そろそろ騙されるのやめにしない?

c0198227_9342187.jpg

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)




本当に個人的な考えですけど、

何が何でもフルサイズ(笑)←正確にはフルフレームか(笑)

って言うメーカーに腹が立つし、踊らされてるユーザーは愚かだなぁと思う。

メーカーが、APS-Cよりフルサイズは画質がいい・・・って言うんなら、

それはメーカーの努力が足りないか、

APS-Cモデルの画質設計に手を抜いてるか、

バカでかくて高いフルサイズレンズを売りたいか、

その何れかに該当するはずだ。

大メーカーの矛盾はオリンピックイヤーに毎回顕在化する。

基本的に望遠多用なオリンピックなのに、

なぜ不利なフルサイズ機がフラッグシップになるのだ?

大きさも、画角も、だ。

どう考えても高額な製品を売りたいだけだろう。

本気でやれば、APS-Cでもできるはずだし、付加価値だって付けられるはずだ。

デカイ=高付加価値 なんて何も考えてないとしか思えない。不動産かよ(笑)

昔のレンズ資産もあるからって意味で、百歩譲ってフルサイズを認めたとしても、

いつからこんなにバカげたサイズのボディやレンズになったんだ?

テレセン性とかどーとか、そんな事は開発努力で解決するべき問題だし、

ユーザーサイドに言い訳する事でもないし、ユーザーをバカにしてるとしか思えない。

いつまでもフルサイズっていう意味不明な記号に頼ってるメーカーって、

努力の方向を間違ってると思う。







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/25361930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-03-02 09:59 | Photograph | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer