意図せずに出会う風景 (2009)

A cow and a high pressure transmission steel tower





確か、

長野県の某所で偶然に出会った景色。

そもそも牛の放牧に出会う事自体が少なく、数えるほどしかないのに、

山の上の道で妙に高圧線が地上から低く、

偶然にもホルスタインと同じ構図に入れられる場所を走って探した。

そう、わかる人にはわかるであろう、ピンクフロイドの「原子心母」のイメージだったからだ(笑)

この先も同様の景色に出会う事はないだろう。

もう、7年も前の撮影だった。

月日の過ぎるのは早いもので、

気に入った写真の数を考えれば打率の悪いバッターみたいなものだ。

デジタル化のおかげで、

スタートダッシュの初心者からのレベル向上の楽になった写真の世界だが、

そこから先は、フィルム時代から変わらない。

実質無料で数が撮れるデジタルは、時として方向性を見失う可能性も大きい。

底上げに果たしている功績は多大だが、

もっとその先には寄与していないかもしれないね。


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26194646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-12-01 23:29 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。