<   2017年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Life of cat

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社




うちの居間と庭の間には、昔は縁側と物干し場があった。

今は、サンルームになっている。なぜ付けたのかは定かではなく、

30年以上前に付けたはずなので耐久性は良いほうかもしれない。

夏は暑く冬は寒い、サンルーム。

現在は洗濯モノの室内干し空間兼、猫部屋である。

とは言っても、彼らにとっては日の差す時間帯の日向ぼっこ場である。

こういうシーンはハイキーに撮れば今風なのかもしれないが、

アンダー目に洗濯用のハンガー等と一緒に構図してこの場所の雰囲気を出してみる。

こういう描写はこのレンズの得意分野だ。

ピント面はシャープにコントラストを出しつつ柔らかく描写できる。


  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-31 10:42 | Snap | Trackback | Comments(0)

At the coast
FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 18mm F2 R  (製品サイト)




9月でも、日の暮れかけた知多半島。

湿り気のある潮風がまとわりつく季節。

きれいな夕焼けと裏腹に色の記憶が不鮮明だ。

人の写真を撮るたびに思うこと、

「遠いな...」

サラッと撮れば距離感など気にしなくても良いものだが。

いい写真てなんだろうな? いつも自問自答しているけど、

撮ってるときはそんな事考えもしないものだ。

小さなクリップオンストロボの遅いチャージのリズムに少しイライラしながら

シャッターを切っていた。

X-Pro1を手にして半年くらいたった頃の写真。

それまで使っていた一眼レフよりも

「少し近づいたのかも?」・・・と思える写真を撮っていた。

たぶんだけど、写真が少しわかった気がしていた。



  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-30 18:28 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

北斎-富士を超えて-

c0198227_17481526.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/24mm 新東京物産株式会社

北斎と応為 ( Hokusai & Oui )
FUJIFILM X30  (製品サイト)




近所の仕事ついでに、あべのハルカス美術館まで「北斎-富士を超えて-」の前半展を見に行ってきた。

チケットは買ってあって、本当は先週の平日に行くつもりだったんだが、風邪をひいてしまい予定した日に行けず今日になってしまった。

前半展は今日が最終日。土曜日というのもあってかなり混雑していました(汗)大人しくしてるとまともに展示を観るのもままならず、

図々しく且つ素早く拝見させていただきました。

しかし、

日本の美術を展示するために、大英博物館や海外の美術館の多くの所蔵品を借りなければならないというのはどうにも情けない気がします。

このあたり、投資価値以外に美術を評価しない「儒教思想」的?なものが未だに続いてる気がします。






人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-28 17:56 | Japan | Trackback | Comments(0)

Twilight Twilight
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




夕景なんてものは美しいのが当たり前なわけで、

ただ、その時、そこにいる事。がほぼ99%だろう。

この日も湖北は美しい景色でした。

台風の影響で水位はかなり高くなってましたので、

いつもの湖畔撮影ポジションで入れない場所多数。

久しくこれほどの水位を見たことがなかったのでした。



  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-27 14:24 | Landscape | Trackback | Comments(0)

COLOR / KIPON IBERIT 2.4/50mm

Green Maple Leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社




写真家、カメラマン、フォトグラファー...。

いかなる呼称であろうとも、常に写真を撮れる態勢を維持しておくべきだと思う。

尊敬する写真家は皆そういうスタンスであるし、自分もそうしている。

スマホがいくら良くなったとしても、カメラはやはりカメラでなくてはならない。


  



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-25 17:22 | Nature | Trackback | Comments(0)

HANA & KINA 2017.10.24
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社




姉妹である。

HANA と KINA は北九州出身。

8名の兄妹とともに捨て猫だった。

縁あって、奈良に連れて帰ってきた子たち。

もう4年ですね。

小さい頃の記憶なんか無いでしょうね。

HANAは、外交的な甘え上手。知らない人大好き。

KINAは、内弁慶。でちょっと食べ過ぎ(笑)

長生きしなさいよ?


  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-24 11:06 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

冬柿 / 2009

The Persimmon & Winter





2009年。。。この頃一番柿を撮ってた気がします。

今シーズンは狙いましょうか。柿(笑)






人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-23 17:42 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Autumn long rainy garden

Autumn long rainy garden


FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 CREATOR 85mm F2
中一光学 Lens Turbo II F->X






今年の秋は、言葉通りの秋の長雨だ。

ついでに風邪まで引いてしまったので出かけることすらままならない(汗)

とは言っても、シャッターを切らない日は基本的にないわけで(笑)

雨の庭を格安85mmレンズで撮ってみた。

ZHONG YI OPITCS CREATOR 85mm F2 というレンズは、amazonで 22,000円だし、

ZHONG YI OPITCS Lens Turbo II F=>X という集光型マウントアダプタは、19,500円である。

安いから悪いかというとそういうわけでもなく、厳しい光の条件でもない限りシッカリ写る。

集光型のマウントアダプタもこのタイプの登場初期よりも周辺画質は優れていて、

必要にして十分な性能を発揮してくれるし、1段明るくなるのも暗い雨降りな日には便利だ。

四隅の詳細レベルの画質を問う様な撮影には向かないかもしれないが、使い所を考えれば

格安で中望遠レンズを手にすることが出来てしまう。

もし、ニコンマウントのレンズをたくさん持ってるならこのマウントアダプタを手にするのは悪くない。

絞り環のないGタイプのレンズにも対応してるので使える範囲は広いのだ。


機材協力:焦点工房

  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-21 10:25 | Nature | Trackback | Comments(0)

c0198227_12120661.jpg





月刊「カメラマン」11月号が発売されました~。

連載「傑作選・日本の風韻を愉しむ」もいよいよ11月を迎え、来月を残すのみとなりました。

是非ご購読を(笑)

月刊カメラマン11月号を買う



連載記念カレンダーはこちら



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-20 12:25 | Diary | Trackback | Comments(0)

Lake shore moment (Mari Shimizu)
model : Mari Shimizu
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社






自分の場合、自然の中でモデル撮影をする場合は一般的に言う悪天候が結構多い。

モデルによれば、悪天候を呼んでるんじゃないか?と思う人もいる(笑)

しかし、写真的には歓迎ではある。

特に風は強い臨場感を生み出すし、風の似合わないモデルは極めて少ない。

ときに風で顔が隠れたとしても雰囲気最優先である(笑)

しかし、写真で有効な風というのは現実的には強風に分類されるだろう。

スタジオでも風を起こす時にどれだけ強風が必要かやったことのある人間なら判る話。

そして、真夏でもない限り、強風は体感温度は極めて低くなる。

モデルというのはその他諸々結構なパフォーマンスを必要とする。

キレイ・カワイイ だけでは間に合わないものである。



  




人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-19 11:58 | Portrait | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。