白いすりガラスに

懐かしいすりガラス。

外光の白さだけが柔らかく室内に入り込む。



c0198227_0293176.jpg




丸一日読書するのも良いじゃないか。

いつの間にか本の世界に潜り込み、

夢と現実の境目もどこか忘れて、

お気に入りの音楽に漂えば、

白かった窓の光もオレンジ色に変わるほどに時を刻む。
[PR]
# by HarQ | 2009-02-03 00:38 | Snap | Trackback | Comments(7)

砂浜

冬の黒潮を望む砂浜は、昼間でも波の音だけが聞こえる。

昼間の光はごく普通だし、

ドラマチックな光を捉まえる事なんかできないから、

茶色の砂に白い石を見つけると、そればかりが気になる。



そういえば、子供の頃は海へ行くといろんなものを拾って帰った。

綺麗な貝殻どころか、ただの石も多かった。

透明な石を見つけては、ポケットにつっこんで家まで持って帰った。

今も玄関の靴箱の上に置いてあったりする。

宝モノ・・・・という訳じゃないんだが、

捨てる事無く、引っ越しにも失わず、もう30年も持ってる。




c0198227_23182768.jpg





なんでかね...。
[PR]
# by HarQ | 2009-01-29 23:28 | Landscape | Trackback | Comments(10)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。