換とは無縁だったしシャッターチャンスに強かった。

画質が最もいい絞りはF8。開放なんかぼんやりしていた(笑)

その頃に覚えたことは、ブラさない撮影とレンズの描写に頼らない写真だ。

今は、レンズの特性を利用することも多い。

ボケが暴れるなら、暴れるボケを使えばいい。

四隅が流れるなら、四隅が重要な写真に使わなければいいし、

逆に四隅を流して効果的に使えばいい。

確実な描写を求めるときは、純正レンズを使えばいい。

機材を選ぶというのはそういうことだと思う。


  







人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-24 10:45 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Scenery with persimmon

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社




時々、原点回帰をする。

写真も武と同じだ。

他が如何にあろうと、己は己なのだと肝に銘ずる。

強さを求めるのは初心者の段階でしかない。

内観せぬものに到達はない。

評価は自分の写真の向く先ではない。

孤であれ、高くあれ。









人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-20 22:43 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Early autumn sign

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
7artisans 50mm F1.1




車で15分位のところにあるイオンに食材を買いに出た。

・・・混んでる・・・。

あ、今日は20日だ。5%OFFの日だ。どおりで混むはずだ。

おまけに雨降り。ただでさえ奈良の道路は混んでるのに更に混む。

クロネコヤマトにもホームセンターにも寄らなきゃならんのに...。

狭い奈良市内の道も、離合する軽自動車はバスほどの幅がないと通れないらしい。

2時間もあれば出来る用事が、4時間もかかってしまった(汗)


  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-20 14:48 | Diary | Trackback | Comments(0)

after the rain
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2(リンク先はMK1) 新東京物産株式会社




山あいにある正暦寺に着いたのは日が差し込む時間より少し前。

紅葉の季節だけ混雑するこの山寺もまだ紅葉しきってはいなかっけど、

明け方まで降り続いた雨はすっかり止んでいた。


  







人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-19 21:02 | Nature | Trackback | Comments(0)

Persimmon, sparrow and cedar dead tree

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社





雨の柳生の地は、昼間も歩く人も見かけることは少ない。

雀はこの柿の木がお気に入りなのか、近づくと飛んで逃げるがすぐに戻ってくる。

いつもは見かけないから、きっと雨降りだからこの柿に止まるのだろう。

冷たい秋雨は十兵衛杉を幻想的に見せ、周りの音も消してしまう。

そして、遠い記憶がここにある。









人気ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-11-18 23:27 | Japan | Trackback | Comments(0)

ミラーレス向けレンズ。KIPON Iberitシリーズの50mmである。
FUJIFILM X シリーズで使用すると、ライカ判の画角換算で約75mmであり、画角的には若干狭くなる中望遠の範疇となる。人によっては「これくらいが標準域です。」という声を聞くこともある。

c0198227_14520903.jpg

c0198227_14520788.jpg


■デザインはどう?
 
 Iberitシリーズ全体のデザインイメージを踏襲していて金属製のコンパクトさがいい。
 ライカレンズ的なデザインなので、かなり格好よく、表面の質感は高く、今回手にしている「つや消しの黒」なのだが、
 なかなか上品に仕上がっている。プラスチックではこうはいかない。

c0198227_14521137.jpg


■ピントは合わせやすいか?

 マニュアルフォーカスレンズとしてかなり合わせやすい方である。そして、Iberit 35mmよりも望遠側となるためより合わせやすい。
 ピントの山は明確である。

c0198227_14564394.jpg
model : Cocoro Kusano


c0198227_14571926.jpg

 

■描写の傾向は?

 描写傾向は35mmと同じで、絞り開放は若干柔らかめ~絞るに従ってシャープに変化していくが、かっちり写る印象です。当然ながら35mmよりもF2.4という開放値でボケ量は多くなるが、特別癖のある描写はせず、素直に写るレンズと言える。

c0198227_14571452.jpg

c0198227_14571738.jpg

c0198227_14572385.jpg

c0198227_14574760.jpg

c0198227_14580699.jpg


HANA & KINA 2017.10.24

Lake shore moment (Mari Shimizu)




c0198227_14584765.jpg
model : Cocoro Kusano


c0198227_14583519.jpg



■まとめると?

Iberitシリーズのレンズはコンパクトで高い質感を備えたボディと素直な描写が魅力である。特にスナップ中心に使うユーザならいい選択だと思う。FUJIFILM Xシリーズと組み合わせたときにカメラを撮りたくなるレンズの候補としても推薦できる(笑)

協力:新東京物産株式会社




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-16 15:01 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Persimmon's view (Nara, Japan)
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社





柿の実のなる季節になれば、様々な背景で柿の木を撮る。

農村地域にいけば、まだ柿の木があるし、盛大に実をつけている。

柿の木は人が植えるものだから、瓦屋根の農家を背景にしたりして、人の営みも写真に入れたくなる。

秋の冷たい雨も柿の木に似合うのだ。

食べ飽きた柿の実も、昨夜食べたが子供の頃と同じ味がした。

こんな景色も今どきはノスタルジックに新しいモノとして見る人も多いらしい。



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-16 09:56 | Japan | Trackback | Comments(0)

Persimmon tree
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社




今年は、以前のように柿景を探してテクテクと歩くのです。

柿の樹が好きなのは、実をつけて、葉を落とした姿。

まっすぐに伸びない柿の枝はさながら盆栽の名品の様な姿を魅せてくれます。

背景を考え、これしかない!という構図でそれぞれの柿の樹を撮っていきます。

去年撮ったあの樹はどこだっけ? と探してると切られていたり。

一期一会って言葉は最近安っぽく使われることが多いんですが、実感します。

「来年も実をつけてくださいな。雨の日、来るからな。」

さ、次の柿を探そう。。。




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-10 23:50 | Landscape | Trackback | Comments(0)

柿景 / KIPON IBERIT 2.4/90mm

Persimmon tree
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社




柿の季節である。

小雨が降れば、もう撮るしか無いというものである。

今年は、あえて純正レンズを外して、サードパーティの単焦点レンズ(KIPON IBERIT 2.4/90mm)を選択。

防塵防滴ではないのでレンズにタオルをかけての撮影となる。

それでも、コンパクトなレンズは非常に扱いやすく、ピント調節も苦にならない。

奈良市の山間部も秋の気配がそこかしこに始まっている。







人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-08 15:48 | Landscape | Trackback | Comments(0)

monotone maple leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2(リンク先はMK1) 新東京物産株式会社




「なんで写真を撮るようになったか?」

間違いなく言えることは、「イイネが欲しいからではない。」

そんなもんが無かった時から撮ってるし、皆にウケる写真を撮りたいとも思わない。

自分が撮りたいものを撮る。シンプルにそれだけでしかない。



  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-04 22:45 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。