楓葉 / Carl Zeiss Touit 2.8/50M

Green maple leaves
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




APS-Cセンサーに対応するミラーレスシステム向けの Carl Zeiss Touitシリーズは3本出てそのままだ。

Carl Zeissは SONYのFEマウントに御執心らしく、

SONYとの蜜月関係が長く続いている。

残念なことに、

Touitシリーズの拡充については考えていないらしい。

考えるに、

Zeissというのは画素数が多いほどレンズ性能が問われ、

そこに Carl Zeiss の活躍できる場があると信じている様だ。

ある意味では正解だろうが、別の意味では不正解だと私は考えている。

いくら Carl Zeissという名前があるとはいえ、

サードパーティレンズである事に違いはない。

既存ユーザを不安にさせる様な戦略は褒められない。

Touit 2.8/12 、 Touit 2.8/50M は名作だと思ってるけど、

フルフレーム向けのレンズシリーズに御執心が過ぎると、

Touitシリーズはもうやる気はないのかな? という気になってくる。


  


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26673776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2017-05-20 00:30 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。