ヒガンバナ / FUJIFILM X-T2

Red spider lily

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  (製品サイト)




X-T2 を得たことで、もともと凄みのある描写だった Carl Zeiss Touit 2.8/50M がより凄みを増した。

X-T2 において、Velvia が扱いやすくなった事は隠れた朗報かもしれない。

ピーキーだった発色が、飽和しにくくなった様な印象がある。

Velvia で赤を扱うのは、EVFで確認できるとは言え、勇気がいる(笑)

PCで確認するより飽和度がわかりにくいからだ。

T1までに比べて、若干露出値が低くなるところも測光システムの変更なのだろう。

そんなこんなでヒガンバナ。

※ X-Pro2 でも同じはずです。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/25987312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-09-17 01:54 | Nature | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。