柿景 / ZHONG YI OPTICS SPEEDMASTER 35mm F0.95 II

Persimmon scene
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
中一光学 SPEEDMASTER 35mm F0.95 II




半ば強引ともいえる(笑) 開放F0.95での写真。

このレンズで撮るときは、F1.4未満で撮ることが多く、

風景や自然であっても同じである(笑)

今までは絞って撮影するのを基本にしてきたけど、

このレンズだけは別だ(笑)

50mm画角ではあるけど、現実には 35mm F0.95 のボケ量だから、

フルフレームの F1.4よりもほんの少し多いくらいだろうか?

いずれにしても、自分的には今までやってこなかった撮影方法になるので、

未だに表現方法を試行錯誤しているところだ。

それにしても、拡大してピントを合わせても若干怪しいF0.95(笑)

これで鹿は撮れるのだろうか?(ピントねw)





ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26226506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 千翔 at 2016-12-14 18:03 x
明るくてうんと寄れるレンズということでVoigtlander NOKTON 25mm F0.95をマイクロフォーサーズで使用していますが、Xマウントで使用可能なレンズでF0.95のレンズがあったのですね。山口さんのブログを拝見させていただくたびに購買意欲をそそられております。カメラ貯金に励まないと。(^_^;)
Commented by HarQ at 2016-12-14 22:59
> 千翔さん
励んでくださいまし(笑)
以前のライカレンズのような描写がとてもいいのです。
Commented by TAK at 2016-12-14 23:25 x
HarQさん、ほんといいレンズを教えてくださってありがとうございます!
Commented by HarQ at 2016-12-14 23:42
> TAKさん
いえいえ、どういたしまして(笑)
良いものは良い。。。ってだけなので♪
by HarQ | 2016-12-14 13:50 | Nature | Trackback | Comments(4)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer