カテゴリ:Photograph( 226 )

Cluster amaryllis

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)




FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR というレンズは、Xユーザとしては大きくて重い。

それは、FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR においても同じ事が言える。

でも、赤バッジは伊達ではない。

その描写性能と信頼感は、「単焦点要らないかも?」と思わせるものだ。

但し、そのトレードオフとして大きく重い(汗)

ブースターグリップでもつけない限り、ボディとのバランスは決して良いとは言えない(笑)

よく言われる大三元レンズの一角を担うわけだが、フルフレームの 70-200mm F2.8 に該当する。

たまに、このレンズの三脚座がデカイという話を聞くが、私はそうは思わない。

ガッチリ固定できる三脚座はとても重要な性能だと考えている。

私としては、この赤バッジのレンズが出た事で、

FUJIFILM が X をもって仕事に使えるシステムにしようと本気で考えている事を確信した。

できることなら、XF 8-16mm F2.8R LM OIS WR あたりを赤バッジで出してくれないだろうか(笑)

あ、それと、チルトシフトなレンズと♪







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-20 19:08 | Photograph | Trackback | Comments(2)

Colors of Velvia / FUJIFILM X-T2

Colors of Velvia

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




ベルビアの鮮やかに深い色は、緑色でもっとも発揮され、

アンダー目にした時にもっとも美しい色となり表現できる。

と、勝手に思っている。

逆に、ハイキーにした時には、失いがちな色を残す事も出来る。

曇天では微かな色を拾い上げ、モノクロームにしかならない景色も独特の色合いで表現する。

うまく使えなければ、ピーキーとも言えるこのフィルムシミュレーションは簡単に破綻する。

それだけに、興味深く面白いと言える。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-09-14 22:35 | Photograph | Trackback | Comments(0)

岬にて / FUJIFILM X-T1

At Cape

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)

Model : haruka




私にとって、FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS というレンズは、作品撮影において非常に重要な役割を受け持つ。

私の作品の殆どが、広角レンズによって撮影されている。

広大なロケーションを利用するがゆえのことなのだが、

とにかく、広角が好きなのだ(笑)

もちろん、ボケを利用した立体感のある写真も好きだが、

広角レンズによる撮影はもっと面白い。

これで、防塵防滴仕様になれば、加えて、赤バッジのプロ仕様の頑丈さが加われば文句なし、である。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
by HarQ | 2016-08-29 01:04 | Photograph | Trackback | Comments(0)

向日葵畑

a Honey bee

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)





同じ向日葵を撮るにしても、

何をどう見せたいのかが明確になっていないと、

凡庸な写真ができあがる。

見せたいところが違えば、

まったく異なる写真となる。

今どきはインパクトだけ重視したインスタントな写真がもてはやされているけど、

スマホでしか見ないレベルが大勢を占めるからそうなるんだろうな。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-08-03 10:34 | Photograph | Trackback | Comments(0)

葉影はかげろう

Shadow of leaves

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 1.8/32  (製品サイト)




「さつまいも」から芽がでていた

芽の出ていた辺りを切り取って

水を入れた皿にいれて

台所の窓に置いておくと

そのうちに芽が育ってくる

生命力は凄いな? 

なんて

ありきたりな事を言うほど純粋ではない

どこまで大きくなるんだろう

ほどなく、小さな皿では厳しくなる

「さつまいも」というのは

痩せた土地でこそ良い芋が採れると聞く

しかし

このままでは根を伸ばせないから

芋なんかできようもない

さつまいもにとってジレンマなはずだ

葉を大きくしたは良いが

この先の展望はない

どうする?「さつまいも」







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-30 00:18 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_23431384.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




写真家(作品としての写真を撮る人)にもっとも必要なモノは何か?

・写真の上手さ?

・感性の豊かさ?

・良いカメラ?

・賞歴(笑)?

さて、あなたならどう答えるだろう?

アマチュアもプロも関係なく必要なモノはなんだろう?


私の答えは、


「 情 熱 」


この1点のみ。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-07-03 23:48 | Photograph | Trackback | Comments(3)

c0198227_11564245.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




咲いてる紫陽花を撮ろうにも、なかなか撮り辛い場所であったりする我が家。

今年は大きく咲いていないので、摘んでガラスの花瓶に生ける。

彩度を落とし気味のVelviaが私の紫陽花定番だ。

広い庭ならもっと浮き上がらせられるが、

狭い庭だからボケもイマイチ(笑)

まぁ、いい。

これはこれでいい。

それにしても、このレンズは良い。

少し遠目の焦点距離だが、使いやすく解像も際立って、色乗りも良い。

流石は、Carl Zeiss だ。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-29 12:04 | Photograph | Trackback | Comments(0)

釈迦

c0198227_22571318.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)




近所の喜光寺で蓮が咲いてるので行ったのだが、

相変わらず花が苦手な私は、

気づけば釈迦像を撮っていた(笑)

蓮、前ボケにしか使ってないや(汗)







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-27 23:14 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_025508.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




写真スランプだな。。。と感じて早2年(笑)

スランプなんかじゃなくて、

コレが当り前なんだと思えるようになった。

スランプって言い訳してるようじゃまだまだ未熟者。

誰のためでもなく、自分の撮る視線に自信を持つべきだ。

ってわけで、誰か作品モデルお願い(笑)










Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-26 00:29 | Photograph | Trackback | Comments(0)

a good time ...

c0198227_0332110.jpg

FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)




誰でも良い時があれば、悪い時もある。

良い時というのは、その時は無意識なものだ。

後から思い返せば、実に至福の時間だったりするんだが、

残念ながら、その時にそうは思っていないのが普通だ。

何気なく撮った、狙っていないスナップ写真はそういう記憶を喚起させる。








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
by HarQ | 2016-06-15 00:43 | Photograph | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer