放浪の果てに

c0198227_1775875.jpg





希望の先にあった楽園は

彷徨い歩いた果てにあるのだろうか

捨てられないゴミを生み出し続ける原子の灯は

楽園をもたらすのだろうか

驕り高ぶる人の行き着く先は

バベルの塔ではないのか







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/25347948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tabilogue2 at 2016-02-27 18:02
ジョージ秋山の「浮浪雲の旦那」がこの映像から飛び出してきます。
どこか私の思い入れと 写真の趣とが重なり合ったでしょうか( ´艸`)

5年がたって、「復興したのは 東京だった」・・・痛烈な言葉でした。
オリンピックに向けた新建築物が被災地の復旧資材を奪い去った。
Commented by HarQ at 2016-02-28 11:23
★tabilogue2さん
 喉元すぎれば、予算のぶん取り。
 オリンピックを大義名分にやりたい放題。
 本当に情けない国です。
by HarQ | 2016-02-27 17:15 | Photograph | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。