八幡堀 / Handevision IBERIT 35mm f2.4

In the old town


model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
HandeVision IBERIT 35mm f/2.4




この Handevision IBERIT というレンズの特徴を上げると、

・ピントが合わせやすい(山が明確)
・コンパクト
・格好いい
・金属製でがっしりしている
・解像力はそこそこ
・逆光に弱い
・トーンは綺麗に出る
・フィルムで撮ったような描写
・開放では柔らかくF5.6で最も解像する

といった感じか。

マウントは、Mマウント、Eマウント、Xマウントが出ていて、ミラーレス(Mマウントもミラーレスだなww)対応。

コンパクトさは素晴らしくて、小さなレンズポーチに入れて、メッセンジャーバッグなどに数本放り込んでも大してかさばらない。

マニュアルフォーカスのレンズを使うと、必然的に丁寧に撮ることになるので結構お勧めだったりします。


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26528457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2017-03-25 01:18 | Portrait | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。