タグ:写真 ( 1903 ) タグの人気記事

Sand dune mode ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




自分はロケ撮影において、

比較的天候や雲を味方につけている事が多い。

が、

実際のところ、自分が自然に合わせている事も多い。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-22 17:59 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Green Yellow

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR は、

何を撮るかわからない時に持ち出すレンズ。

ロケハンのときなどは確実にこのレンズを持ち出している。

可用性という性能においてはXレンズ中で最も高い。

出来ることなら F4通しのレンズにしてくれるともっと嬉しい(笑)

ズームレンジを 16-85mm 位にしてくれたら良いかも?

あ、別のレンズになってる(汗)


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-21 23:19 | Nature | Trackback | Comments(0)

Green Destiny ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




メインのロケ撮のあと、幸運にも素晴らしい場所を知ってしまった。

予定外に訪れたその場所は、京都や奈良でも見られない撮影に適した場所。

人も少なく、必要ならライティングの自由度も高い。

秋に期待。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-21 00:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

Emotional journey ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




これは当然だが演出している写真だ(笑)

残念ながら、私は撮り鉄さんではないし、

鉄道に特別な思い入れがあるわけではなく、

情感あるロケーションでモデルを配した作品を撮った。

---

最近は特にマナーを逸脱するどころか、

不法行為に及んでまで鉄道撮影を行う方々が増えているらしい。

先日見たSNSでは、撮影のために勝手に枝を切ってしまう輩もいた。

注意すると「ここはお前の土地か?お前の樹か?」などと、

いい年をしてガキみたいな言い訳をするらしい。

そういう行為に及んでまで撮影した彼らの写真の目的は何なんだろう?

写真が「他人に自慢するために撮るもの」だとしたら、

私とはあまりにも立ち位置が違ってて、不可思議としか言いようがない。

一生相容れない存在である。

  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-20 10:04 | Japan | Trackback | Comments(0)

楓葉 / Carl Zeiss Touit 2.8/50M

Green maple leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




APS-Cセンサーに対応するミラーレスシステム向けの Carl Zeiss Touitシリーズは3本出てそのままだ。

Carl Zeissは SONYのFEマウントに御執心らしく、

SONYとの蜜月関係が長く続いている。

残念なことに、

Touitシリーズの拡充については考えていないらしい。

考えるに、

Zeissというのは画素数が多いほどレンズ性能が問われ、

そこに Carl Zeiss の活躍できる場があると信じている様だ。

ある意味では正解だろうが、別の意味では不正解だと私は考えている。

いくら Carl Zeissという名前があるとはいえ、

サードパーティレンズである事に違いはない。

既存ユーザを不安にさせる様な戦略は褒められない。

Touit 2.8/12 、 Touit 2.8/50M は名作だと思ってるけど、

フルフレーム向けのレンズシリーズに御執心が過ぎると、

Touitシリーズはもうやる気はないのかな? という気になってくる。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-20 00:30 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Sand dune mode ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




私はだだっ広い何もない場所が好きである。

たとえモデルがいなくても、砂丘で作品写真を撮る。

・・・というか元々撮ってた(笑)

モデルを起用したコンセプチュアルな作品を撮る上で最初に思い至ったのは砂丘。

---

砂丘は風が強く、砂塵が舞う。雨雪よりも機材には質の悪い敵である。

防塵性能は極めて重要で、

かなり前になるが風景撮影で数本のレンズ(すべてズーム)が破壊されている(汗)

幸い、Xを扱うようになってから砂丘で機材を壊した事はない。

それなりに、経験から得ているノウハウがある。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-19 11:13 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Rose Garden after the rain

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 75mm f/2.4




同じタイトルで記事を書くのもなんだが(汗)

雨降りのバラ園撮影は実にフォトジェニックだ。

写真というのは因果なもので、

撮影者が不快なほどいい写真を狙える環境である。

その法則に従うと、極地なほど超絶美しい写真を得られるという事になり、

今のところ、それは当たっている様である。

雨のバラ園ごときで悟ったような事を書いている私であった(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-17 22:37 | Plant | Trackback | Comments(0)

Time of fresh green ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




強風の砂丘ロケの後、静岡の友人の粋な案内で訪れた神社。

夕食までの1時間、軽く数カットを撮影したわりに、出来が良く(笑)

秋の撮影のロケハンも兼ねたつもりが結構イケてる。

流石は、こころさんである。

小道具に持ってきてもらった和傘も砂丘では使えず(汗)ここで活きました。

基本的には砂丘に合わせて選んでもらった白大島ですが、

この湿度感の溢れる神社の参道にも合います。

---

FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR というレンズは、

風景でもポートレイトでも画質・対応力ともに秀逸。

Xレンズとしては大きいですが、これ一本で50-140mmをカバーできるわけで、

AFも高速。XF16-55mmと並んで仕事では必須とも言えるレンズです。

使った人全てがその描写力に「マジか!」と言うほどです。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-16 14:43 | Portrait | Trackback | Comments(0)

fresh green

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4





FUJIFILM は緑色の表現に長けている。

そんなフィルムの印象のままに、

今のXシリーズのフィルムシミュレーションがある。

それだけに、フィルムシミュレーションの違いの一番出る色でもある。

となると、現像でフィルムシミュレーションを変える事もあるのだが、

これがちょっとした罠になっていて、

フィルムシミュレーションによって露出の出方が異なるのだ(笑)

なので、

撮る時に決めておいた方が良いと言える。

しかし、

何が何でも撮って出し至上主義。。。というのもバカげている。

カメラ出しのダイナミックレンジでは足りないことも多いし、

リアルな印象を表現するための記憶色の表現もある。

記憶違い色にならないように "節度" が必要なのはもちろんですけど(笑)

  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-15 10:02 | Nature | Trackback | Comments(0)

Rose rose garden

Rose rose garden

Red rose


FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 75mm f/2.4





Handevision Iberitシリーズを手にしてから

お気軽撮影のカメラバッグバッグ(メッセンジャータイプ)に

このレンズを入れていくことが多い。

24mm 35mm 50mm 75mm とあるのだが、

X-T1かT2ボディと一緒に全部入ってしまうコンパクトさがお気に入りで、

それぞれ薄手のレンズポーチに入れて、仕切り無しバッグに放り込んでいる。

ズーム一本でもいいだろ?・・・てなもんだけど、

Xシリーズを使いだしてから単焦点レンズの稼働が多く、

EVFでのマニュアルフォーカスの楽さ加減も後押ししている。

雨上がりのローズガーデンも良い雰囲気でした。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-14 09:46 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。