<   2017年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

Cocoro Kusano


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




いつものように、アップしてる写真とは関係のないお話し(笑)


■X-T2 と X-T20 のどっちを買うべきか?
 
1)大きさが気になる方
 ミラーレス構造のカメラというだけで、私などはT2でもかなり小さいと思ってしまっていますが、T20はさらに小さくなります。普通のバッグにも入れたいとか、小さいカメラが良いと思うのであれば、T20を優先すべきでしょう。T20でもでかいよと思われるのであれば、X100FやX70というカメラもございますのでご検討を。
 
2)画質が気になる方
 T20はT2と同じ画質です。同じセンサーと同じエンジンですから(笑)
 
3)防塵防滴じゃないと?
 T2は防塵防滴(極低温対応)です。これは悪天候の中撮影したり、極地での撮影に対応しているという事ですが、現実的に私の場合を考えると、防塵防滴構造でも雨や雪であれば直接カメラやレンズに雨の当たらないように対応していますし、昔から防塵防滴構造でなくても対処して使ってきています。完全防水ではないので水没させれば意味のない防塵防滴構造なので(笑)事故対応ではないのです。自分がどんな撮影を行うかを考えて必要かどうかを判断しましょう。
 
4)AFスティックとタッチパネルが気になる方
 ファインダー命だ!という人はT2のファインダーとAFスティックの組み合わせが良いでしょう。私もファインダー命ですが、実際の撮影ではローアングルの場合、LCDを見て撮影している作品が多いです。特に超広角を使う場合にそれが多いので、タッチパネルが使えると便利だな~と思う事多し(笑)ファインダーにこだわるのは半分くらいは昔からの撮り方の遺産でしょう。
 特に女性の場合、付けまつげやメイクをされる事も多くなろうと思いますが、様子を見てるとファインダーに接眼していない方が非常に多いです。そういう方は、LCD&タッチパネルの方がずっと撮りやすいと思います。もちろん、逆光時はファインダーを使えますのでT20をお勧めします。
 
5)フラッグシップじゃないと嫌だと言う方
 T2かPro2を買ってください(笑)
 
6)最近のF2レンズと合わせたい方
 確かにレンズは防塵防滴でその面だけ考えればT2なんでしょうが、デザイン的にバランスがいいのはどう見てもT20の方です(笑)どっちも防塵防滴でそろえないとって言う人は、彼女の下着が上下で揃っていないと嫌だと言う人なのかもしれません。セットアップを許さないんだ!と言う人は、T2をお求めください。
 
7)俺は手がでかいしなぁ・・・という方
 そもそも、ミラーレスは小さいです。ご自分の手のサイズに合わせたでかいカメラをご購入ください。
 
8)カメラはやっぱりNIKONかCANONでしょうという方
 なんでこれ読んでるんですかね(笑)
 
9)フルサイズの画質が一番だしっていう方
 どうぞ古サイズの写真で悦に入ってください♪ 何も申しません(^^♪
 
10)俺はプロだ。テザー撮影するんだヨ!って方
 ケチらないでT2買う(笑)悩むところではないだろ?(笑)
  でも、サブ機としてならアリ。


 最後に
 ご自身の撮りたい写真、作品、撮影環境をよく考えた上でご選択くださいませ。
 ちなみに、私は防塵防滴でないX-Pro1で雨の日も風の日も雪の日も撮影していました(笑)
 壊れたことはないです♪



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-30 12:06 | Portrait | Trackback | Comments(1)

残心 / FUJINON XF 56mm F1.2 R

Lingering heart ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




写真家に必要なのは、

【 哲学と情熱 】

尊敬する方の言葉です。


プロセスでしかない技術、

受け売りの薄っぺらい感性、

何の裏打ちもない安っぽい精神論などではなく、

私はそこに「確固たる美意識」を付け加えたい。

そして、「キレイ」と「美しい」はまったく異なるものです。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-29 12:44 | Portrait | Trackback | Comments(0)

Winter

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




Blogというのは面白いもので、

書いても金になるわけでもなく、

書きたい事がないのに更新することもあれば、

書きたい事があって更新しないこともある。



ところで、ずっと思ってることだが、

モノクロ好きを公言する人は多いわりに、

実際モノクロを好む人は少ない(笑)

きっとモノクロ好きっていうと格好いいと思ってるのではなかろうか?(笑)

写真好きと言いつつ、

ホントは写真なんか好きでも何でもない人も大勢知っている。

大概はカメラが好きなだけか、格好いいカメラで撮影してる自分が好きなだけ。

たぶん、それは、

自分をよく見せたいっていうところから来てるのだろう。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-28 23:28 | Monochrome | Trackback | Comments(4)

A pond where the heron lives

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




この池は冬になるとほとんど凍結する。

一羽のアオサギがここには住んでるんだが、

いつ行ってもいるのだ(笑)

とはいえ、

いつも一番遠いところでじっとしているので、

ホントに生きてんのか?

なんて思ってたら、

この日は飛んだ(笑)

飛んだ先は、でも、この池の中だった。

ここは結構広いのである。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-26 18:33 | Landscape | Trackback | Comments(0)

In Kyoto where snow remains  (Cocoro Kusano)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

model : Cocoro Kusano




先の記事の写真は大人な雰囲気で撮影したが、

次は、そこに可愛さを加えた感じにしてみる。

モデルの表現に合わせて、

露出は明るめに補正し、WBも少しシフトさせている。




ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-25 21:25 | Portrait | Trackback | Comments(0)

In Kyoto where snow remains  (Cocoro Kusano)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

model : Cocoro Kusano




雪の残る大原での撮影。

FUJIFILM X のオートWBは心持ち寒色系に振られてしまうので、少しだけ補正。

このあたり、フィルムシミュレーションとの兼ね合いもあるような気もする。

日曜日だったわりには、季節がらというのもあり、

天気予報が良くなかったせいか、人も少ない大原だった。

歩く観光客も海外の方が多い。

人通りのあるところでモデル撮影すると、ただでさえ人目を引くのだが、

和装のモデルとなるとワンランク以上目立つ。

こっちはジーンズにブルゾンという格好で、カメラを持ってないと明らかに付き人レベル(笑)

すれ違うおば様方の視線はもちろんモデルに向く。「まぁ(^^♪ 綺麗♪」

スマホで撮ってる音も聞こえるが、まぁ仕方ない(汗)

でも、そこのおじさん、一眼+望遠で抜くのは勘弁してくれヨ(汗)

---

FUJINON XF 56mm F1.2 R はポートレイトの鉄板レンズ。

最近は、まずこのレンズから使うことが多い。

ボケ味は、APD付きの方が良いし、使いやすいけど、

実質の明るさに勝る APD無しが好きなのだ。

ボケの癖の無さを含めてもっと浮き上がらせたいときは、

FUJINON XF 90mm F2 R WR を使うんだけど、それはまた次の機会に(笑)






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-24 13:56 | Portrait | Trackback | Comments(2)

宝泉院 ( Housenn-in , Kyoto )

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




京都・大原に向かう。

先週の大雪がまだ残っている。。。というか、時々降ってるのだろう。

日曜日とは言え、雨の予報と寒さで客足もまばらで、ゆったりと撮影することができた。

宝泉院も意外なほど空いていて、好きに撮ることができたのだが、

勝手なことを言うと、もう少し庭の木の枝に積雪が欲しかった(笑)



明るくて、寄れる広角レンズ FUJINON XF 16mm F1.4 R WR

京都や奈良の寺院などの屋内撮影では、FUJINON XF 14mm F2.8 R とともに最も使うレンズの一つ。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-23 11:01 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto

FUJIKINA 2017 in Kyoto


FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 23mm F2 R WR  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F2 R WR  (製品サイト)






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-22 00:12 | Diary | Trackback | Comments(0)

At the end of a journey ( Cocoro Kusano )

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)
model : Cocoro Kusano







長い、長い、旅路でしたね。

さぁ、もうすぐです。

あの向こうに行きまする。

先へ参りましょう。

私が手を引いて差し上げまする。

それは、それは、何もない美しいところでございます。

でも、

現世に未練がおありなら、

ここから先へは行けませぬ。

皆にお別れをされたのなら、

さぁ、

先へ参りましょう。






ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-21 00:59 | Monochrome | Trackback | Comments(0)






連載「名山勝川ー傑作選IV- 日本の風韻を愉しむ」の2回目です。

2回目にして、ようやく(笑) FUJIFILM X による作品の登場。

あえての FUJINON XF 56mm F1.2 R による風景です。

ポートレイトレンズと言われるだけに絞りを開けた作品の多いこのレンズの絞った描写を観ていただきたい。

繊細に、且つ、硬くなり過ぎない描写は秀逸で、琵琶湖面の表情を見事に描写してくれました。

内容は、記事をご覧いただきたく(笑)


   


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-01-20 23:08 | Camera & Lens | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer