夕景の鹿 / FUJIFILM X-T2

A deer of the sunset time

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR の描写がイマイチってレビューを見かけることがありますけど、

確かに、赤バッジズームや単焦点のXレンズに比べれば多少は落ちるかもしれない。

でも、そういうレビュー書いてる人、今まで存在している高倍率ズーム使った事ないんだろうな~って思うのです。

単焦点のボケに比べたら、ボケは悪いでしょう。

ズームレンジの狭いレンズに比べれば、四隅の解像は悪くなるでしょう。

でも、それがどうしたと言うのでしょう。

これ一本だけですべてを撮るわけじゃない。

このレンズのもっともすぐれた点はユーティリティ。

18mm から 135mm まで結構いい画質でカバーする。

撮れるか撮れないかという局面で単焦点など足元にも及ばないのです。

風景なんて、F8以上に絞るのが普通。端っこの画質?結構いいですよ(笑)

現実的な選択肢として、このレンズの能力はとても高いのです。


ブログランキング




 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26127045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-11-06 18:09 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。