カテゴリ:Monochrome( 401 )

Dignified, standing (Cocoro Kusano)

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/90mm




琵琶湖畔で涼しげに凛とした姿を写す。

現実は決して涼しい訳ではない事はお察しの通りだが(笑)

モノクロームで撮影するときは、

色感度というものを意識する事になる。

もちろん、カラーで撮影しておいて、

現像でモノクロームにする方が効率的で色感度について詳細に知ることができる。

慣れてくると、カメラのモノクロ設定の特性を知ることができるので、

撮って出しという選択肢も選ぶことができる。

色感度の特性により、光だけでも、被写界深度だけでもなく、

コントラストの出方を利用した不思議な立体感を演出することが可能となる。


  

ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-25 18:50 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Lakeside

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 2.4/24mm




コンセプチュアルな作品を細かく解説する気にはなれないので、

写真を観ていただいて、観た方がそれぞれの感想をもってくれればいいと考えている。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-19 23:20 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Wind forest ( Mari Shimizu )


model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)





湖面からの強い風が通り抜ける木立には、

生と死が共にあり、

穏やかな世界は死の礎に成り立つ。

自然の世界とは美しくも冷たくもあるものだ。

宿主を失った魂が如何にあるのかは知らないが、

少なくとも次の命に受け継がれるという摂理に輪廻転生は存在する。

個の欲にまみれた人間には無意味と見えるのだろうが。。。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-13 01:52 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Deer of The Nara Park
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 24mm f/2.4
Adobe Lightroom オリジナル モノクロ プリセット適用




フレームの下側には、

鹿の糞が山なりで存在していた。

写さなければ、写真の上では存在しない。

写真がすべてを示すとは限らない単純な例である。


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-06 10:06 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Deer of NARA
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 50mm f/2.4

a tree
HandeVision IBERIT 24mm f/2.4(Xマウント国内未発売)




6月3日にFacebookの友人限定で募集した「奈良鹿撮影会」を行った。

被写体の凝縮された地域である奈良という場所ではあるけど、

土曜日は流石に人が多く、

できるだけ人の少ない場所をコースとして歩いたのは良いが、

結果、4時間休み無しとなってしまった。

ゆっくり歩いたとは言え自分のペースで回ってしまった点に反省(汗)

あと、もっと笑いを取り入れるべきだったな~と(汗)

当然、ガイド役であるので私は基本的に撮影をやりませんが、

参加メンバー皆さんが撮影集中してる間に数枚撮影させていただきました。

撮影した写真を見せていただくと、皆さんそれぞれにいい写真を撮られてて良かったです。

ご参加ありがとうございました♪

次回もお楽しみに(笑)ちょっと歩く量を減らします(汗)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-05 00:31 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

The Wind

The Wind ( Mari Shimizu )


model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)





作品です。


毎回、狙っているイメージを確実に撮れるわけではないけれど、

自然のロケーションで撮る以上、それは必然的なことであって、ネガティブな捉え方をすることはない。

逆に、その時々のコンディションを味方につけるのが正解であり、その偶然性をポジティブにもって行けてこそ写真であり、

モデルとフォトグラファーの力量だと思うのです。


  



ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-06-04 00:10 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Drifting mind ( Mari Shimizu )


model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




「写真の構図の中で光は常に相対的な存在である。」

ものすごく当たり前のことを言い続ける私です(笑)

さて、ではその実践をどうするか?

ってところですが、

セミナーという形でやっていきたいと考えています。


  

ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-02 18:34 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

Artifacts and nature ( AIRA )

model : AIRA

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




作品的写真を撮ろうとする時は、明確に広角レンズを使っている。

しかし、

いい結果が出ているかどうかは、

その時のモチベーションが最も重要である(笑)


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-26 23:15 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

A lake tree
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  (製品サイト)




残念なことに、

春になり、

新芽が出て、

葉っぱが生い茂ると、

枝ぶりの美しさを撮ることが出来なくなってしまう。


  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-04 08:20 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

猫のいる生活 / FUJIFILM X30

c0198227_14220478.jpg

FUJIFILM X30  (製品サイト)




猫と一緒に暮らすのも良いものである。





ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-04-28 14:31 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。