Temple scene

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




新しいレンズを手にすると何を撮るかって言えば、

近所の西大寺である(笑)

近景から遠景まで自在だし、普段とるから描写の違いもよくわかる。

描写もわからないレンズをいきなり作品に投入する様な事はない。

Handevision IBERIT というレンズは、超解像するタイプのレンズではなく、

特段明るいレンズという訳でもない。

Xマウントで、APS-Cで使ってるのでフルフレームでどう映るか

・・・という事は判らないけど、

今風のレンズ評から見れば、欠点もある。

ただ、このレンズだから撮れる写真があるなぁ。。。と思わせる部分が存在する。

同じ中国製の中一光学のレンズとは明らかに違う性格をしている。

意図したものかどうかはわからないけど、

それぞれに、今の日本製レンズが失ったモノ(捨てたモノか)を持っている。

中華レンズだから・・・というようなレベルの低い論議はバカバカしいし、

どのレンズをどう使うか?というフォトグラファーの選択が存在するだけだ。

このレンズがタコだから撮れなかったなんていうセリフは論外だと思うし、

自分のレベルの低さを自分で言ってるようなもんだと思う。


ブログランキング




 
[PR]
# by HarQ | 2017-03-21 09:33 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

古寺巡恋 ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




Xシリーズで最初に発売されたこのレンズは、

今でも当然の様に単焦点の定番。

ボケを多用するのももちろん良いんですが、

少し絞った描写が非常に良い。

見事に解像しつつ、むやみにエッジが立たない。

これ重要。

良いレンズかどうかは、トーンの出方もありますけど、

エッジの表現で判ります。

現像時に調整するスライダーを右端に寄せてる人には

わかんない話ですけどね(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
# by HarQ | 2017-03-20 21:29 | Photograph | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer