カテゴリ:Photograph( 231 )

c0198227_23431384.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




写真家(作品としての写真を撮る人)にもっとも必要なモノは何か?

・写真の上手さ?

・感性の豊かさ?

・良いカメラ?

・賞歴(笑)?

さて、あなたならどう答えるだろう?

アマチュアもプロも関係なく必要なモノはなんだろう?


私の答えは、


「 情 熱 」


この1点のみ。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-03 23:48 | Photograph | Trackback | Comments(3)

c0198227_11564245.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




咲いてる紫陽花を撮ろうにも、なかなか撮り辛い場所であったりする我が家。

今年は大きく咲いていないので、摘んでガラスの花瓶に生ける。

彩度を落とし気味のVelviaが私の紫陽花定番だ。

広い庭ならもっと浮き上がらせられるが、

狭い庭だからボケもイマイチ(笑)

まぁ、いい。

これはこれでいい。

それにしても、このレンズは良い。

少し遠目の焦点距離だが、使いやすく解像も際立って、色乗りも良い。

流石は、Carl Zeiss だ。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-29 12:04 | Photograph | Trackback | Comments(0)

釈迦

c0198227_22571318.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




近所の喜光寺で蓮が咲いてるので行ったのだが、

相変わらず花が苦手な私は、

気づけば釈迦像を撮っていた(笑)

蓮、前ボケにしか使ってないや(汗)







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-27 23:14 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_025508.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




写真スランプだな。。。と感じて早2年(笑)

スランプなんかじゃなくて、

コレが当り前なんだと思えるようになった。

スランプって言い訳してるようじゃまだまだ未熟者。

誰のためでもなく、自分の撮る視線に自信を持つべきだ。

ってわけで、誰か作品モデルお願い(笑)










Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-26 00:29 | Photograph | Trackback | Comments(0)

a good time ...

c0198227_0332110.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




誰でも良い時があれば、悪い時もある。

良い時というのは、その時は無意識なものだ。

後から思い返せば、実に至福の時間だったりするんだが、

残念ながら、その時にそうは思っていないのが普通だ。

何気なく撮った、狙っていないスナップ写真はそういう記憶を喚起させる。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-15 00:43 | Photograph | Trackback | Comments(2)

c0198227_0311714.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




サラリーマンが、副業でカメラマンをやるのはダメなのか?

という命題があるとしよう。

もちろん、サラリーマンの勤務する会社の副業に関する規定については触れない事として考える。

・副業というものは否定されるべきものか?

 二足のわらじを履くことなど今どき普通である。なので、否定する人はいないだろう。そもそも、カメラマンという仕事が特別副業で行われて問題のある仕事ではなく、逆に副業にしやすい仕事であると言える。
 
・質の問題?

 副業だから安くて質が悪い。というのは往々にして信じられそうだが、それは本質的な話ではない。副業=安くて質が悪い という公式はおかしい。そもそも安くて質が悪くていい仕事が存在するのではないのか? 本業カメラマンでは受けられない様な価格の仕事があり、その受け皿になってるのではないのか? と考える方が真っ当だと考えられる。
 
・デジタルが下げた敷居

 カメラのデジタル化は、写真撮影技術の敷居を下げた。それは、撮影のフィードバック効果だ。つまり、撮った写真をその場で見て補正して撮り直す事ができるようになった。それが仕事としての写真の価格を下げた。副業カメラマンが増えるのは至極当然だ。フィルム時代に存在した"技術レベル" が下がった事により、供給する側が単純に増えたのだ。だから安くなる。ってだけのことだ。
 
・課題はドコにあるか?

 問題はクライアントが求める品質と、副業カメラマン?が提供できる品質に大きな差がある場合だ。しかし、そこに大きな差があるとしても、それは双方イーブンな責任であり、副業カメラマンが一方的に悪いわけでもない。
 
不思議な事に、ソフトウェア開発の現場等では、バイトプログラマもフリーの本職プログラマも仲良くなってるし、本職がバイトをバカにするような事もない。なぜか、カメラマンの場合はそうではないのが不思議でならないが、仕事の単価を下げているのが副業カメラマンだという先入観がそう思わせているのかもしれない。実のところ、単価を下げてるのはオーダーを出してる側だと思うんだが。。。

思いつきで書いてるので、内容については穴だらけなので突っ込まないように(笑)






Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-08 00:58 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_23155040.jpg

FUJIFILM X30  (製品サイト)




今日、仕事先で聞いた話。

ある若いカメラマンが講師をしている「社会人の為のプロカメラマンになるためのセミナー」では、

最初、

1.サラリーマンが副業をする為に参加した受講者

2.持参のカメラがミラーレスの受講者

に対して、受講をやめなさい! と言うらしい。

発言が、実にハードだなぁ(笑)

社会人相手なのに、1を否定するのだろうか? イキナリ本業に出来るとも思えないのだが(笑)

若い講師なのに、2を否定してるのも不勉強。というか、頭が古い。

確かに、今のミラーレスで撮り辛い被写体はある。 

が、極わずかだ。

それよりも、選択する機種に頼る部分が大きい。

一眼であってもミラーレスより被写体の幅の狭い機種は存在する。

仕事で使うなら、主力で使える機体を複数持つべきだし、そっちの方を言うべきだと思う。

ちなみに、私は、” ミラーレス ” で殆どの仕事をするが、問題になった事は一度もない。

ミラーレスどころか、コンデジで仕事撮影することだってある。

カメラも人も適材適所。頭の堅い事言ってると、スグに時代遅れになりますよ?







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-06 23:27 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Water of life

c0198227_0451074.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)

model : Mari Shimizu




誰もが大きな流れの中にいるものだ。

流れに逆らう

流れに乗る

全ては自分次第ということだ

ルールが無い事を憂うくらいなら

自らがルールで在ろう

声高に叫んでみても

聞くものなどいない








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-05-20 00:48 | Photograph | Trackback | Comments(0)

ピント位置の違い

c0198227_14554019.jpg
c0198227_14554242.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)



同じような構図で、ピント位置だけでわかりやすく主題を変えてみました。

写真の完成度はともかく(笑)

どっちがお好みでしょうか?

ピントとボケは写真において重要な要因ですね?







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-04-19 15:00 | Photograph | Trackback | Comments(0)

光ありき

c0198227_1464291.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)

又兵衛桜




写真にとって、絞りとはとても重要なエレメントだ。

そして、

昨今は解像力を重要視”し過ぎる”事によって回折ボケを忌み嫌う風潮にあったりする。

印象的な光を目にした時、

あえて、微かに回折を起こす程度の絞りにする事も、その光を捉える上で重要な方法となる。

本に書かれた常識にとらわれていたら、その他大勢を脱することなど出来ない。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-04-11 14:15 | Photograph | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。