ポートレイトを撮るキッカケ

もともと

風景や自然を撮るフォトグラファーである。

正直、人を撮ることに関心がなかったと言って過言ではなかった。

あるとき、尊敬するフォトグラファーが、

「 海外では、写真家は風景も人物も撮れないと評価されない。 」

と発言されたのを機に、人物を撮影するという事を意識するようになったのだ。

海外だからどうこうではなく、”写真家” というアイデンティティに対して、

至極まっとうな考え方だと納得したからだ。

得手不得手で片付けてはいけない。被写体に対するアプローチ。

写真作家なら、特定の分野しか撮れなくてもOKだろうが、

写真家という”写真という媒体に精通するべき立場”として、

風景も人物も両方ハイレベルに撮れて然るべき。である。

c0198227_21271439.jpg


もちろん、風景と人物以外にも被写体は数多く、

撮影スタイルも千差万別である。

しかし、風景と人物はアプローチの方法が対極であり、

同じ写真でもまったく異なるのである。

ただ、物事は単純ではなく、風景と人物の中間(いや全く異なるかも)に位置する写真もあるのだ。

風景の中で人物が演じる。つまりはコンセプトありきな写真も存在するわけで、

商業的なファッションフォトの一部もその一つといえる。



model : AIRA

FUJIFILM X-T1 GS  -> FUJIFILM
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  -> FUJIFILM







人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/23823877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masabike at 2015-04-03 08:47
尊敬する写真家にしていただき、ありがとうございました。でもお恥ずかしい限りです。より精進していきたいと思います。
Commented by HarQ at 2015-04-03 18:18
★相原さん
 コメントありがとうございます。
 いつまでも背中を見せていただけますようお願い致します。
 (笑)
Commented by masabike at 2015-04-03 21:21
背中を見せても大丈夫かな?(笑)
Commented by HarQ at 2015-04-06 13:57
★相原さん
 ゴルゴ13ですか(笑)
 
by HarQ | 2015-04-02 21:40 | Portrait | Trackback | Comments(4)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。