Forest Ruins / FUJIFILM X-T1

Forest Ruins

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 18-55mm F2.8-4 R OIS  (製品サイト)

model : AIRA




ビジネスにおいて、

プレゼンテーションを行った人なら誰でもわかる事。

プレゼン資料を20ページで構成するには、

その背景に最低でも200枚程度の資料(知識ベースも含めて)がある。

そうでなければ、説得力を発揮することはない。


転じて、写真の世界なら、

写真展でも、写真集でも、まったく同じことが言えるのは自明の事である。

---

XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS というレンズは、X-T1のキットレンズとしてお持ちの方が多いと思うが、このレンズは本当に良い描写をする。キットレンズにありがちなプラスチックレンズを使用せず、経年劣化が実に少なく、その描写も各社の主力標準ズームを超えている部分が多い。もちろん、別のマウントに装着できないし、単純比較が出来る訳でもないが、キットレンズだから。。。という目で見るべきレンズではない。弱点は、あまり寄れないことかな。。。(笑)








Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/25881750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sti at 2016-08-08 13:09 x
いつも楽しみに拝読させていただいております。
18-55mm、発表当時はXマウント唯一のズームレンズだったと思いますので、フラッグシップとしての役割も持たされたのではないでしょうか。
おかげで高性能なレンズが比較的安価で手に入る(レンズキットなら尚更)のはすごく幸運です。
Commented by HarQ at 2016-08-08 14:07
★stiさん
 コメントありがとうございます。
 もちろん、そういう意味合いも大きいと思います。
 通常よりも半段明るいF値にもこだわりを感じさせますし、
 面白いのは、あとに出た XC 16-50mm の描写も 某C社のLズームレンズよりも良い描写なことです(笑)プラレンズも使っておりませんし、そこにポリシーありなFUJIFILMだと思います。
by HarQ | 2016-08-08 10:20 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。