風景スナップ / ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 35mm F0.95 II

琵琶湖疎水

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




SPEEDMASTER 35mm F0.95 II は、

絞りリングにクリックが無いので確実なF値を言えないのですが、

F8-9辺りでの撮影です。

コントラストは結構出るので解像している様に見えますが、

万能なレンズというのは中々無いものです。

遠景の解像力がそれほどでもないこのレンズは風景には正直向きません。

このレンズの使い道は結構明確で、被写体を浮き上がらせるような撮影。

出来るだけ絞りを開けて、テーブルフォトやポートレイトに活用する。

その時、あなたは幸せになれます♪



ちなみに、マニュアルレンズでX-T1を多用する理由は、

T2ではコマンドダイヤルボタンにされてしまった、

フォーカスアシストボタンが使いやすいからです(笑)


  



ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26279113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takuts10 at 2016-12-31 09:14
これと18-135があれば、旅は万全かなって思っているのですが、HarQさんの意見をお伺いしたいです。
Commented by HarQ at 2016-12-31 20:38
> takuts10さん
これか、FUJINON XF 35mm F1.4 R かってとこですかね♪^^
Commented by takuts10 at 2016-12-31 22:21
いつも、質問しっぱなしですが、本当にありがとうございます。ほんと感謝の気持ちでいっぱいです。来年もよろしくお願いします。このコメントへのお返事は不要です。
by HarQ | 2016-12-30 23:34 | Landscape | Trackback | Comments(3)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer