Laundry basket

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II






日曜日のお昼前の出かける時、洗濯カゴの中のネコだったハナ。

6時間強の後帰宅すると、全く同じ状態だった。

ピクリとも動かなかったのか?

それとも、

何度も出入りしていたのだろうか?

聞いてみても、

「にゃぁ~」というばかりで埒が明かない。

謎のまま、ご飯を要求するのであった。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-20 15:54 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_17563717.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)




今日は写真家・相原正明さんと昼メシを食いながら近況のご報告などをさせていただきました。

相原さんの直近撮影の写真も見せて頂き、モチベーションアゲアゲで帰宅(笑)

いつもパワーを戴いております。

ちなみに、相原さんが私にレンズを向けるとなぜかAFが動作しないという不可思議な現象がありましたが、

私、バンパイアなのか? あ、それは鏡に映らないか。。。



  




ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-28 18:02 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Maple Leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/90mm




日本は四季の国。

元来、生活のそこかしこに四季が存在するし、

様々なデザインにも四季が反映されている。

そういう事を当たり前だと思ってると、

海外に在住の友人から、これが当たり前じゃないことを間接的に教えられる事がある。

自然体である。というのは、自らが自然な状態であると同時に、

五感を研ぎすませて様々な自然を感じ取る状態である意味もある。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-26 17:12 | Nature | Trackback | Comments(0)

hydrangea
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/90mm




我が家の小さな庭にも紫陽花は植わっている。

昔は盛大に咲いていたものだが、

ポピーが庭で自由になってからは衰退の一途を辿り、

今では一株残っているだけとなった。

苔に至っては、さながら西大台のブナ林かと思えるほどの見事な深い苔だったのだが、今はもうどこにもない。

現在では、植木と庭石と石灯籠で障害物のあるミニドッグランみたいなものだ(汗)

ここまで破壊するなら、雑草食べてくれないかな~w





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-21 09:32 | Plant | Trackback | Comments(0)

Maple Leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/90mm




FUJIFILM X シリーズをメインの機種にしてから、

機材を選ぶ上で要素として「大きさ」がかなり重要となっている。

被写体にも依るけど、AFかMFかはミラーレスシステムでは大きな問題でも無くなり、

光学一眼レフにつきまとっていたフォーカスの潜在的精度の低さも解消される。

光学一眼レフと比較してのAFの速さやAF動体追従性について論議されることも多々あるのは承知してるけど、

そういった被写体は私の場合99%撮影することはないし、

仮に撮影するにしてもほぼ現在のXのAFシステムで十分に追従できる被写体しか範囲にない。

聞くところによると、高度な動体追従性能を問う被写体は全被写体の1%程度にも満たないと言う(出所不明です)。

その1%の為に数十万円を出費する事は私にはありえない話なので、その部分は無視してカメラとレンズの性能を見ている。

私は写真製造工場になりたいわけではない。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-16 22:54 | Nature | Trackback | Comments(0)

KINA 2017.6.15
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/35mm





隙きを見つけては外へ出ていこうとするハナとは違って、キナは割と慎重である。

玄関が空いていて、ハナが外で転がっていても、じっと見ていることが多く、

出てくるまでには結構な時間を要する。

少しの物音ですぐに家の中に逃げ込む。

一方、ハナは世の中に自分を傷つける者は居ないと信じているようだ。

ポピーはともかく、

カラスに関しては猫の天敵でもあるので用心しなければならないんだが(汗)


カラス撃退できるのかな?コレ↓



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-16 00:41 | Diary | Trackback | Comments(0)

Relaxing Hana
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/90mm




夜の室内で、マニュアルフォーカスな90mmで猫を撮る。

・・・・・狭い(汗)し、動くなよ、ハナ(笑)

そうしたらカワイイのは良くわかったから動くなよ(汗)

倒れた招き猫みたいになってるで。



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-14 16:07 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_00335422.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




人間、歳を重ねるに従って記憶が蘇ることが多くなる様に思う。

まだ梅雨入りもしてないのだけれど、

松ぼっくりを見て、小学校の夏休みのことを思い出していた。

強い日差しとうるさい蝉のなき声。

日差しの強さが、日陰を黒くして、外にいる時はその日陰を探していた。

夏休みは、はじまった途端にすべてを忘れ、遊びに没頭した。

自転車に乗り、行ったことのない近所の野山へ毎日遠征していたのだ。

新しいカブトやクワガタの捕れるエリアを見つけたら、自分だけの秘密の場所だ。

体中ヤブ蚊に刺されて、ノコギリクワガタを探した。

(カブトやミヤマクワガタはついでに探すw)

毎日が冒険だった。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-07 00:48 | Diary | Trackback | Comments(0)

Deer of The Nara Park
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 24mm f/2.4
Adobe Lightroom オリジナル モノクロ プリセット適用




フレームの下側には、

鹿の糞が山なりで存在していた。

写さなければ、写真の上では存在しない。

写真がすべてを示すとは限らない単純な例である。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-06 10:06 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Deer of NARA
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4

a tree
HandeVision IBERIT 24mm f/2.4(Xマウント国内未発売)




6月3日にFacebookの友人限定で募集した「奈良鹿撮影会」を行った。

被写体の凝縮された地域である奈良という場所ではあるけど、

土曜日は流石に人が多く、

できるだけ人の少ない場所をコースとして歩いたのは良いが、

結果、4時間休み無しとなってしまった。

ゆっくり歩いたとは言え自分のペースで回ってしまった点に反省(汗)

あと、もっと笑いを取り入れるべきだったな~と(汗)

当然、ガイド役であるので私は基本的に撮影をやりませんが、

参加メンバー皆さんが撮影集中してる間に数枚撮影させていただきました。

撮影した写真を見せていただくと、皆さんそれぞれにいい写真を撮られてて良かったです。

ご参加ありがとうございました♪

次回もお楽しみに(笑)ちょっと歩く量を減らします(汗)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-05 00:31 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。