ロケーション的ポートレイト / KIPON IBERIT 2.4/50mm

Lake shore moment (Mari Shimizu)
model : Mari Shimizu
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社






自分の場合、自然の中でモデル撮影をする場合は一般的に言う悪天候が結構多い。

モデルによれば、悪天候を呼んでるんじゃないか?と思う人もいる(笑)

しかし、写真的には歓迎ではある。

特に風は強い臨場感を生み出すし、風の似合わないモデルは極めて少ない。

ときに風で顔が隠れたとしても雰囲気最優先である(笑)

しかし、写真で有効な風というのは現実的には強風に分類されるだろう。

スタジオでも風を起こす時にどれだけ強風が必要かやったことのある人間なら判る話。

そして、真夏でもない限り、強風は体感温度は極めて低くなる。

モデルというのはその他諸々結構なパフォーマンスを必要とする。

キレイ・カワイイ だけでは間に合わないものである。



  




人気ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/28052253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2017-10-19 11:58 | Portrait | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。