攻める35mm / Handevision IBERIT 35mm f2.4

Maple leaves

Shiran

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




APS-Cセンサーサイズでの35mmは標準画角なレンズと言われる。

気分的な問題ではあるけど、自分の場合は攻めてない時の画角でもある(笑)

より広角であったり、より望遠を付けている時は、狙いが比較的明確な事が多く、

35mmは悪い意味でどっち付かずな焦点距離で、普段付けている事が多くなる。

とはいっても、適用範囲の広いレンズということだ。

今どきは、標準で付けるレンズはズームレンズが一般的だから、

はじめての単焦点レンズに明るい35mmを勧められる事も多いらしい。

Xマウントなら、FUJINON XF 35mm F1.4 R や FUJINON XF 35mm F2 R WR あたり。

いずれもとてもいいレンズだ。

おそらく勧める方としては、

使う人がどんな使い方を求めてるか往々にしてわからないので35mmを勧めるのが無難なのだと想像する。

となると、ズームレンズよりボケを期待できるF1.4やF2あたりの明るいレンズを勧めているはずである。

そういう意味で、この Handevision IBERIT 35mm F2.4 というレンズははじめての単焦点向きではない。

同じ35mmでも、攻めている35mmである。コンパクトではあるがF2.4という凡庸なF値だし、

ましてやマニュアルフォーカスである(笑)

しかし、私がこのレンズを好んで使っている理由はその味のある描写だ。

私としては、攻めていないはずの35mmなのに、攻めている35mm。

なんだか良くわからないことを書いているが、まぁ、そういう事です(笑)

国内では販売していない Xマウントの Handevision IBERIT 35mm f2.4 ですが、

ebayやB&Hで購入できます。

ボケ量に頼らず積極的に選択する 35mmというのも中々良いもんですよ?



ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26700964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こだっこ at 2017-05-30 20:36 x
攻める、攻めないは、ノリ(テンション)のことと思いますが
結局は、このレンズ(画角)に戻ると思いますよ
自分の心を写したいときって、ありますよね
そのとき、持ち出すレンズが私の場合は50ミリです
それ以上でもなく、それ以下でもなく
画質など、講釈に過ぎないレンズです
Commented by HarQ at 2017-05-31 12:12
> こだっこさん
コメントありがとうございます~
by HarQ | 2017-05-30 17:50 | Nature | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。