近所の藤棚 / FUJINON XF 35mm F2 R WR

Wisteria trellis

Wisteria trellis

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F2 R WR  (製品サイト)




外出から帰ってくる途中で、藤が咲いていたのでスナップ。

持っていたレンズが、23mmと35mm(笑)

予想して、せめて50mmは持ってくればよかった(汗)

藤を撮る時の定番は、色少な目のVelviaの明るめ(笑)

たまに、

「T2持ってるのになぜT1も使うのか?」と聞かれることがある。

同じような質問に、

「35mm 沢山持っておられるみたいですけど、使い分けは?」とも。

明確な基準は無いし、決める気もないですが、

作品撮り目的なら、T2持って出るし、レンズも大きさ重さ関係なく持ち出しますけど、

出かけついでなスナップしか撮りそうもない時にそういうセットは持ち出さないだけ。

とはいえ、T1もE2も現役のカメラですし、不足を感じるシーンも少ない。

年がら年中動体を追いかけて歩いてるわけでもなく(笑)

それと持ち出すレンズは、気分で決まります。

ちなみに、現在保持している Xマウントの35mm単焦点レンズは、

FUJINON XF 35mm F1.4 R
FUJINON XF 35mm F2 R WR
Handevision IBERIT 35mm f2.4
ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 35mm F0.95 II

作品撮影でもスナップでもすべて稼働してますね(笑)


  


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26627867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2017-05-01 17:52 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。