大銀杏の枝ぶり

c0198227_1345544.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  -> FUJIFILM




長谷寺の向かい側には大銀杏の樹がある。

桜の時期はいつも葉一つない状態なんですけど、

その存在感は半端無く。

ただ、家の並ぶ場所でもあり、電線が通るために下部を絵にしづらいのだ。

電線も含めて絵にできれば良いんだけど、なかなかに難しい場所だ。

あまり好きではないけど、望遠の切り取りという感じで撮るのが毎年のことである(笑)

鮮鋭に、且つ、柔らかく。

こういった被写体に欲しい描写である。

FUJIFILM XF レンズは、この要求に見事に応える。

多画素センサーがその答えではなく、レンズの描写力がその答えだと思う。



 ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/23912741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2015-04-14 01:40 | Nature | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer