タグ:写真 ( 1849 ) タグの人気記事

Temple scene

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




新しいレンズを手にすると何を撮るかって言えば、

近所の西大寺である(笑)

近景から遠景まで自在だし、普段とるから描写の違いもよくわかる。

描写もわからないレンズをいきなり作品に投入する様な事はない。

Handevision IBERIT というレンズは、超解像するタイプのレンズではなく、

特段明るいレンズという訳でもない。

Xマウントで、APS-Cで使ってるのでフルフレームでどう映るか

・・・という事は判らないけど、

今風のレンズ評から見れば、欠点もある。

ただ、このレンズだから撮れる写真があるなぁ。。。と思わせる部分が存在する。

同じ中国製の中一光学のレンズとは明らかに違う性格をしている。

意図したものかどうかはわからないけど、

それぞれに、今の日本製レンズが失ったモノ(捨てたモノか)を持っている。

中華レンズだから・・・というようなレベルの低い論議はバカバカしいし、

どのレンズをどう使うか?というフォトグラファーの選択が存在するだけだ。

このレンズがタコだから撮れなかったなんていうセリフは論外だと思うし、

自分のレベルの低さを自分で言ってるようなもんだと思う。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-21 09:33 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

古寺巡恋 ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




Xシリーズで最初に発売されたこのレンズは、

今でも当然の様に単焦点の定番。

ボケを多用するのももちろん良いんですが、

少し絞った描写が非常に良い。

見事に解像しつつ、むやみにエッジが立たない。

これ重要。

良いレンズかどうかは、トーンの出方もありますけど、

エッジの表現で判ります。

現像時に調整するスライダーを右端に寄せてる人には

わかんない話ですけどね(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-20 21:29 | Photograph | Trackback | Comments(0)

KINA 2019.3.19

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 CREATOR 85mm F2
中一光学 Lens Turbo II F->X





このところ中国製マニュアルレンズをいろいろ試している。

今回は、

SPEEDMASTERで注目の「中一光学」の格安レンズCREATORシリーズから、

ZHONG YI OPITCS CREATOR 85mm F2 を 同じ中一光学の Lens Turbo II F->X を使って

X-T1に装着してみた。

c0198227_17390011.jpg


中々格好いいデザインである(笑)

この中一光学のレンズは、黒よりシルバーの方が良いかもしれない。

85mmでも開放値F2のレンズは大きすぎず、マウントアダプタを付けてもコンパクトと言える。

開放値での四隅は甘いがレンズの描写は全体的に柔らかい。F5.6あたりでかなりシャープになる。

そして、集光型のマウントアダプタを使用してるのでなんとなくF4相当の明るさである。

ちなみに明るくなるからと言ってボケ量が増えるわけではない。


    


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-19 17:42 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




何もない景色がどうしても好きで、

そこに優雅なモデルさん達を連れて行く。

これだけを言うとなんか悪い奴みたいになってしまうが(汗)


撮りたい世界観があって、それに合うモデルを使う。

コンセプトはその景色とモデルの組み合わせでしか成り立たない世界観。

結果、作品となる。



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-18 23:30 | Photograph | Trackback | Comments(2)

Plum blossom

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBELUX 40mm f/0.85




梅花のイメージは、瓦のある景色が似合うと思っている。

桜以外の木花をほとんど撮らないんですが、

梅は身近に多く、特に人の家に庭に多いのだ(笑)

なので、撮らせてもらうことが多くなる。

端っこに咲いている塀の瓦屋根のそこにある景色。

思いっきり明るいレンズなのに寄れないレンズで最短距離でフォーカスする。

なんで開放で撮ったんだろう?(笑)

F2くらいでいいはずなのに、F0.85という特徴を意識しすぎだ。

極薄になるピントはEVF拡大でも難しいし、

フォーカスピーキングなんて雑な表示を使ったらそれこそピントがわからない(笑)

お勧めは拡大&スタンダード表示。繊細なピント面を確認する唯一の方法です。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-17 18:24 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Bamboo forest ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)





モデル任せにただ綺麗に撮るだけじゃダメ。

自分の世界観に強引に押し込めてもダメ。

ましてや画像処理のエフェクトに頼ったらもっとダメ。

モデルが活きてこそのポートレイトであり、

「写真家」の撮る写真だと常に考えている。

 

   



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-16 14:11 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Osaka street (AIRA)

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




平日昼間にも関わらず、大阪千日前は人の波でごった返していた。

緊急で渡すモノがあり、千日前の喫茶店でモデルのAIRAさんに会う。

少し話をして、解散。

一枚だけスナップを撮った。

道歩く大勢の人の言葉はほとんど中国語。

その隙間に日本語が入る。

なんとなく、映画の1シーンの様に構図する。

喧噪の中、マニュアルフォーカスが少しゆったりして良いリズムとなる。

色は少し濃いめに。コントラストも深く。

駅まで歩いて、振り返る事も無く手を振って別れ、

家路についた。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-15 23:21 | Snap | Trackback | Comments(0)

たまにはカメラを撮る

FUJIFILM X-T1 with IBERIT 35mm F2.4

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




カメラを撮る時は、シルバーボディが撮りやすく、そして映える(笑)


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-14 23:34 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

camellia

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4




このレンズで花を撮ればこんな感じです。

色乗りは良い方で、X-T2ならVelviaも使いやすいんですが、

X-T1でVelviaを使う時はちょっと気を使います。

この写真はProviaで撮影。

IBERITシリーズのデザインは、X-T系よりも、X-Pro系のボディと合います。

X-Pro2で使ってみたいけど、残念ながらPro系ボディはPro1だけなので、

こんどそっちで使ってみます(笑)

しかし、

Leica Summarit のデザインに寄せてるなぁ(笑)





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-14 00:20 | Plant | Trackback | Comments(2)

critical situation
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4




IBERIT 75mm に比べると、

APS-Cのカメラだと個人的には画角の関係でこっちの方が使いやすい。

性能は75mmと同じ感じ。

一つ質問があったのでお答えしておくと、

いずれのIBERITレンズも高輝度と低輝度のエッジ部分にはフリンジが出る事があります。

現像で簡単に除去できますが、それが嫌だという方は純正レンズを推奨します。


---

キナとハナは姉妹ですがたまに取っ組み合いになって遊んでいる。

今、まさにそうなろうとしている瞬間を撮影。

どっちが始めるのかはその時々で変わるけど、

小さい時は体の大きなキナの方が強く、

最近は、俊敏なハナの方が強いみたいだ。

食べ物の嗜好はまったく違っていて、

キナはドライフード派だし、ハナは猫缶派である。

・・・なのでメンドクサイ。







ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-03-12 22:00 | Diary | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。