カテゴリ:Japan( 189 )

Hasedera, NARA
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBELUX 40mm f/0.85 MK2 新東京物産株式会社





赤いCandy Red Lens を持って、遠き地より来た友人と共に長谷寺に向かう。

何度も通って撮影している長谷寺だ。

毎回同じような写真を撮っているようで意外に違う写真になるものだ。

「一度撮った場所をもう撮らない。」

こんなことを言うフォトグラファーもいるらしいが、それで何が撮れるのか不思議でならない。

何度も通って、観るものが撮る写真が変化していくものだし、撮る側の心持ちも異なり、季節も変わる。

この日は本堂の弘法大師像が気になって仕方なく、気がつけば何枚も撮影していた。

でも、出すのはこの一枚だけだ。

極度に明るいレンズの開放時のゴーストが光輪となり、独特の構図となった。

奈良の長谷寺は花の寺として名を馳せるが、本来は修行の寺である。

若い僧が境内を足早に行き交う景色は他の寺院にはない活気を感じる。

サラッと撮るのではなく、

そこに在る歴史や精神的な何かも写すことができれば、

写真の向こう側にあるモノを垣間見ることも出来るかもしれない。

おそらく。





人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-06 17:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

cluster amaryllis
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/90mm




奈良で彼岸花と言えば畦道の光景である。

それはセットで風景を魅せる。

カメラマン誌での連載で掲載した明日香の棚田の風景もそうだ。

稲を収穫する前に彼岸花が咲く。

黄金色の差し色に彼岸花の紅が映えるのだ。

子供の頃から、田んぼに彼岸花は付いてるものだったし、どこでも一緒だと思っていたが、

どうもそうではないらしい。。。




新東京物産株式会社



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-27 22:38 | Japan | Trackback | Comments(0)

和 / Handevision IBERIT 2.4/75mm

hydrangea

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/75mm





あらためて、和を考える。

日本的なものを、なぜ和と言うのだろう?

「和をもって良しとする。」

農耕民族由来の村社会をスムーズに運営するために必要な和という意味だろうか。

争い事を避け、和やかである事。

これは確かに良いことだ。

でも、本当の和は日本には少ないような気がする。







ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-29 23:08 | Japan | Trackback | Comments(0)

Green Destiny ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




メインのロケ撮のあと、幸運にも素晴らしい場所を知ってしまった。

予定外に訪れたその場所は、京都や奈良でも見られない撮影に適した場所。

人も少なく、必要ならライティングの自由度も高い。

秋に期待。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-21 00:25 | Japan | Trackback | Comments(0)

Emotional journey ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




これは当然だが演出している写真だ(笑)

残念ながら、私は撮り鉄さんではないし、

鉄道に特別な思い入れがあるわけではなく、

情感あるロケーションでモデルを配した作品を撮った。

---

最近は特にマナーを逸脱するどころか、

不法行為に及んでまで鉄道撮影を行う方々が増えているらしい。

先日見たSNSでは、撮影のために勝手に枝を切ってしまう輩もいた。

注意すると「ここはお前の土地か?お前の樹か?」などと、

いい年をしてガキみたいな言い訳をするらしい。

そういう行為に及んでまで撮影した彼らの写真の目的は何なんだろう?

写真が「他人に自慢するために撮るもの」だとしたら、

私とはあまりにも立ち位置が違ってて、不可思議としか言いようがない。

一生相容れない存在である。

  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-20 10:04 | Japan | Trackback | Comments(0)

at the temple
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 75mm f/2.4




石仏と聞いて古いお地蔵様などをイメージする人が多いだろうけど、

この石仏様は最近作られたもの。

今どきの柔和でちょっと漫画的表情が気に入っている(笑)

クラシッククロームをコントラストをあげ、重厚な感じに強調してみた。

Iberitレンズは、気軽に持ち出して使いやすいのかもしれない。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-10 13:51 | Japan | Trackback | Comments(0)

Japanese priestess festival

Japanese priestess festival

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




御神輿を担ぐお祭りが減っているらしい。

御神輿を担ぐのは、

少年にとっては憧れであり、

大人の男がヒーローになる時だ。

目上の人を尊敬することを知り、

若者の思いを知る。

いつの間にか、

そういう社会が少なくなっているんだろう。

御神輿を担ぐのは、少年が"責任"を知る時でもある。

緩く楽しむだけがお祭りではない。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-06 14:28 | Japan | Trackback | Comments(0)

Scenery with camellia

Scenery with camellia

Shakuraku Shrine ( 石落神社 )

Beyond the fence

Scenery with camellia

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




椿と言うのは咲いてる状態からすぐに痛みだしてしまうので、

花自体の美しいままのものを探すのは少々困難。

そして、

花自体よりもその落ちる景色に情緒がある様に思うのだ。

近所をぐるっと回って、椿のある景色を少し集めてみた。

  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-24 14:02 | Japan | Trackback | Comments(0)

c0198227_15433406.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




西大寺境内の南の端の一本植えてある「御衣黄(ぎょいこう)」

桜の栽培品種で、緑色の花弁が特徴。

開花が進むにつれてピンク色に染まり、花弁は白く変化していく。

あまり見かける事の無い品種なのだが、近所にあるので毎年観る事ができる。

「枝を切って持ってくな!」と看板を立ててあるのがちょっと残念でもある。

看板の有無ではなく、枝を持って行く人がいる。。。という点。

なんとも情けない話ではないか。。。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-23 15:49 | Japan | Trackback | Comments(0)

c0198227_15280852.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




一般の桜が散ると、

近所の西大寺境内は、牡丹桜の頃を迎える。

新芽の緑とともに美しい色が境内を飾るのだ。

決して数多くは無いが、

それでも境内を春の気配で満たすには十分である。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-23 15:32 | Japan | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。