近所のお庭シリーズ(紫陽花)

c0198227_17544531.jpg

FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 60mm F2.4 R Macro  -> FUJIFILM



FUJINON XF 60mm F2.4 R MACRO はハーフマクロであるからダメ。

そういう意見を目にすることが多い。

確かにマクロレンズとして、その考え方はわからないでもない。

でも、1:1サイズで撮ってる人の写真もあまり見ることがない(笑)

実際、等倍で撮る人がどれほどいるんだろう?というのが私の疑問。

私は等倍で撮ることは皆無だ。なので、ハーフマクロで余裕(笑)

それから、マクロを多用する方の写真で「いいなぁ」と思うのは非常に稀。

拡大するならとことん抽象化するべきだと思うのだが、いかがだろう???

----

紫陽花は、蚊との戦いである。

もちろん、防虫スプレーなり防虫剤の利用が有効ではあるのだが、

撮影テクニックのうちの一つ。構えたらサッサと撮る。これが結構有効(笑)

ファインダーを覗きながらいつまでもフレーミングするのは基本技術としても外れだし、

蚊の攻撃にもさらされる事になる。

ファインダーを覗く前に構図は決める。これが基本だ。


 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/24252911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 花火1番 at 2015-06-17 19:12 x
ハーフマクロだから駄目とは言いませんが、せっかくだったら等倍で撮れる方が便利ですよね。自分はマクロ撮影でAF使うことは皆無なので、AFが遅い云々という評価は気になりません。
まあ、来年発売予定のXF120mm F2.8 R Macroが等倍らしいので、換算183mmの望遠マクロで等倍マクロの面白さが分かって頂けると信じてます。
Commented by HarQ at 2015-06-17 22:07
★花火1番さん
 (笑)等倍マクロを不必要と言ってるわけではないので誤解の無きようにお願い致します♪
 実際、等倍で撮影することは自身の作品上は皆無ですし、仕事撮影でも、まぁ、ありませんので(汗)自分としては使わないのです。マクロエクステンションチューブを持っていますので必要ならソレを使っています。^^
by HarQ | 2015-06-13 18:06 | Japan | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer