カテゴリ:Photograph( 238 )

Pomegranate and chestnut
FUJIFILM X-E2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社





ザクロと栗をいただいた。

なので記念写真を撮ってみる。

BLOGに出す静物写真は基本的に同じ場所で同じようなライティングにすることが多い。

仕事でもないので、時々は自然光のみだし、時々は高演色な蛍光灯だ。

先日、X-E3が発売された。少しだけ触ったけどいいカメラだと思う。

Pro2やT2と同じ感光素子に画像エンジン。コンパクトなボディに詰め込んだ性能は計り知れない。

でも、X-E2ユーザに気を使うわけではないけど、E2はとても良く出来たカメラだ。

T1もE2もまだまだ現役で使い続けると思うのだ。


  


人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-10-11 10:16 | Photograph | Trackback | Comments(0)

cluster belladonna
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)




琵琶湖撮影ガイドツアー1が無事終了。

彼岸花の季節でもあり、広角から望遠までのメニューを楽しんで頂けたと思う。

参加した方々も満足いただけたようだ。

参加メンバーは3名でしたが、

それくらいのほうが密度濃く助言できてやりやすい。


次回、琵琶湖撮影ガイドツアー2は10月22日を予定しております。


琵琶湖での長時間露光ワークショップは10月29日または11月に予定しています。

こちらは日中長時間露光撮影における構図の考え方、

風景の抽象化について現場での説明も含みます。


  


人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-24 23:14 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Green incense ( Mari Shimizu )
model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/35mm 新東京物産株式会社






湿り気を帯びた風も冷たく。

少しだけ季節が夏から秋へ変わったらしい。

陽射は夏で、陽陰は秋。

生い茂る緑も間もなく枯れ、季節は巡る。

輪廻とはそういうものだ。

変わらないものなど無いが、

メトロノームが刻むリズムで繰り返される。

忘れてしまえば、明日からまた新しい世界は始まる。

忘れさえすれば。








人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-18 11:20 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_23205804.jpg

c0198227_23205982.jpg

c0198227_23205904.jpg

c0198227_23224296.jpg

c0198227_23205901.jpg


FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F2 R WR  (製品サイト)
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  (製品サイト)




昨日、相原正明氏の写真展【音と光の間】(桂花團治襲名を通して見た、落語の世界)を拝見してきました。

記録性と作品性を両立させている次元の高さに、観ている者もその場に居るような錯覚を覚えてしまいます。

言葉で説明をしても伝わらないので是非観ていただきたい写真の数々です。


【音と光の間】(桂花團治襲名を通して見た、落語の世界)

会場: 富士フォトギャラリー大阪
会期: 2017.8.31(木)~ 9.6(水)
時間: 平日 10:00-19:00 土日祝 10:00-18:00 最終日 15:00まで

 



人気ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-09-01 23:30 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Jeanloup Sieff (1933-2000)

c0198227_11125020.jpg

c0198227_11124982.jpg

FUJIFILM X30  (製品サイト)




写真家 Jeanloup Sieff (1933-2000)

彼には遠く及ばない自分ですが、少しでも近づきたいと願います。

でも、真似をする気はサラサラありません。

ひと目見て判る Jeanloup Sieff の写真であるように、

自分の写真もそうでありたいと思うだけです。






人気ブログランキング




 

[PR]
by HarQ | 2017-08-30 11:22 | Photograph | Trackback | Comments(0)

c0198227_10554406.jpg





富士フォトギャラリー 銀座 <スペース2>

8月4日(金)~ 8月10日(木)

HarQ Yamaguchi photo exhibition 「Introduction」

ギャラリートーク:
 
 8/4 18:00-
 8/5 14:00-
 8/6 14:00-

 
富士フォトギャラリー銀座

3月に大阪で行った写真展を銀座で行います。

皆様お誘い合わせの上ご来場くださいませ。いや、お誘い合わせでなくてもいいですけど(笑)

ギャラリートークは関西弁で行いますので、関西弁アレルギーのある方はトーク時間を避けてお越しいただくことをオススメします。


ブログランキング





[PR]
by HarQ | 2017-07-19 00:00 | Photograph | Trackback | Comments(0)

麦畑 / FUJINON XF 56mm F1.2 R

Wheat field ( Mari Shimizu )

model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)







麦畑も面白い空間となる。





  

ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-06-30 23:40 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Mourning Forest ( Mari Shimizu )

model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




たまに、

「モノクロの良さがわからない。」

という人がいる。

だからといって、「写真がわかってないな~」とは思わない。

色で視覚認識をするのは当たり前だし、視覚情報の半分は色である(割合はいい加減ですw)。

その色を排除することの困難さを知っている人ならではこその発言だと考えている。

モノクロは面白い。

最初はモノクロフィルムしか無くこれがスタンダードだったのに、

カラーフィルムが一般的になると、モノクロで撮る意味とか言いだす人が出てくる。

写真は厳然とそこにあるわけで、あーだこーだ言ってるのは周辺の人達でしか無い。

モノクロで撮る意味?

面白いからに決まってる。

  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-31 16:35 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Sand dune mode ( Cocoro Kusano )

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




自分はロケ撮影において、

比較的天候や雲を味方につけている事が多い。

が、

実際のところ、自分が自然に合わせている事も多い。



  


ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-22 17:59 | Photograph | Trackback | Comments(0)

Sand dune mode ( Cocoro Kusano )


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




私はだだっ広い何もない場所が好きである。

たとえモデルがいなくても、砂丘で作品写真を撮る。

・・・というか元々撮ってた(笑)

モデルを起用したコンセプチュアルな作品を撮る上で最初に思い至ったのは砂丘。

---

砂丘は風が強く、砂塵が舞う。雨雪よりも機材には質の悪い敵である。

防塵性能は極めて重要で、

かなり前になるが風景撮影で数本のレンズ(すべてズーム)が破壊されている(汗)

幸い、Xを扱うようになってから砂丘で機材を壊した事はない。

それなりに、経験から得ているノウハウがある。


  



ブログランキング




 
[PR]
by HarQ | 2017-05-19 11:13 | Photograph | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。