タグ:Carl Zeiss Touit 1.8/32 ( 64 ) タグの人気記事

HANA during a break
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




好奇心旺盛で自由な HANA は、食卓の脚に首を乗っけて休むのが定番ポジションの一つだ。

猫が何かを枕にして横になるのは呼吸が楽になるから。。。とTVで言っていたが、

KINAさんは枕を利用しないタイプなので、すべての猫がそうだとは言えない気がする。

しかし、何かを枕にして寝っ転がる猫の姿は実にかわいいのだから始末に負えない。

レンズを向けると、微妙に目線をそらすのは、きっと思春期に入ったからだ。

それにしても、普段はACROS をセレクトしっぱなしでモノクロ写真ばかりが増える。。。

---

ところで、

FUJIFILM X-Photographer に今日から掲載されております♪

今日から、X-Photographer という事になるのです。諸先輩方に負けぬように精進していきます。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-30 19:30 | Diary | Trackback | Comments(2)

c0198227_16422432.jpg
c0198227_16422647.jpg
c0198227_16422875.jpg
c0198227_16423025.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




ハナは猫缶が好きである。

好きなモノが決まっている。

もちろん、

高級な猫缶はだいたいOKなんだが、それだとニャンゲル係数が上がりまくるので、

近所のホームセンター「コーナン」のオリジナルブランドのモノが定番となっている。

これだと文句言わずに食ってるんだが、好きすぎて食べ過ぎる。

そうすると、一気に吐く(汗)

せっかく食ったものを全部吐く。。。(T_T)

なので、少しずつあげなければならないのだが、

猫缶は開けるとスグに変質してしまう。(つまり美味しくなくなる)


なので、普段はハナがあまり好きではないドライフードをあげている。

よっぽど腹が減らないと食べないから、吐くような事もない。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-08-17 16:51 | Diary | Trackback | Comments(0)

葉影はかげろう

Shadow of leaves

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




「さつまいも」から芽がでていた

芽の出ていた辺りを切り取って

水を入れた皿にいれて

台所の窓に置いておくと

そのうちに芽が育ってくる

生命力は凄いな? 

なんて

ありきたりな事を言うほど純粋ではない

どこまで大きくなるんだろう

ほどなく、小さな皿では厳しくなる

「さつまいも」というのは

痩せた土地でこそ良い芋が採れると聞く

しかし

このままでは根を伸ばせないから

芋なんかできようもない

さつまいもにとってジレンマなはずだ

葉を大きくしたは良いが

この先の展望はない

どうする?「さつまいも」







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-30 00:18 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_9251771.jpg
c0198227_9251527.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)

FS : Classic Chrome




小さい頃から飼ってる外へ出ない家猫っていうのは、

きっと大人にならずに大きくなってるんだろうな?

って思う。

行動がいちいち可愛いのだ(笑)

いたずらも関心引きたいから・・・っていうのが丸見えである(笑)








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-25 09:31 | Diary | Trackback | Comments(0)

古都の空 FUJIFILM X-E2

c0198227_18573382.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)
Lightroom 現像





蝉がうるさい日だったな。

Monochrome を撮ろうと散髪のついでに近くの寺や神社をあるいてみた。

風が結構あるので過ごしやすい暑さではあるけど、蝉の鳴く音が暑さを助長する。

いつも撮る場所なので新鮮味はないが、

FUJIFILM X-E2 と Carl Zeiss Touit 1.8/32 だけでウロウロする。

この組み合わせは、一番カジュアルに持ち出すパターンである。

直射する太陽の反射する瓦と空を撮る。

これもまた多い写真のパターンだ。

ポケモンGoプレイヤーがウロウロする寺社のスナップを軽く撮ってから、

汗をかきつつ帰宅して現像する。

現像は、自作のLightroomのモノクロプリセット。

少しハイコントラストにして、シャドウ部を粘らせ、少しの粒状性を加える。

あ、そういえば、夏休みに入ったのか。

どうりで。。。そんな7月23日。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-23 19:10 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

笑顔の記憶 FUJIFILM X-E2

c0198227_17512118.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)

FS: Classic Chrome




盛りを過ぎた紫陽花は、

夏の陽光にみずみずしさを奪われる。

時というのは残酷なものかもしれないね。


母はアルバムを作るのが好きな人だった。

思い出を記録する事の好きな人だった。

見たことのある写真で記憶に残るのは、

モノクロの写真で

若き母に抱かれた私の写真。

笑顔ではなく不機嫌そうな顔つきをした私と、

母は満面の笑みを浮かべてのカメラ目線が対照的だった。

押し入れの何処かのアルバムに入っているはずだが、

おそらく、記憶を辿りたくなる頃に見ることだろう。

不思議な事に、

写真以外の母の笑顔を思い出すことができない。

最期の母の笑顔の記憶は、

まだ母が元気だった頃に私が撮ったバッチリメイクの母だった。

レンズ向けないと笑わない人だったんだろうか?

意外に自分の親の顔というのは見ていないものかもしれないね。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-23 18:02 | Diary | Trackback | Comments(0)

梅雨明けな日

c0198227_22323048.jpg

c0198227_22323225.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




世の中は三連休で、今日は海の日だったらしい。

さながら世捨て人のように気づいていなかった(汗)

放置していた紫陽花は枯れてしまい、

我が家のニャンズは暑さに廊下にベッタリとして離れない。

エアコン動かさないと暑さにやられそうだが、

それでもエアコンをいれずに気合をいれる。



いい写真を撮りたいという思いは、

写真を始めたばかりの人も、

長きに渡って写真を撮ってる人も同じだろう。

でも、

いい写真という定義は様々だから始末に終えない。

ド派手な彩色過多なものも、

カリカリな中間コントラストなものも、

人によってはいい写真なのかもしれない。

スマホサイズだけで観るならば。






Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-18 22:41 | Diary | Trackback | Comments(0)

あじさい

c0198227_12284373.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




Velvia をアンダーに切り詰めていく。

シャドウは下げ、

ハイライトは上げ、

彩度は落とし、

WBも少し変える。

ただそれだけの事だけど、

楽しいのだ(笑)







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-14 12:32 | Nature | Trackback | Comments(0)

街角あじさい

c0198227_17315649.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




住んでるあたりだと、

一軒家の庭先にはだいたい紫陽花が植わっている。

紫陽花が大量に植わっている名所も良いんだけど、

紫陽花といえばやはりこんな景色のほうがしっくりくる。

コンビニへ買い物に出たついでにシャッターを切る。

そんな梅雨の日曜日。

暇そうですけど、意外にそうでもなかったりするわけで。。。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-12 17:36 | Japan | Trackback | Comments(0)

curiosity

c0198227_18442347.jpg

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




スマホやタブレットでしか見ることの出来ない程度の

エッジの汚いど派手な写真がもてはやされる今、

モノクロームへの回帰は、”写真家”の必然なのかもしれません。

流行りじゃないとか、古いとか、

そういう言葉自体が時代遅れになるんじゃないのかな?

評価されることが目標とか、

そんな事のために写真やってて何が面白いんだろう?

自分は自分の写真を完成させていく。

それが唯一の目的。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-04-27 18:55 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。