In the sea breeze / FUJIFILM X-T2 with EF-X500(Proto)

In the sea breeze (KT)

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16mm F1.4 R WR  (製品サイト)
FUJIFILM EF-X500  (製品サイト)




FUJIFILM から借りている EF-X500(試作機)をようやく使う機会があったので、

FP発光での日中シンクロを試してみた。

真昼間の晴天の海岸沿いでの、FP発光が欲しいしシチュエーション。

データは、
シャッタースピード : 1/4000秒
レンズ絞り値 : F4.0
露光補正量 : EV0.3

NIKONでは普通にやっていた事がやっとこさ出来るようになる。

もう、NDフィルタをつけなくてもいいんだ♪ という喜び(笑)

モデルは、現在フォトグラファーとして活動している元モデルのKTさん。

テストにご協力いただきました。

T2とX500の組み合わせは、

以前のようなフルチャージしないとシャッターが下りないという仕様は改善され

チャージの状態にかかわらずシャッターを切れるようになった。

しかし、チャージスピードは早いとは言えず(汗)

日中シンクロを使いまくるような場面では、外部電源が必須かもしれない。

内蔵できるニッケル水素4本では、オーバーヒートするほどのリズムでは撮れず、

クリップオンストロボのユーザなら、そこからもチャージ速度が想像できるだろう。

しかし、あくまで試作機で製品版では異なる可能性があるので、現時点では何とも言えない。

正直、作品撮影としてTTLを使うことはないので、

作品的にはマニュアル発光でハイスピードシンクロができればそれでいいのだが、

イベントなどで使う場合には、TTLは使える方がいいし、外部電源必須と考えた方がいい。

TTLの調光は優秀です。

このEF-X500を使った作品は、また後日に。


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26158034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-11-18 00:42 | Portrait | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer