砂の表情

c0198227_19121124.jpg

FUJIFILM X-T1B  -> FUJIFILM
FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR  -> FUJIFILM



正直言うと、

高倍率のズームレンズがあれば、風景写真のかなりのカバーが出来る。

もちろん、質感が最重要であったり、歪を極力減らしたい様な撮影は別である。

こと描写力という点において、

FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR というレンズは困ったことに高倍率ズームとしては秀逸な描写をする。

確かに他のXFレンズに比べたら落ちるが、撮影は画質だけで語るわけではないのである。

このレンズがあると楽をしてしまうのも現実である(笑)


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/23294024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2015-01-04 19:17 | Landscape | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。