Laundry basket

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II






日曜日のお昼前の出かける時、洗濯カゴの中のネコだったハナ。

6時間強の後帰宅すると、全く同じ状態だった。

ピクリとも動かなかったのか?

それとも、

何度も出入りしていたのだろうか?

聞いてみても、

「にゃぁ~」というばかりで埒が明かない。

謎のまま、ご飯を要求するのであった。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-20 15:54 | Diary | Trackback | Comments(0)

Parent and child

FUJIFILM X-Pro1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




撮影で訪れる旅先でネコに出会うと嬉しい。

もちろん、家にもネコが居るわけだけど、見かけた子を呼んでしまう(笑)

人懐っこい子も、警戒する子も。

昔住んでた京都の住居の近所は飼われているネコも地域猫も入り乱れて

どれがどうなのか判別もできなかったが、生まれつき警戒心の強い子も愛想のいい子もいる。

環境が性格を形成するっていう人もいるけど、そうだろうか?

環境も性格に影響をあたえるだろうが、性格は遺伝だと思える。

2012年、福岡/志賀島にて。

このネコたちはどうしているんだろうね。




ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-20 09:09 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

竹雅 / FUJINON XF 56mm F1.2 R

竹雅 ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)





今どきのデジタルカメラというのは、みな画質がいいものだ。

色の出方の違いがあるにせよ、

現像テクニックを身につければそこそこ自分好みの色を出すことも出来るし、

そういうソフトも売りに出ているからそこから好みを選択する方法もある。

今どきの流行?のポストプロセスで解決できる課題もある。

ただし、レンズだけは別だと考えている。

各社のマウントを選択する時、ボディで選ぶのもいいが、結局のところ最も影響があるのはレンズだ。

良いボディがあってもレンズがタコなら魅力減退である。

安いレンズが出てても安かろう悪かろうでは魅力減退である。

やっぱり画質で選ぶならフルサイズですよ~って言うのは個人の勝手だが、

今のセンサーへの露光技術ではレンズが巨大化するだけだし、

巨大化しても追いついていないと思う。

そういう意味も含めて、各社のデジタルカメラを使ってきた私が選んだのが、

FUJIFILM Xマウントである。



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-19 09:14 | Portrait | Trackback | Comments(0)

c0198227_10554406.jpg





富士フォトギャラリー 銀座 <スペース2>

8月4日(金)~ 8月10日(木)

HarQ Yamaguchi photo exhibition 「Introduction」

ギャラリートーク:
 
 8/4 18:00-
 8/5 14:00-
 8/6 14:00-

 
富士フォトギャラリー銀座

3月に大阪で行った写真展を銀座で行います。

皆様お誘い合わせの上ご来場くださいませ。いや、お誘い合わせでなくてもいいですけど(笑)

ギャラリートークは関西弁で行いますので、関西弁アレルギーのある方はトーク時間を避けてお越しいただくことをオススメします。


ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-07-19 00:00 | Photograph | Trackback | Comments(0)

escalator
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




今日、写真家の友人と話していたんだけど、

FUJINON X レンズはとてもよく写るレンズで、弱点が無いわけではないけど、

どこのレンズと比較で言うわけではないけれど、かなりの高画質だと。

FUJIFILM はもっとそこを宣伝するべきだよね。・・・と。

そんな話しで数時間を過ごした土曜日の午後だった。



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-16 00:08 | Snap | Trackback | Comments(0)

Neo Japanesque ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)




何のために写真を撮っているのかという事を

時々思い出さないとズレてしまう事がある。

写真を撮る、作品を撮る。

ソレ以外の事に費やすエネルギーなど持ち合わせていない。



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-10 23:20 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

hydrangea
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/35mm




Handevision Iberit シリーズで一番好きなレンズは、

35mm と 50mm である。

描写が云々という理由ではなく、自分がよく使う焦点距離だというのがもっとも大きな要因。

最近はAPS-CのXしか使っていないため、画角を135サイズに換算するのも最近はしなくなりました。

35mmは35mm、50mmは50mm(笑)

勘違いしてる人がたまにいて、

フルフレームの50mmってよくボケるよね! なんて言うの聞いちゃうと笑いそうになります。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-09 19:20 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

subtraction ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)





XF 10-24mm F4 R OISで撮影すると楽をしてしまう。

広角~超広角域のレンズなのに手ぶれ補正が付いてて、

描写もとんでもなく良いし、

この画角で他のズームレンズなんか使いたくもなくなってしまうし、

ズームなのにコンパクトだし、

唯一の弱点?は開放F値がF4.0くらいなもんだけど、

広角でボカシたければ、

XF 16mm F1.4 R WR があるし、

補正なしで歪んでいないRAWデータがほしければ、

XF 14mm F2.8 R を使えばいいし。

そんなこんなで、超広角域のポートレイトです。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-07 23:19 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

One summer's day ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/50mm




水を得た魚のように

光を得た写真家はシャッターを切り

そして被写体が活きてくる



  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-06 22:47 | Portrait | Trackback | Comments(0)

樹の美

Branch of the myriad *




自分の写真の原点は風景写真というよりも樹の写真にある。

光次第で千変万化する樹の写真の一つに桜があるわけで、

桜を花として撮っているわけではなく、桜という樹を撮っている。

この樹は毎年撮る又兵衛桜の近くにある樹で、

又兵衛桜を撮る時期に、必ず撮っている。

やはり葉をつける前の枝ぶりが一番好きである。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-07-04 22:40 | Nature | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。