<   2015年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

癒やされるという言葉

c0198227_2156276.jpg

FUJIFILM X-E2  -> FUJIFILM
FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



我が家のニャンズもワンコもきっと私にとっては癒やしなのかもしれない。

が、彼らは私を癒やそうなんて思ってるはずもなく、好きなことをやっているだけである。

彼らにとって家がリラックスできる環境であることがおそらく一番重要な事だろう。

どちらかと言うと、私は彼らにとってはストレスなのかもしれない。

こっちの都合で撫でたり、抱き上げたり、起こされたり。

客観的に見てろくでもないヤツだと思うのだ。

ちなみに、甲高い声で、なんでもかんでも「いやされるぅ~」とかいう女は嫌いだ。

----

ところで、FUJIFILM Xシリーズの中で一番好きなシャッター感覚は、E2である。

少し重めのシャッター感覚、少し粘るような「スターン」と下りる感じが良い。

T1はやけに軽い感じがする。あえてそうしてるのか、どうなのかは知らないけど、

いまどきの趣味性の高いカメラである以上、

それなりにシャッター感覚については作りこまれていると思う。

いつか、Pro1、E2、T1、等、

それぞれについてのシャッター音や感覚のコンセプトについて聞いてみたいものである。


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-31 22:06 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

石仏はモノクローム

c0198227_950538.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM



石仏はモノクロームがいい。

石仏はモノクロームでしか撮ってはならない条例があってもいいくらいだ。

いっその事、毎月10日はモノクロームの日でもいいと思う。

そうしよう♪
 



 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-31 09:54 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

仲良く

c0198227_9155235.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM



さすがに、うちに来た頃とは違って、

キナとハナが一緒にいる時間は少なくなった。

それぞれにお気に入りの場所も違えば、生活リズムも違う。

でも、姉妹であることにかわりなく、

共通の関心ごとがあれば仲良く一緒に見ている。

小さい頃はジャレても体の大きかったキナが強かったんだが、

今は気の強いハナが勝つ様だ。

同じように育っても性格が全く違うわけで、

性格もDNAに存在しているのが明らかなのだ(笑)


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-31 09:20 | Diary | Trackback | Comments(0)

FUJINON XF 16mm F1.4 R WR な日

c0198227_1916673.jpg
c0198227_1916572.jpg
c0198227_1916351.jpg
c0198227_1916210.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM



昼飯食って、X-T1+XF16mmだけをもって、近所を徘徊。

今日も暑かったのですぐにへばる(汗)

スナップ中に眠気に襲われて、寺の境内の日陰で少し寝てしまった(笑)

自ら、ジジイかよっ!!! って突っ込む始末(汗)

このコンパクトな 16mm F1.4 レンズはとても扱いやすい優秀なレンズですな~。

風景よりも、スナップやポートレイトで使いたくなりますね。
 
 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-30 19:21 | Snap | Trackback | Comments(0)

昼飯はラーメン

c0198227_20593835.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM



なんだかんだと気が付けば14時近く。

昼飯はさっさと食えるラーメンに。。。

そしてラーメンといえば、「とんこつ」が私の基本です。

ラーメンもいろいろありますけど、とんこつが基本です(笑)

誰に何を言われてもこれは変わりません♪

しかし。。。

若くもないのでラーメンの強大なカロリーは困りものです(笑)


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-29 21:03 | Diary | Trackback | Comments(0)

Portrait of monochrome

c0198227_21265354.jpg

FUJIFILM X-Pro1  -> FUJIFILM
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  -> FUJIFILM

model : HARUKA



コンセプトワークなポートレイトよりも、

モノクロームのスナップポートレイトの方が

個人的に残る写真だと考えています。

でも、だからといって、

計算ずくで狙っても撮れるわけでもない。

そして、

計算ずくで撮れないからこそ良いのかもしれません。

巨匠たちが最終的にシンプルなモノクロームに回帰していったのも、

少しだけわかるようになった「かも」しれません。


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-27 21:35 | Portrait | Trackback | Comments(0)

モノクロームな日常

c0198227_23574015.jpg

FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 56mm F1.2 R  -> FUJIFILM



我が家の居間はもともと小さい庭に面していて、

家を建てた頃(私が中学生の頃)は、縁側があった。

私が大学に入り、京都のアパート(・・・の様な出入り自由な下宿w)に住んでいた頃、

親がどこかの業者にそそのかされてアルミフレームのサンルームに変わってしまった。

今はもう縁側の記憶がほとんど消えかかっているけど、

庭が今よりずっと広かった様に思う。

時を経て、親父もお袋も他界。

今、増築されたサンルームは、猫の遊び場になっている。

キナとハナは、今日も仲良く庭に来る鳥や庭を破壊し続けるポピーさんに話しかけている。

おまえら、長生きしろよな。


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-27 00:03 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

ちょっとだけ彩雲

c0198227_22193113.jpg
c0198227_22233061.jpg


FUJIFILM X30  -> FUJIFILM



オフィスを出る時間でも明るくなった事を実感して、

ビルを出た瞬間に向かう方向に彩雲があった。

最近、見てなかったので、すぐにカバンにあるX30を取り出して撮影。

僅かな色だったので、

こういう時はPLフィルタがあると色を強調できるのだがと思いつつ、

帰り途のホームセンター・コーナンで猫缶を山ほど買って帰った。

ホームセンターの駐車場で、これまた派手な夕焼け雲を見てしまって撮影(笑)

上空の大気の湿度が高いようだが、明日の天気はどうなんだろう?

今日はホントに蒸し暑かったよ。


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-25 22:25 | Diary | Trackback | Comments(0)

c0198227_19502554.jpg

FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM



広角レンズは読んで字のごとく、広く撮れるレンズである(笑)

ではどういった表現に向いているのかというと、

広さ感や高さ感を表現するのに向いているのはもちろん、

遠近感を強調するのに向いている。

反対に、望遠レンズは圧縮効果をその表現の特徴としている。

そして、寄れる広角レンズというのは、その表現の幅が大きいということであり、

これは非常に大きな長所となるのだ。

加えて、明るいF値を持つことは、そこにボケ味を付加する事も出来るわけであるから、

悪いはずもない(笑)
 
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-25 09:00 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

広角大口径で猫を撮る

c0198227_15374743.jpg

FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  -> FUJIFILM

model : KINA



XF 23mm F1.4 R でもそうだが、

広角の大口径で猫を撮ると、実に味のある写真が撮れる(と確信している)。

我が家の猫であっても、カナリの近距離で撮るのは結構難しくて、

すぐに動いてしまう(笑)

できれば、猫顔認識でもして欲しいところやけど、

絶対にできないだろうな~。

もし、テスト実装するなら私がテストしましょう(笑)


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2015-05-24 15:43 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。