Pomegranate and chestnut
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社





ザクロと栗をいただいた。

なので記念写真を撮ってみる。

BLOGに出す静物写真は基本的に同じ場所で同じようなライティングにすることが多い。

仕事でもないので、時々は自然光のみだし、時々は高演色な蛍光灯だ。

先日、X-E3が発売された。少しだけ触ったけどいいカメラだと思う。

Pro2やT2と同じ感光素子に画像エンジン。コンパクトなボディに詰め込んだ性能は計り知れない。

でも、X-E2ユーザに気を使うわけではないけど、E2はとても良く出来たカメラだ。

T1もE2もまだまだ現役で使い続けると思うのだ。


  


人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-11 10:16 | Photograph | Trackback | Comments(0)

green maple leaves
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




カエデの葉っぱをどんだけ撮ってるんや?

・・・って言われても仕方ないくらい撮ってるし、Blogに出してる(笑)

ハイキーにしてみたり、コントラスト出してみたり、併せてフィルムシミュレーションを変えてみたり。

このレンズだと、やはり開放でのボケ量を活かした撮影をするんですけど、

当然、85mm F1.2 とかの方がボケ量だけを見れば多いわけで、

じゃあ、何がメリットなのかというと、画角の違いであり、標準画角で構図するという部分。

標準画角(ライカ判の50mmあたり)は得意な人が扱えば、望遠風にも広角風にも撮り分けるし、

得意じゃない人にとっては、凡庸な写真の連発という悲劇が待っているのであった。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-25 17:37 | Nature | Trackback | Comments(2)

rose
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II





近所のスーパーに買い物に出て、

帰り道は少し遠周りをする。

白い壁に一輪赤い薔薇を見つける。

ピントを合わせ、露出補正を大きく+

---

そう言えば、カメラ雑誌の買い替え特集で X-E2の事が書いてあった。

画質は良いが、実用一点張りのカメラだと書いてあった(笑)

確かにカメラアピール?は少ないから、カメラ趣味には向かないのかも。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-24 11:45 | Snap | Trackback | Comments(0)

A lake tree
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  (製品サイト)




残念なことに、

春になり、

新芽が出て、

葉っぱが生い茂ると、

枝ぶりの美しさを撮ることが出来なくなってしまう。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-04 08:20 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

A tree

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  (製品サイト)






構図は引き算である。



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-30 17:20 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Temple scene

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




新しいレンズを手にすると何を撮るかって言えば、

近所の西大寺である(笑)

近景から遠景まで自在だし、普段とるから描写の違いもよくわかる。

描写もわからないレンズをいきなり作品に投入する様な事はない。

Handevision IBERIT というレンズは、超解像するタイプのレンズではなく、

特段明るいレンズという訳でもない。

Xマウントで、APS-Cで使ってるのでフルフレームでどう映るか

・・・という事は判らないけど、

今風のレンズ評から見れば、欠点もある。

ただ、このレンズだから撮れる写真があるなぁ。。。と思わせる部分が存在する。

同じ中国製の中一光学のレンズとは明らかに違う性格をしている。

意図したものかどうかはわからないけど、

それぞれに、今の日本製レンズが失ったモノ(捨てたモノか)を持っている。

中華レンズだから・・・というようなレベルの低い論議はバカバカしいし、

どのレンズをどう使うか?というフォトグラファーの選択が存在するだけだ。

このレンズがタコだから撮れなかったなんていうセリフは論外だと思うし、

自分のレベルの低さを自分で言ってるようなもんだと思う。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-21 09:33 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Osaka street (AIRA)

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




平日昼間にも関わらず、大阪千日前は人の波でごった返していた。

緊急で渡すモノがあり、千日前の喫茶店でモデルのAIRAさんに会う。

少し話をして、解散。

一枚だけスナップを撮った。

道歩く大勢の人の言葉はほとんど中国語。

その隙間に日本語が入る。

なんとなく、映画の1シーンの様に構図する。

喧噪の中、マニュアルフォーカスが少しゆったりして良いリズムとなる。

色は少し濃いめに。コントラストも深く。

駅まで歩いて、振り返る事も無く手を振って別れ、

家路についた。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-15 23:21 | Snap | Trackback | Comments(0)

c0198227_22153594.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




HarQ Yamaguchi 写真展 [ introduction ]

場所:
 富士フォトギャラリー大阪

日程:
 2017年3月2日(木)~3月8日(水) 会期中無休

時間:
 平日 10:00~19:00(最終日15:00まで)
 土日 10:00~18:00

ギャラリートーク:
 3月2日(木) 11:00~ 14:00~
 3月4日(土) 11:00~ 14:00~
 3月5日(日) 11:00~
 3月8日(水) 11:00~ 13:00~

---

作品では出番の少ない XF 18mm F2R ですが、E2やPro1と組み合わせてることが非常に多くて、

普段使いならベスト1レンズな気がします。

描写がイマイチだとか言う人がいますけど、ホントに??? って思うほど良い写りしてますけど、

そのイマイチって言ってる人の撮った写真とその詳細な意見を聞きたいです。

ちなみに、この写真はギャラリーの近所の写真ですが、作品とは何の関係もありません。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-01 22:20 | Snap | Trackback | Comments(0)

c0198227_12310954.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)





彼らにとって違うところと言えば、

いつもより、ちょっと高い猫缶がもらえる。

なぜだから理由はわからないだろうが、

ちょっと高級な猫缶がもらえる。

明日以降、「あの美味い猫缶あるんとちゃうんか?」

・・・という期待を持たせてしまう両刃の剣でもある。

とにかく、おめでとうございます。なのだ。


ちなみに、もしあなたが X-E2のユーザなら、FUJINON XF 23mm F2 R WR はすごくいい選択肢だと思う。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-01 12:37 | Diary | Trackback | Comments(4)

Binary tree

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJIFILM XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS  (製品サイト)




写真作品のアート性を高めるには、写真を抽象化させる必要がある。

逆に、"写真"というものの価値は具体的記録の中に生まれる。

如何なる写真であっても、

100年後に価値あるものというのは、

今のところ記録的意味合いがほとんどかもしれない。

しかし、

巨匠と言われる写真家の残している写真たちは、

その両方を備えているのだ。

アートもどきの自己満足に終わるかどうか。

それは自身の在り様に依る。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-20 18:53 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。