竹林景 / FUJIFILM X-T2

Scenery of Bamboo forest

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJIFILM XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS  (製品サイト)




竹林というのは、なかなか美しい景色を得難い被写体である。

有名な嵯峨野の竹林は隅々まで手入れされた庭のようなもので、

一般の竹林とは異なる。

奈良のそこかしこで見られる竹林(最近は宅地造成のおかげで減っている)は、

手入れされていても雑然と生え放題なのが普通で、

手入れされてなければ、もうカオスなのが竹林というもので、手のかかるものなのだ。

里山で見られる竹林も同じである。手入れしれなければ、密度が濃くなって簡単に入れる様なものではないし、

そもそも、大体は私有地なので無断侵入は禁止である。

春先に勝手に入ろうものなら、たけのこ泥棒で捕まるのがオチだ(笑)

竹林の前の田んぼで籾殻を野焼きしていたので、立ち上る煙が竹林にかかり、

そこそこいい景色だったので、55-200mmで撮影した。

ちなみに、このレンズ。APS-Cのキットレンズに見られるズームレンジではあるけど、

もちろん、作りは別格で、描写もキットレンズレベルではないんだけれども、

とてもキットレンズっぽいズームレンジなのに高価な価格設定に見えてしまい、

ちょっと損をしている。

XF 50-140mm と描写を比較すると、エッジのあたりに差を見つけることができる。。。って程度である。

描写を考えれば、コンパクトでお買い得なのだが。。。(汗)







 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26074997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-10-19 16:45 | Landscape | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer