白鷺 / FUJIFILM X-T2

a heron

c0198227_01290741.jpg

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)




10月なのに、やけに暑い日。

そこそこの時間に帰宅したから、

近所の溜池で夕焼けの映り込みでも撮ろうか。。。

なんて向かったら、水が抜かれてた(笑)

でも、浅くなると、魚が捕れるから鷺がやってくる。

ゆったり、餌を狙う鷺を撮ろうか。

濡れた干上がってるところも少し入れよう。

絞りを決め、

高倍率ズームを調整し、

ファインダーを覗いて、

土手の柵に肘をついて、

何枚かシャッターを切る。

ただソレだけの事だ。

写真を撮るというのは、どういうことなのだろう。

そこに在る景色、被写体を写すというのは、どういう意味があるのだろう。

・・・なんて事は一切考えず、

白鷺さん、あっち向かないかなぁ。。。と念を送る。

間違っても殺気は送るべきじゃない。

般若心経も不要だ。

ぶり返した暑さで、復活した蚊に刺されつつ、

得心するまでシャッターを切る。

あ、全然焼けなかったな、今日(笑)







 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/26046387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Y at 2016-10-09 10:23 x
シラサギの写真いいですね.
構図のバランスが素晴らしいと思います.風による波紋もいい感じですね.
Commented by HarQ at 2016-10-09 23:58
> Yさん
コメントありがとうございます^^
とりあえず撮りに行けば何かあるだろう♪精神です(笑)
by HarQ | 2016-10-09 01:26 | Nature | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer