タグ:FUJIFILM ( 65 ) タグの人気記事

c0198227_10554406.jpg





富士フォトギャラリー 銀座 <スペース2>

8月4日(金)~ 8月10日(木)

HarQ Yamaguchi photo exhibition 「Introduction」

ギャラリートーク:
 
 8/4 18:00-
 8/5 14:00-
 8/6 14:00-

 
富士フォトギャラリー銀座

3月に大阪で行った写真展を銀座で行います。

皆様お誘い合わせの上ご来場くださいませ。いや、お誘い合わせでなくてもいいですけど(笑)

ギャラリートークは関西弁で行いますので、関西弁アレルギーのある方はトーク時間を避けてお越しいただくことをオススメします。


ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-07-19 00:00 | Photograph | Trackback | Comments(0)

FPS update
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4




FPSとは、FUJIFILM Professional Service の略。

昨年にサービス開始されて、登録させていただいて、

今年の春で一回目の更新となった。

FPSの恩恵を受けたのは、今のところ新規機材の購入だけで、

ありがたいことにトラブルのお世話にはなっていない。

今のところ、NPS や CPS の様なハードなサービスではないけど、

将来、FPSの会員証を見せれば世界中で通用するようになる事を願って。


  



ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-05-02 11:27 | Diary | Trackback | Comments(0)

 
c0198227_09413751.jpg





HarQ Yamaguchi 写真展 [ introduction ]

場所:
 富士フォトギャラリー大阪

日程:
 2017年3月2日(木)~3月8日(水) 会期中無休

時間:
 平日 10:00~19:00(最終日15:00まで)
 土日 10:00~18:00

ギャラリートーク:
 3月2日(木) 11:00~ 14:00~
 3月4日(土) 11:00~ 14:00~
 3月5日(日) 11:00~
 3月8日(水) 11:00~ 13:00~


ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-02-17 09:42 | Diary | Trackback | Comments(6)

気になるもの FUJIKINA 2017

FUJIKINA 2017
FUJIFILM X30  (製品サイト)




とうとう FUJIFILM GFX が正式に発表になった。

手に入れたいのは山々だけど、比較的安い(笑)とはいえ仕事的にペイしなければ手にすることはないだろう。

X-T20 は、防塵防滴が不要なら・・・だけでなく、タッチパネルの使えるTだ。

ただ、自分は、OLYMPUS E-M5を使っていた時に、タッチパネルをオフにしていた。

ファインダーを使う人間にとっては、実のところそれほど使いよいものではないと思っている。

今回発表の中で最もリアリティのあるのは、  FUJINON XF 50mm F2 R WR だ。

コンパクトで結構寄れる(39cm)使いやすそうだし、56mm F1.2R ともバッティングしない性格だし。

X100Fについては、自分は使わないタイプのカメラなのはわかってるのですが、

とてもいいカメラだと思いますし、旅カメラの基本の様な機種で、外観はキープコンセプト。

性能は中身がガラッと変わって、いい感じ。




ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-01-20 12:02 | Camera & Lens | Trackback | Comments(2)

定番カレンダー

c0198227_11281653.jpg

FUJIFILM X30  (製品サイト)



昨年に続いて、写真家・相原正明さんのカレンダーが届きました。

いつもありがとうございます♪

2Lサイズのラボプリントが12作品使われたこのカレンダーは実に贅沢なもの。

2016年が終わろうとする今、

2016年のカレンダーはすべて家宝になり保存(カレンダー部分を外してフォトフレームに入れる)されるのです(笑)

2017年は、より良い年にしたいと思います。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2016-12-18 11:35 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_12302648.jpg

c0198227_12302306.jpg

NIKON YOKAN (Traditional sweets of Japan)

FUJIFILM X30  (製品サイト)




某金剛力士写真家である、相原正明さんから

X-Photographer の襲名祝に。。。と、銘菓 NIKON羊羹をいただいた(笑)

実にシャレの効いた言葉が添えられた、相原さんの作品ポストカードと共に。

今後も精進いたします♪








[PR]
by HarQ | 2016-10-20 12:37 | Diary | Trackback | Comments(0)


"ぴんぽ~ん♪"

誰だ、休みの日にインターフォンを押すやつは!!

「クロネコで~~っす!」

ん? 何も頼んで無いで??

c0198227_16460220.jpg


まさに X の箱がやってきた。

ひょっとして、神が私に GFX 50s を授け給うたのか??ヽ(`▽´)/

にしては小さい(笑)・・・・ってか、開発中やし(笑)

c0198227_16460307.jpg


おお!!! 

X-T2 発売キャンペーンの UHS-II SDカードと(パパの小銭入れの様な)バッテリー&メディアケースやないか♪

ありがたく使わせていただきますヽ(`▽´)/

撮影機材:FUJIFILM X30  (製品サイト)











Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-22 16:52 | Diary | Trackback | Comments(0)

無題 / FUJIFILM X-T2

Locking

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




かつては、CANON以外の(笑)カメラをいろいろ使ってきた。

A,E,F,SA,MF 各マウントそれぞれに良さがあり、悪いところもあった。

カメラ好きなんだから仕方ないとはいえ(汗)

現在は、XマウントとFマウントだけになっている。

Fマウントは一部の仕事以外ほとんど稼働していない。

Xマウントは、良いところも悪いところもあるが、

もう他のマウントに移ることはないだろう。

カメラを変えても、写真が良くなる事がないのは十分に理解した(笑)

(もちろん、新しいカメラは写欲を喚起するが、それだけの事)

マウントを引越さない覚悟は、レンズ資産に活きる。

もちろん、いろんな考え方がある。

ミラーレスだと仕事じゃ使えないとか?

じゃあ、具体的にどう使えなかったのか納得できる説明を出来る人を知らない(笑)

システム屋時代、さんざん問題解決プログラムを実行して業務改善を行ってきた経験は、

とても重要な確信を残してくれた。

”できない理由を列挙するだけの人は、自らを変える事のできない人である。”

「できない理由があるなら、できる方法を考える。」

「できない理由があるなら、やらなくて良い方法を考える。」

答えは常にシンプルである。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-20 01:26 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

ヒガンバナ / FUJIFILM X-T2

Red spider lily

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




X-T2 を得たことで、もともと凄みのある描写だった Carl Zeiss Touit 2.8/50M がより凄みを増した。

X-T2 において、Velvia が扱いやすくなった事は隠れた朗報かもしれない。

ピーキーだった発色が、飽和しにくくなった様な印象がある。

Velvia で赤を扱うのは、EVFで確認できるとは言え、勇気がいる(笑)

PCで確認するより飽和度がわかりにくいからだ。

T1までに比べて、若干露出値が低くなるところも測光システムの変更なのだろう。

そんなこんなでヒガンバナ。

※ X-Pro2 でも同じはずです。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-17 01:54 | Nature | Trackback | Comments(0)

A couple of swallowtail butterfly

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




せっかくフレームインしてくれたカップルなので、昨日に続いてもう一枚(笑)

マクロレンズというのは、AFなど本当に遅くて(理由は説明しませんけどw)仕方なく、MFにしてる事が多い。

実際、こういう状況だと、MFの方が撮影しやすいもんです。

なんといっても「一応知能付きフォーカスシステム」ですから♪







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-16 13:43 | Nature | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。