小型のカメラバッグ

すっかりカメラ関連商品紹介コーナーと化しているBlogです。

-----
c0198227_2241481.jpg

SONY NEX-5



最近流行のミラーレス一眼。

私も SONY NEX-5 を使っています。

先日も次機種 SONY NEX-5N が発売されたりして、賑やかな状態です。

一眼レフに比べれば確かにコンパクトでかさばりませんが、交換レンズも一緒に持ち歩くとなるとやはりバッグが欲しいところ。

各機種専用のバッグも発売されていたりしてますが、ちょっと渋めに 小型のDOMKEバッグ(F-5XB)がちょうど良いんです。

レンズ付きの本体、交換レンズ2本、アクセサリや予備の電池なども余裕で格納できて、コンパクト。

散歩スナップ、フィールドウォークに最適です。



DOMKE F-5XB (Black)
c0198227_22111579.jpg



DOMKE F-5XB (SAND)
c0198227_22111766.jpg



DOMKE F-5XB (Olive)
c0198227_221119100.jpg



BEAMS DOMKE × bpr BEAMS / F-5XB
c0198227_22112168.jpg

c0198227_2211275.jpg






-----

HarQのおすすめ商品♪

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-28 22:13 | Diary | Trackback | Comments(3)

もしも、あなたがNIKON のFXフォーマットユーザであり、

極めて解像力の高いレンズを手にしたいと思い、

常用できる便利なレンズをお探しなら、

AF-S 50mm f1.4G、1.8G や SIGMA AF 50mm f1.4 HSM も良いでしょうが、

感動的な解像力とボケ味を両立させて、撮影スタイルを選ばず、

且つ、廉価な価格設定なスーパーレンズを私は知っています。

Nikon AF-S Micro 60mm F2.8G ED

Nikon AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G の影に隠れてちょいと地味なポジションですし、

手ぶれ補正である VR も付いていません。

明るさも F2.8 ですが、

このレンズの描写力と可用性は他の追従を許さないレベルです。

一番安いナノクリスタルコート採用レンズでもあります。

だまされたと思って使ってみてください。

c0198227_1514156.jpg

c0198227_1629369.jpg

c0198227_21372871.jpg





ところで、DXフォーマットのボディには、DXレンズの

Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VRNikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

が発売されているのですが、使ったことがないのでわかりません(汗)

何れのレンズも評判はかなり良いので、きっと幸せになれるレンズなのだと思います。



-----

HarQのおすすめ商品♪

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-25 15:14 | Diary | Trackback | Comments(6)

写真を始めると、だれでも比較的早期に購入するのはブロアーです。

千差万別、雨あられ、様々なブロアーが売られていますが、

どれを使っても一緒かというと結構困る製品もあります。

そもそも、ゴミを吹き飛ばすためのブロアーですが、

長く使ってると内部が劣化してきてゴミが出てきたり、

下手すると新品でも中からゴミの出てくるものがある(これ本当)

高けりゃ良いのかと思いきや、そうでもない。

私がずっと使ってて、中からゴミの出たことのないのは、

UN から販売されている 「 ハリケーンブロアー 」

安いし、おすすめです。マジで。。。

c0198227_1729183.jpg



-----

HarQのおすすめ商品♪

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-24 17:29 | Diary | Trackback | Comments(2)

レンズのお掃除・・・

すっかり、カメラ用品の紹介コーナーと化してきているこのBlogです(@_@)

私はこう見えて(どう見えるw)、道具として、機材の掃除やメンテナンスを欠かすことはありません(笑)

レンズの汚れ拭き取りに何を使ってます?

よく使われているのは、東レのトレシーに代表されるレンズ拭き用として販売されている布ですよね。私も持っています。

でも、透明なレンズの汚れ(特に指紋などの油分に由来する汚れ)は、レンズ拭き用の布で落ちにくく、うっすらと汚れが拡がっているだけな事が多いものです。

PLフィルタやNDフィルタを綺麗なレンズ拭き用の布で拭いてみればよくわかります。
実は汚れが落ちてないのです。ほとんどのゴミや汚れは落とせますが、油分に関しては決定的に落とすことが出来ません。まさかゴシゴシと拭くわけにもいきません。レンズやフィルタのコーティングは繊細なものですから、ゴシゴシ磨いてしまうとコーティングがはがれる原因になります。

そこで、私愛用のHAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3Mの登場です。

結構昔から売られている製品ですので、ご存じの方も多いでしょう。
これで軽くレンズの汚れをなぞる程度で簡単に油汚れは落ちてクリアになります。
ゴシゴシする必要はありませんし、何度拭いても落ちないストレスも解消です。

c0198227_1691972.jpg


-----

HarQのおすすめ商品♪

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-20 16:07 | Diary | Trackback | Comments(9)

ようやく L.C.W. Fader ND MK II可変フィルター**77mm を使用する時間が出来たので使ってみました。


結論から言うと、当たり前の事ですが 「すごく便利」。

NDフィルタを使う局面では、NDでの減光に合わせて絞りとSSを決める事になりますが、

絞りとSSを決めた後に、このNDの場合、減光量を決める事が出来る。という点。

もちろん、通常のNDでもある程度は可能ですが、可変NDはこの部分が自由。

それにND2~ND400の範囲で可変ですから、ND400を使うような局面では圧倒的に

使いやすいです。

ND2レベルでピントや構図など決め、ND400レベルで撮影が出来ます。

付けたり外したりは不要。

開放で長時間露光をかける事も容易。

わかる人にはわかる逸品です。

それも、KENKOのVDXよりはまともな価格です。

c0198227_1828322.jpg
SONY DSLR-A900
SONY Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM
L.C.W. Fader ND MK II可変フィルター**77mm



-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-11 18:30 | Diary | Trackback | Comments(6)

SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM

c0198227_23291216.jpg

SONY DSLR-A900 + SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM


400mmでも良く写ります(@_@)

今まで手に入れたレンズの中で一番焦点距離が長いのがこのレンズ。

SONY 70-400mm F4-5.6 G SSM

そもそも望遠を使わない方である。 使ったところで200mm程度。

しかし、このレンズの使用目的は掲載している写真の様な写真を撮るためではない。

そのうち、オープンになるでしょう。そのうちね。


-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-08 23:33 | Nature | Trackback | Comments(0)

SONY 35mm F1.4 G

c0198227_2320072.jpg

SONY DSLR-A900 + SONY 35mm F1.4 G


このレンズは、ちょいと評価が難しい。

今どきの流行レンズ的な、カリっと描写するレンズではない。

でも、解像力はある。

解像度は高いんだけれど、収差が多く残っていてコントラストが低い。

レンズ評価の指標に使われる MTF の値がよろしくないわけだ。

だから、ドイツの雑誌なんかじゃ最低の評価を受ける(笑)

F1.4~F2.0 では周辺減光も大きいし、周辺は絞り込んでも甘さが残る。

そこんとこわかって使わないとイケないわけだ。

でも、個性的で面白い。数値に表れないレンズの味というモノなのか。

このレンズでスナップするのは本当に楽しいのだ。意外に寄れるのも良い。

・・・・・かなーーーーーり、高いけど(汗)ね。

レンズはスペックだけでは語れないもんだすなぁ。

-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-06 23:27 | Snap | Trackback | Comments(2)

SONY Planar T* 85mm F1.4 ZA

c0198227_23104726.jpg

SONY DSLR-A900 + SONY Planar T* 85mm F1.4 ZA


どの 85mm/1.4 のレンズも細かい事を言わなければ大して違いはないのだ。

どのレンズを使うかなんて、撮る側の拘りでしかなく。

しかし、好きなレンズがあるのも事実で、

対して違わない少しの違いは、

撮る側にとってとても重要なファクターになり、

レンズの描写の違いとは関係のない部分で、

良い写真となる可能性が高まる。

しかし、

このレンズの美しく大きな前玉を宝石より好むのは、

カメラ女子だけだろう(ほんまか?)

-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-04 23:32 | Snap | Trackback | Comments(2)

京都という土地

c0198227_16273636.jpg

NIKON D700 + NIKON AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

私は京都という土地と関わる様になってから30年になる。

学生~社会人として関わっている。

自分の地元は奈良だから、京都を古都いうイメージで見てはいない。

京都は古都ではなく、非常に現代的な街である。しかし、ど田舎でもある。

全国に点在する「小京都」の方がずっと京都らしい外見だ(笑)

1000年前からの伝統と、現代文明が混在する街。

生粋の京都人 と 外から入って来た京都の住人 とは、まったく異なる文化である。

そして、よっぽどの事がないかぎり、その文化が交流することはない。

雅というものは、美しいが嘘も多いのである。

そこをわかっていないとしっぺ返しを食らうのである。



-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-03 16:45 | Snap | Trackback | Comments(4)

可変NDフィルタの価格

海外製品では少し前から見かけいましたが、
可変NDフィルタなるものが存在します。
先日、Kenkoから発売されたのでご存じの方も多いでしょう。

NDフィルタの役割は言わずとしれた「減光」です。

真っ昼間の長時間露光などで使用するND400(9段減光)
渓流や滝を白く流す場合などに使うND4(2段減光)、ND8(3段減光)
日中のポートレートなどで明るすぎる場合に使用するND4(2段減光)、ND8(3段減光)

などなど、
最近は、ND16(4段減光)もKenkoから発売されています。

それぞれ減光する量によって、NDフィルタを使い分けるわけですが、
可変NDフィルタは、一枚で減光量をND2~ND400程度の範囲で可変に出来ます。
この便利さは、数十秒~の長時間露光を昼間に行ったことのある人ならすぐにわかるでしょう。

Kenkoから発売されている製品は、
Kenko 可変式NDフィルター 77mm バリアブル NDX 77S-NDX
amazonで、¥49,502-です。これって高すぎません? 安いレンズ買えますよね。
このフィルタを製造するのに、安いとはいえレンズよりコストがかかりますかね?
私の答えは、否です。
製造量の問題と言う人も居ますが、それにしても理不尽な価格設定。

海外製品であれば、こういう製品があります。
L.C.W. Fader ND MK II可変フィルター**77mm
Amazon価格は、¥13,800-です。安くはないですが、PLフィルタ2枚分と思えばこんなものでしょう。
(それでも高いと思ってますがw)

確かにKenko製品は、色の変化が少ないとか言い分はあるでしょう。
しかし、この価格差。面白いですね。

ところで、Kenkoは、ND400を昨年モデルチェンジしています。
以前のモデルは結構安かったんですが、
モデルチェンジで商品名にProがついて非常に高くなりました。
ND400を使用すると赤っぽく写りますが、それを改善したなんて書いてましたけど、
ほとんど変わりません。実質、値上げです。
こういうところ、Kenkoって会社を表してる気がします。



-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
by HarQ | 2011-09-02 17:34 | Diary | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer