<   2017年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Saidaiji main hall roof


c0198227_22254383.jpg


FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBELUX 40mm f/0.85




四隅はなかなか厳しい解像力ですが、さすがにセンターはF8でシャープ。

実に単焦点な繊細な描写をします。

これで風景を撮ろうとは思いませんけど、

キレのいい描写が欲しい時は、F2以上で撮れば開放とはうって変わった描写に変貌。

開放F0.85は、F1.4くらいから余裕の描写になる布石とも言えそう。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-28 22:34 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

What do you see outside the window?

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBELUX 40mm f/0.85




申告書作成やらなにやらで、撮りに出られないので、

外の景色に憧れる「キナさん」を撮る。

ずっと家猫なので、内弁慶である。

庭に鳥が来たときは、「うにゃうにゃ」と言ってるだけで、

窓を開けても出て行ったりしない(笑)

格好だけ強がるのであった。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-28 17:54 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Plum blossom

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBELUX 40mm f/0.85




このレンズ独特の柔らかい描写で梅を撮りたくなって近所の梅を撮ってみました。

F0.85 という明るさを無頓着に使える今のX-T2はとの組み合わせは実に撮影しやすい。

この写真で 1/10000秒のSSです(笑)

シャッター音は "ちっ!" としか言いません(笑)

X-T1のファームアップに始まった電子シャッターは最高で1/32000秒。

動かない被写体ならローリングシャッターを気にする必要もありません。

X-T2からはセンサーの読み出し速度も上がってるようでローリングシャッターが起こりにくい様です。

とにかく、

ど明るいレンズが真昼間もNDフィルタなしで使えるのは表現の幅を拡げるのにありがたい。

Handevision IBELUX 40mm f/0.85 というレンズは、この超明るいF値が売りで、

さすがに開放では収差が残っていますが、F0.85で十分に見れるレベルなのは流石。

しかし、大きさと重さはともかく、最短撮影距離が 75cmというのは少々遠いです。

フルフレーム換算 約60mmとなる40mm。画角は扱いやすいですが、

梅などの小さな木花を撮るにはちょっと遠いな。。。と思うシーンも。

こうなると、構図力を問われてくるので少々どSなレンズな気がしてきました(笑)

レンズを保持してファインダーを覗き、軽くスムーズなピントリングを指で操作。

最短撮影距離の無さを意識さえできてれば、素早く撮影できます。

F0.85ではかなり柔らかく、F1.4でそこそこコントラストが付きます。

ただ、F8程度まで絞っても四隅の解像力はそれほど上がりませんので、風景には向かない様に思います。

花や人物、それも女性の撮影に真価を発揮するレンズですね。







ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-26 14:16 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

Beautiful Smile ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




そのモデルの良さを知っている・・・というのが大前提なんですが、

その大前提。

実際モデルを目の前にするとなんでもよく見えてしまうのです(笑)

モデルは皆さんお綺麗だし、自分の魅せ方もよくご存じです。

でも、そこに罠があります(笑)

撮らされてしまったら、それは撮影会参加と何も変わらない。

じゃあ、どうすればいいのか?

「魅せてくるモデルをもっと魅せる。」には?

写真展にお越しくだされば、ギャラリートークにヒントがあるかもしれませんよ?

ヒントが無かったらごめんなさい(笑)




【 HarQ Yamaguchi写真展「introduction」】

日時:3月2日(木)~3月8日(水) 10:00~19:00(土日18:00、最終日15:00)
会場:富士フォトギャラリー大阪
   大阪市中央区本町4-6-17 IS本町ビル1F
   http://www.prolab-create.jp/gallery/osaka/

<ギャラリートーク>
 3月2日(木) 11:00~ 14:00~
 3月4日(土) 11:00~ 14:00~
 3月5日(日) 11:00~
 3月8日(水) 11:00~ 13:00~






ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-02-25 14:16 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 14mmF2.8 R  (製品サイト)






畳の部屋でのポートレイトをどう撮るか?






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-23 18:45 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Plum blossom

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




現在、私が持っている唯一のmacroレンズだ。

マクロをマクロらしく等倍付近で撮ることはまず・・・無い(笑)

そこそこ寄る程度でしか撮らないのがその理由ですが、

このレンズの良いところは解像力の高さと色ノリの良さ。

Touitシリーズの中だけでなく、

Xマウントで一番解像するレンズかもしれない。

ボケ方も癖が無くて自然だ。

ピントリングと絞りリングにホコリが付きやすい点を除けばお気に入りレンズだ。

ちょっと解像し過ぎな気もするがポートレイトにも余裕で使える。

ちなみに、梅は近所で撮るくらいしか撮らない。

桜とはかなり扱いが異なる(笑)

なぜかは自分でもわからないが、

そういえば梅を引いて撮ることはしないな。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-23 01:08 | Japan | Trackback | Comments(0)

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




写真には、

その撮影者の美意識が出る。

もちろん、

画質云々だとか、色が綺麗だとか、

そんな単純で浅い世界の話ではない。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-21 16:43 | Portrait | Trackback | Comments(2)

A quiet place

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




風景写真と

コンセプチュアルな写真と

ポートレイトの

どれが好きかと聞かれても、

どれも重要なのだ(笑)

そもそも、

同じ写真とは言ってもすべて異なるアプローチが必要だし、

同列に比較できるものでもない。


コンセプチュアルな作品については、両方の要素を持つものもあるけど、

例えばその写真の風景が風景としてベストか?

・・・という命題においては否である事が多く。

例えばその写真がポートレイトとしてベストか?

・・・においても同様である。

「媒体が写真である」という部分のみが共通というだけである。



つまりは、写真という媒体は紙と同じであり、

そこに何を書くのかによって、まったく異なるものとなる。

経理マンが書くのは会計書類であり、

小説家が書くのは物語である。

それくらい異なるものだという事です。




ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-21 01:34 | Landscape | Trackback | Comments(0)

Winter

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




山岳地域は別として、あまり雪の降らない奈良ですが、

冬には冬の景色があり、わずかに積もる雪の景色を撮るのです。

"景色" というものは、何も広大な絶景ばかりではなく、

足元にも普段の視線の先にも存在していて、

"わびさび" というのはそういう変化を季節感を含めた感性によって感じ取るものです。

日本文化をまともに経験すらしていない現代日本人のほとんどには「和」を表現できる

なんて決してありえない事ですし、日本に住んでるからわかるというものでもありません。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-02-19 21:40 | Photograph | Trackback | Comments(0)

at Daikakuji-Temple ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F2 R WR  (製品サイト)




XF 35mm F2R WR から始まった F2 な WRシリーズ。

(XF90mmF2RWRは少々毛色が違うので除外w)

実際、使ってみるとF1.4よりも俗っぽい(笑)のは事実ですが、

扱いやすいところが実に良い。

解像力という点で言えば、F1.4より"解像感"はある。

とはいえ、コンパクトですけどそこは単焦点レンズ。

ズームとは異なる線の細さは健在で、いい感じに魅せてくれます。

カメラサイドでの歪曲補正を結構してますが、そこは許しましょう♪

もうすぐXF 50mm F2R WRが出てきますね。とても良さそうなので期待してます。







ブログランキング




 

[PR]
by HarQ | 2017-02-18 23:31 | Portrait | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer