カテゴリ:Japan( 195 )

Autumn Leaves
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




秋の色の組み合わせで愉しむ。


  








人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-30 23:43 | Japan | Trackback | Comments(0)

正暦寺 (Shoryaku-temple, Nara, JAPAN)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/75mm 新東京物産株式会社




今年も正暦寺の紅葉を撮影した。

なぜか正暦寺の紅葉撮影は雨上がりの日が多くて、色濃い紅葉を撮影できている。

しかし、常に日陰のこの境内はかなり冷える。雨上がりだと湿度が高いのか特に冷えるのだ。

寒いのには結構耐えるが、湿度の高い冷え込みで指先の温度が下がると撮影しづらい。


  



2018年カレンダー絶賛販売中です♪






人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-23 17:37 | Japan | Trackback | Comments(0)

Persimmon, sparrow and cedar dead tree

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社





雨の柳生の地は、昼間も歩く人も見かけることは少ない。

雀はこの柿の木がお気に入りなのか、近づくと飛んで逃げるがすぐに戻ってくる。

いつもは見かけないから、きっと雨降りだからこの柿に止まるのだろう。

冷たい秋雨は十兵衛杉を幻想的に見せ、周りの音も消してしまう。

そして、遠い記憶がここにある。









人気ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-11-18 23:27 | Japan | Trackback | Comments(0)

Persimmon's view (Nara, Japan)
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm 新東京物産株式会社





柿の実のなる季節になれば、様々な背景で柿の木を撮る。

農村地域にいけば、まだ柿の木があるし、盛大に実をつけている。

柿の木は人が植えるものだから、瓦屋根の農家を背景にしたりして、人の営みも写真に入れたくなる。

秋の冷たい雨も柿の木に似合うのだ。

食べ飽きた柿の実も、昨夜食べたが子供の頃と同じ味がした。

こんな景色も今どきはノスタルジックに新しいモノとして見る人も多いらしい。



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-16 09:56 | Japan | Trackback | Comments(0)

Early autumn sign

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
7artisans 50mm F1.1
SHOTEN Mount Adaptor LM-FX M (B)




奈良の盆地にも秋の色がチラホラ見えてきました。

とは言っても、一番早く紅葉する桜はとっくに散ってしまっていますが(笑)

楓はこれからですね。

新しく来たレンズのボケを確認いたしたく、少し撮ってみました。

盛大に暴れるボケを好むか好まないか。それがこのレンズを気に入るかどうかの境目。

上手く使えば非現実感のある作品が簡単に撮れるかもしれませんよ?


    



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-11-03 23:15 | Japan | Trackback | Comments(0)

北斎-富士を超えて-

c0198227_17481526.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/24mm 新東京物産株式会社

北斎と応為 ( Hokusai & Oui )
FUJIFILM X30  (製品サイト)




近所の仕事ついでに、あべのハルカス美術館まで「北斎-富士を超えて-」の前半展を見に行ってきた。

チケットは買ってあって、本当は先週の平日に行くつもりだったんだが、風邪をひいてしまい予定した日に行けず今日になってしまった。

前半展は今日が最終日。土曜日というのもあってかなり混雑していました(汗)大人しくしてるとまともに展示を観るのもままならず、

図々しく且つ素早く拝見させていただきました。

しかし、

日本の美術を展示するために、大英博物館や海外の美術館の多くの所蔵品を借りなければならないというのはどうにも情けない気がします。

このあたり、投資価値以外に美術を評価しない「儒教思想」的?なものが未だに続いてる気がします。






人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-28 17:56 | Japan | Trackback | Comments(0)

Hasedera, NARA
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社





赤いCandy Red Lens を持って、遠き地より来た友人と共に長谷寺に向かう。

何度も通って撮影している長谷寺だ。

毎回同じような写真を撮っているようで意外に違う写真になるものだ。

「一度撮った場所をもう撮らない。」

こんなことを言うフォトグラファーもいるらしいが、それで何が撮れるのか不思議でならない。

何度も通って、観るものが撮る写真が変化していくものだし、撮る側の心持ちも異なり、季節も変わる。

この日は本堂の弘法大師像が気になって仕方なく、気がつけば何枚も撮影していた。

でも、出すのはこの一枚だけだ。

極度に明るいレンズの開放時のゴーストが光輪となり、独特の構図となった。

奈良の長谷寺は花の寺として名を馳せるが、本来は修行の寺である。

若い僧が境内を足早に行き交う景色は他の寺院にはない活気を感じる。

サラッと撮るのではなく、

そこに在る歴史や精神的な何かも写すことができれば、

写真の向こう側にあるモノを垣間見ることも出来るかもしれない。

おそらく。





人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-06 17:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

cluster amaryllis
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm




奈良で彼岸花と言えば畦道の光景である。

それはセットで風景を魅せる。

カメラマン誌での連載で掲載した明日香の棚田の風景もそうだ。

稲を収穫する前に彼岸花が咲く。

黄金色の差し色に彼岸花の紅が映えるのだ。

子供の頃から、田んぼに彼岸花は付いてるものだったし、どこでも一緒だと思っていたが、

どうもそうではないらしい。。。




新東京物産株式会社



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-27 22:38 | Japan | Trackback | Comments(0)

和 / Handevision IBERIT 2.4/75mm

hydrangea

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/75mm





あらためて、和を考える。

日本的なものを、なぜ和と言うのだろう?

「和をもって良しとする。」

農耕民族由来の村社会をスムーズに運営するために必要な和という意味だろうか。

争い事を避け、和やかである事。

これは確かに良いことだ。

でも、本当の和は日本には少ないような気がする。







ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-29 23:08 | Japan | Trackback | Comments(0)

Green Destiny ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




メインのロケ撮のあと、幸運にも素晴らしい場所を知ってしまった。

予定外に訪れたその場所は、京都や奈良でも見られない撮影に適した場所。

人も少なく、必要ならライティングの自由度も高い。

秋に期待。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-21 00:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。