道具ってね?

c0198227_14392281.jpg

FUJIFILM X30  (製品サイト)




性能を追いかけたカメラやレンズって、確かに良いんですけど、

持ちたいと思うかどうかって点で重要なエレメントではありますけど、

決定打というわけではない。

そういうところ、FUJIFILM Xシリーズを手にしてから思うようになりました。

以前、αマウントユーザだったころに、GレンズやZeissレンズ群に持っていた気持ちと同じ。

でも、バカでかくなっていくボディやレンズに何かしら違和感を持ってました。

今でも NIKON D800E とFマウントのレンズは持ってますけど、愛着はない。

必要な時があるから持ってるだけです。

ひょっとしたら、NIKON DF ならそんな気持ちを持てるかもしれないですけど(笑)

これって高い安いの話でもないんですけど、入手しやすい価格であるにこしたことはない。

FUJIFILM Xの持ってる良いところっていうのは、ミラーレスというジャンル分けでは

語れないカメラっていう部分を感じさせるところが良いわけで、だからといって、

性能がタコでは困りますけど(汗)

求めるPhotographが撮れる可能性の高いカメラであり、道具として気にいってます。

撮るのは自分自身なわけですから、「好きが撮れる」なんて誇大広告は言いませんけどね(笑)







Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/25310537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2016-02-17 14:52 | Camera & Lens | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。