嘆きの森 / FUJINON XF 56mm F1.2 R

Mourning Forest ( Mari Shimizu )

model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)




たまに、

「モノクロの良さがわからない。」

という人がいる。

だからといって、「写真がわかってないな~」とは思わない。

色で視覚認識をするのは当たり前だし、視覚情報の半分は色である(割合はいい加減ですw)。

その色を排除することの困難さを知っている人ならではこその発言だと考えている。

モノクロは面白い。

最初はモノクロフィルムしか無くこれがスタンダードだったのに、

カラーフィルムが一般的になると、モノクロで撮る意味とか言いだす人が出てくる。

写真は厳然とそこにあるわけで、あーだこーだ言ってるのは周辺の人達でしか無い。

モノクロで撮る意味?

面白いからに決まってる。

  


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26703364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2017-05-31 16:35 | Photograph | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。