桜撮り/長谷寺(奈良)

お寺の境内と言っても、山寺系になると高低差がそこそこあるわけで、

重い撮影機材の入ったバッグを担いでウロウロするだけで結構体力を使う。

明るく良い描写をするレンズというのは、とにかく重くなる(笑)

35mmフルフレームのF2.8通しの大三元レンズなんかもってウロウロした日にゃ、

荷物運びに来たのか、撮影に来たのかサッパリわからなくなるほどなのだ(汗)

c0198227_18452486.jpg


そういう点でも、FUJIFILM Xシリーズなどのミラーレス系システムは良い。

欲張っていろんなレンズを持って行ってもソコソコの重量で収まる。

ボディ2つ持っていくのも苦にならない。

しかも、XFレンズの描写に妥協は無い。

何が何でもフルフレームのデジタルカメラが良い!!!とおっしゃる方もいらっしゃいますが、

確かにフィルム時代のレンズ資産を活用する意味ではアリな考え方だと思いますけど、

最初からAPS-Cサイズのセンサーとレンズ設計されているボディなら、

あえてフルフレームにする意味がわかりませんよね?

①被写界深度の浅さ
②多画素&ノイズレスな高感度特性

を理由に上げる方もいらっしゃいますけど、

①ならフルフレームなんて言わずに中板クラスにしたほうが良い。

②ならAPS-Cでも十分に可能です。

それでも35mmフルフレームなXが欲しいですか???

c0198227_1931447.jpg


FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  -> FUJIFILM






人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/23828984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2015-04-03 18:59 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。